妊娠中の体重管理

妊婦さんの体重制限はたいへん、体重増加が止まらない、運動すべき?

妊婦さんになって、幸せなマタニティ生活を!と思っていたら、最初の産婦人科健診で、助産師さんの母子手帳にピッ!と線を引かれてしまいました。

「なんとあなたの体重増加は、この直線の内側になるように」との指示。妊婦さんの体重管理、そんな言葉を知らなかった私は、妊娠中期になって、そのたいへんさを知ることになりました。

体重制限にたいへんさを感じる妊婦さん、それは決してあなただけではありません。おなじように食事や生活をしているつもりなのに、赤ちゃんはどんどん大きく重くなっていく。それに伴い、それにちょっと加わる形で、妊婦さんの脂肪分も増えていく・・・

この記事は、体重制限にお悩みの妊婦さん向けに、妊娠中の体重制限はいつから始まるのか、体重増加が止まらない場合のリスク、体重増加が止まらない場合は、何をすべきか、運動でよいのか、といったお話をしています。ぜひ読んでみてくださいね。

妊婦さんの体重制限はいつから?

体重が顕著に増えているなぁと実感するのは、個人差はあれど、安定期とされる5か月目(妊娠16週)以降。この頃から、妊婦さんの身体も、脂肪がついてふっくらとした体つきになります。

妊娠初期の15週(4ヶ月)までは、赤ちゃんの体重も非常に少ないため、体重が増加する必要はなし。妊娠後期に備え、妊娠初期でうっかり太り過ぎることのないよう、体重管理をするようにしましょう。

なお、体重が急に増えやすい時期は、

  • つわり明け
  • 産前休暇
  • 年末年始やGWなどの、大型連休
  • 臨月

といわれています。あなたにおける妊娠後期に、これらのイベントの予定はありませんか?妊娠後期は体重がびっくりするほど増える上に、列挙したようなイベントが重なれば、体重はみるみる増えてしまうことを、予め踏まえておくとよいでしょう。

1週間の体重増加ペースは、妊娠後期まで週300~500gまでを目安に。週に500グラム以上増えると、妊娠高血圧症候群などのリスクが高まります。

妊婦さんの体重制限はたいへん!体重増加が止まらない場合のリスク

妊婦さんの体重が増えすぎると、妊婦さんや赤ちゃんに以下のようなリスクが。

妊娠高血圧症候群

血圧が高くなってしまうわけですから、妊婦さんの身体に負担がかかります。それだけにとどまらず、お腹の赤ちゃんに酸素や栄養が届きにくくなる病気です。

妊娠糖尿病

妊婦さんの血中の糖分が、そのまま赤ちゃんに移行してしまうので、出生体重が4kg以上の巨大児が生まれる可能性が。

腰痛悪化、疲労倦怠、妊娠線ができやすい

妊娠線とは、皮膚の奥、真皮が裂けてできる断裂線のこと。一夜にして妊娠線ができてしまう妊婦さんもあるようです。筆者のお腹にも、しっかり妊娠線が・・・。

妊娠中は赤ちゃんの成長に伴ってお腹が大きくなったり、体全体に脂肪が付いたりした際に、皮膚が急に伸びることが、妊娠線ができる原因

皮膚は、表面層は伸びて体の変化に対応することができますが、奥の真皮や皮下組織の一部は、急激な伸びに耐えられず断裂してしまうもの。妊娠線はその結果、赤紫色の線状班が現れる症状のことを指します。

体重増加が止まらない場合は、運動すべき?

まずは、体重管理を

体重は1日の中でも変動するもの、朝起きてトイレに行った時や朝食前など、毎日決まった時間、決まった条件で計測するようにしましょう。

朝いちばんに体重を把握することができれば、その日の食事や活動内容を調整しやすくなりますし、毎日体重を測っていると、体重管理の意識が習慣化されるというおまけもついてきますね。

体重管理アプリを使う

体重は毎日測ったら、その結果を記録する必要がありますね。妊婦さんの中は記録が面倒に感じる人も。そんなときに便利なのが妊婦さん向けの体重管理アプリ。無料のアプリなので、気軽にインストールすることができます。

最近は、単なる体重管理ツールというだけでなく、出産までのカウントダウン、妊娠・出産に関するお役立ちコンテンツなど配信されるものもあるので、いろいろ調べてみるのもいいですよね。

食事管理を

現在の食事は、妊娠前でも気を張っていないとすぐに太りやすいほど、栄養価は高いもの。ですから、妊娠中期や後期になるまでは、妊娠を機に無理に食事量を増やす必要はありません。

妊婦さんにとって大切なのは量よりも質、つまり栄養バランス。1日3食分、バランスのとれた食事を摂ることを心がけましょう。

スパゲッティや丼ものなど一品料理よりも、いろいろな食材を少しずつ食べることがおすすめ。また、妊娠中はむくみやすいので、塩分は控えめの食事にしましょう。

なお、妊娠中は便秘になりやすいもの。食物繊維の豊富な食事を意識して。便秘のために太りやすくなりますから、早めの便秘解消がおすすめです。

適度な運動を

妊娠中の適度な運動は、体重の増えすぎを抑えるだけでなく、腰痛予防やストレス解消など様々なメリットが。 妊婦健診で異常がなく、医師の許可が得られるなら、軽いストレッチやウォーキングなど、無理のない範囲から始めてみましょう。

安定期に入ったら、お散歩やウォーキングを始めてみて。最初は少ない時間から徐々に慣れてきたら1時間程度を目安に。気分転換になりますよ。

最近は、体重増加が順調であっても、出産に必要な体力・筋力がないことで、出産の本番が難産になってしまう人も。適度な運動で体力をつけておくことは、お産への備えにもなるんですよ

運動を始める時期の目安

  • 【妊娠16週から】……ウォーキングやヨガ
  • 【妊娠20週から】……スイミングや調子がいいときはジョギング

雨天の日などは、掃除や洗濯など、できるだけ家事をおこなうだけでも体力を使うので、いい運動に。

 

妊婦さんは、体重管理に頭を悩ますもの。もしあなたが、体重管理に悩んでおられるのなら、以下の記事を見てみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

まとめ

いかがでしたか?。

体重制限にたいへんさを感じる妊婦さん向けに、妊娠中の体重制限はいつから始まるのか、体重増加が止まらない場合のリスク、体重増加が止まらない場合は、何をすべきか、運動でよいのか、といったお話をしてきました。

妊娠中および出産のリスクを避けるためとはいえ、思うようにならない体重管理、たいさんだと感じる妊婦さんは多いもの。もしうまくいっていないとお悩みなら、できることから少しずつ始めていきましょう。あなたの体重管理を応援しています!

 

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村

マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村