ダイエットの基本

貴方だけじゃない!妊婦さんの”太るのが怖い&痩せない自分が嫌い”

妊娠中、太るのが怖いと思う妊婦さん、それは、決してあなただけではありません。妊婦さんであれば、体重計に乗るのは、みんなドキドキもの。

もしかしたら、ドキドキを通り越して、今や、太っていく自分が嫌だなぁって、ため息をついているのかもしれません。。。

赤ちゃんの体重は、今この瞬間も増え続けていきます。妊婦さんの体重は太ることこそあれ、減ることは基本的にはない。だから、体重を増やさず、いかに維持するのかが、ムズカシイ。

この記事では、太るのが怖いと思う妊婦さん、痩せない自分が嫌い!という妊婦さんに向け、直接ダイエットにつながるわけではないけれど、ご自分の気持ちが楽になる方法をお伝えしていきます。

あわせて読みたい
妊婦は太ったらダメだし?「ダイエット前に知っておくべき」処方箋妊婦さんは、体重のことで【ダメだし】を食らうことが…。 太りすぎてしまい、自分でも”まずい”と分かっているところに、そうはっきり言われ...

妊婦さんの”太るのが怖い気持ち”、因数分解してみよう!

妊婦さんは、太るのを”怖い”と思ってしまいがち。私も実際そうでした…。

放っておいても、努力しても、増え続ける体重。太ってはダメなのに、太っていく自分がふがいなくて、体重を測るたびに気分がしずんでしまう日々。

でも、このままでは”怖い”と思い続けながら、出産の日を迎えることになってしまいますよね。だから、この”怖い”という思いを因数分解してみましょう。

”太るのが怖い”という感情は、そもそもどこから?

太るのが怖いという気持ちの、”怖い”思いに、注目を。”怖い”と感じる仕組みは、意外にもとってもシンプル。

怖いと感じる仕組みは?

怖いと感じる仕組みは、脳が身の危険がある”と認識するから。つまり、身を守るための自己防衛として”怖い”と感じるようにできているんです。

妊婦さん
妊婦さん
では、「身の危険」とは、具体的にどういう時?。 

カウンセラーSato
カウンセラーSato

通常「身の危険(=危ない)」と感じる時とは、例えば、

  • 歩いている横(それも近く)を、車が猛スピードで通りすぎるとき
  • 高いところから、うっかり落ちそうになったとき
  • 刃物の先などで、手を怪我しそうになったとき

などですよね。こういう時に、私たちはヒヤッとしますよね。

 

太るのが怖い、その怖さは、身の危険を感じる怖さ?

妊婦さん
妊婦さん
でも、妊婦さんが”太るのが怖い”という気持ちは、”身の危険を感じる怖さ”と同じに思えませんが?  

カウンセラーSato
カウンセラーSato
そうですよね!。いいところに気が付きました。”怖い”と感じるのは、身の危険を感じたからではなく、”不安を感じているから”ですよね。

カウンセラーSato
カウンセラーSato
では、質問です。あなたは、何が不安なのでしょうか?そして、不安の原因は

妊婦さん
妊婦さん
それはずばり、”太ること!”。あと”太ってしまった未来”かな?。

カウンセラーSato
カウンセラーSato
そうですよね!。体重が増えたとはいえ、今、この瞬間においては、身に危険がふりかかっているわけではないことに気づいて。だから、まずは”怖がらなくていい”ことに気づくといいんですよ。

妊婦さん
妊婦さん
でも、体重は増え続けるんです… 。だから不安で不安で。

カウンセラーSato
カウンセラーSato
分かりますよ。私もそうでしたから。では、体重が増えることと、太ることについて、少し考えてみましょうか。

体重が増える=太る、と思っている?

体重が増え続けて困っている妊婦さんは、そもそも「体重が増える=太る」、「体重が増えた=太った」とイメージしてしまいがち。

でも、体重が増えることは、必ずしも妊婦さんが太ることとイコールではありません

 

体重が増える原因には

  • A: 赤ちゃんの体重が増えている(赤ちゃんが成長している!)
  • B: 子宮、胎盤、羊水の増加
  • C: 妊婦さんの、血液量や水分量の増加
  • D: 妊婦さんの脂肪、おっぱいの脂肪分の増加

といった要素が。

つまり、妊婦さんが体重計を見て太ったと思ったとしても、その理由が体の脂肪の増加であるとは限らない。下図の通り、体の脂肪の増加は、体重増加の要因の36%に過ぎないもの。

つまり、体重が増える≠太るなんですよね。

 

体重が増える=太る、となる境界線はどこ?

とはいえ、上図の割合が大きく崩れることがあります。

そう、ご心配の通り、妊婦さんの脂肪や、おっぱいの脂肪が大幅に増えれば、当然Dの割合が大きく増えます

妊婦さんは、妊娠期間を通して、

  • 妊婦さんの脂肪の増分は、2.7kg~3.6kg
  • おっぱいの脂肪の増分は、0.45kg~1.35kg

とされています。

つまり、脂肪の正味の増分は、3.15kg~4.95kgということ。これが上図のD:36%の範囲に収まるよう逆算してみると、体重増加は8.75kg~13.75kgの範囲に収まるべき、となります。

つまり、

体重が増える=太る、となる境界線は、体重増加が8.75kg~13.75kgの範囲を大きく超えたとき。

体重がまだ、この範囲内に収まっている間は、”ご自分が太っている”と思わなくてよさそう。つまり、範囲内であれば、太ることを”不安”に思わなくても大丈夫ということ。

ですから、

  1. 太るのを不安に思う前に、ご自分の増分がどの程度であるか、現在地を確認をする。
  2. 不安に思うのは、この範囲を超えてから。

を実践してみてくださいね。

カウンセラーSato
カウンセラーSato
どうでしょう?少しは怖くなくなりましたか?

「痩せない自分が嫌い」と感じている妊婦さんへ

  • 「気をつけているのに太ってしまい、なかなか痩せない・・・・」
  • 「痩せない自分に嫌気がさしている・・・」

という妊婦さんへ。

いろいろうまくいかない自分が嫌!という感情に、少しだけ向き合ってみましょうか。

自分が嫌いな理由は、そもそも何から?

自分が嫌いになってしまう理由は、自分が上手に振る舞えないことに、幻滅したり、歯がゆさを感じるから。

例えば体重管理が、なかなかうまくいかないという事象を目の当たりにして、うまく管理ができていない情けなさに苛まれ、次第に”自分はダメなヤツ”と自らを嫌う…。

恐らく、あなたの頭に”体重管理はうまくできなくてはならない”、”うまく管理できて当然”という意識が少なからずあり、それは現実とギャップがあるもの。その落差に、自らに”ダメ出し”をしてしまっているのかもしれません。

理想を思い描くのは、悪いことではありません。でも、わざわざ自分にダメだしする材料にするなかれ。そのことに気づくと、ぐっと気持ちが楽になりますよ♪。

人は誰でも、ご自分を過小評価する

これについては、以下の動画をご覧ください。

人は誰でも、ご自分のことを過小評価しているよう。過小評価とは、あくまでご自分が下している評価。周囲の評価がそれと同じであるとは限らない。

この動画のように、

あなたは、あなたが思っているより、ずっと美しい

もっと自信を持っていい、ということなのではないでしょうか。

あなたご自身が、あなたの良さを認識するだけで、なんだか悩みが解決していきそうですよね。

ご自分を大切にしていますか?

”自らへのダメだし”に話を戻すと、その原因は、ご自分に良いイメージがない証拠。

妊婦さんは皆、赤ちゃんにママになることを選ばれた”尊い存在なのに、自分で自分を苦しめるなんて、ナンセンスな話。

だから、赤ちゃんを大事にするのと同じように、ご自分の存在をも大事にするべきなんです。

 

自分を大事にするには、練習も必要。

これまでのご自分が、ご自身を嫌ったりしていた経緯があるのに、急にご自分を大事にできるかというと、難しいでしょう。

まぁ、人間はそもそも、いろんなことを完璧にこなせるものではありませんよね。

ましてや、妊婦さんなのだから、妊娠前と同じペースで、物事が進まないし、そのことに戸惑う時だって、当然あるはず。

そんな時に、自分はダメだなんて思わないで。その代わり、うまくできないご自分を労ってあげましょう。

例えば、こんな感じに。

  • 忙しくて余裕がないときに、ほっとする時間をあえて作る
  • なかなかうまくできない自分を突きつけられた時、よしよしと自分をなぐさめる
  • 自分が、またチャレンジできるよう、ご自分にエールを送るのも大事。
  • できるなら、自分をほめるのも有効。ご褒美でも。

ご自分を大事にする練習の例、少し挙げてみました。毎日ちょっとずつでいいので、ご自分を大事にすることを思い出してみてくださいね。

私はなんてダメなんだろう・・・、私はよくやっているんだ。と思うように変換する工夫。ぜひ、練習を進めてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?太るのが怖いと思う妊婦さん、怖い思いをずっと持っているとそれがストレスになりそうで、とっても嫌ですよね・・・。

この記事では、

  • 怖いという思いは、持たなくても大丈夫。
  • 体重が増える=太る、とは限らないこと。
  • ご自分を嫌いになる原因は、自己肯定感の低さから。もっとご自分を大事にしよう。

という内容をご紹介してきました。

怖いという概念、太るという基準、ご自分に自信を持つ、どれも考え方の枠組みを変えるだけで、気持ちが軽くなるはず。

妊婦さんが、明るく元気に、幸せなマタニティライフを送れるよう、応援しています!。

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村