妊娠中の体重管理

妊娠5ヵ月体重管理がたいへん!妊婦さんが増やしてよい体重の目安は

妊娠5ヵ月は、早い人で胎動を感じる方も多いでしょう。最初はあれ?といった感触で、胎動なのかどうか半信半疑だったものが、だんだん確信を持てる動きになり・・・そのうち、赤ちゃんが足でけったりするので、お腹が内側からボコボコに。痛いけれど結構楽しかったりするもの。

一般的に安定期といわれる妊娠5ヶ月目は、つわりが落ち着きはじめ、身体がとても楽になる人が増える頃。つわりが明けた人は、妊娠前とあまり変わらない生活を楽しんでいる人もいることでしょう。

一方で、つわりが落ち着いて食べられることに気を良くして、暴食をしてしまうと、気づいた時には、体重が増えてしまっている場合が。妊娠5ヶ月の体重管理について、増やしてよい体重の目安と体重管理の方法についてお話ししていきますね。

妊娠5か月の体重管理、妊婦さんが増やしてよい体重の目安は?

妊娠中の体重管理、厳しい指導をする産院もある様子。

妊娠中はどの程度の体重増加が望ましいのかというと、妊娠前に標準体型だった人で、

  • 妊娠初期はほとんど体重を増加させず
  • 妊娠中期に3~4kg
  • 妊娠後期に4~5kg程度
  • 最終的には7〜12kg程度の増加が

好ましいとされています。

妊娠5ヶ月までは、できれば妊娠前の体重をキープする

「妊娠5ヶ月頃までは、妊娠前の体重を維持する」ことが、ポイントになります。妊娠5ヶ月の最終週である19週頃の赤ちゃんは、身長23~25cm程度で体重は250~280g程度です。

このため、妊娠5ヶ月頃までに太った分は、ほとんどが妊婦さんの脂肪として身体に蓄積されてしまっている可能性が。体重がぐっと増加する妊娠後期を見越し、今は体重を増やさないことを目標にすると良いでしょう。

妊娠5ヵ月体重管理がたいへん!効果のある管理の方法は?

妊娠時期に関わらず、「食べ過ぎないこと」「腹八分を適量だと思うこと」が大切。身体に良くてカロリーが少ないものでも、お腹いっぱいに食べてしまうと身体の負担になりかねませんね。

特に妊娠初期のつわりがひどかった人は、5ヶ月目頃から食べたいものが食べられるようになり、ついつい食べ過ぎてしまいがち。赤ちゃんのためにも、腹八分目を心がけてくださいね。

食事時間を決める

ダラダラと食べ続けると余分なカロリーを摂ってしまうばかりか、胃腸が休まることがないので、代謝が落ちるデメリットも。

食事の回数が増えたとしても、食事をとる時間はしっかり決め、規則正しい生活を送ることが大切。

  • 朝6~7時
  • 昼12~13時
  • 夜18時~20時

とするなど、決めること。

 

間食を食事を捕食とするならば、これらに

  • 午前10時
  • 午後3時

といった機会を加えるのも◎

食事前に水を飲む

食事の前にコップ一杯の水を飲む習慣を。ポイントはジュース以外の飲み物を飲むこと。炭酸水は、食欲をコントロールできるようで、食べ過ぎの人に対しては食欲を抑え、食欲があまりない人には、食欲を増進させる効果が。

食前に飲む水は、胃への負担を減らすだけでなく、食べ過ぎ抑制への効果も。妊婦さんの中には、食事前に青汁やお酢のドリンクを飲むことで食欲をコントロールする人もおられるようです。自分に合った飲み物が一番ですね。

食べる順序を変更する

「食べ順ダイエット」で知られる、食べる順番を変えるというシンプルな方法。食事の食べる順序を意識するだけで、ダイエット効果が現れるので、とても手軽に取り組めます。

助産師さん
助産師さん
野菜をまず最初に食べることで、以下の3つの効果が期待できるんですよ。

  • 血糖値の上昇を抑える
  • 炭水化物の食べ過ぎを防ぐことができる
  • 栄養バランスが整う 

 

1日の総カロリーのチェック

目を背けたい気持ちはわかりますが、やはりカロリーのとりすぎは、太ることに直結。 妊娠中の太りすぎを防ぐには、1日の総カロリーのチェックが欠かせません。

ダラダラ食べ続けてしまう習慣がある人は、食事時間を決め、1日の総カロリーチェックをすれば、 これだけで、ダイエット成功が目の前に来ていることになります。ぜひ取り組んでくださいね。

食べたものを記録

今日は何を食べたか、食べたもののカロリーがどれくらいなのかを記録するもの。記録を俯瞰することで、一日の量が総じて食べ過ぎでないか、カロリーはオーバーでないかを知ることができ、その振り返りが次に生かされ、自然とやせていくメカニズム。

記録をとることで、量やカロリー面からしっかり管理できるようになるので、特に、食べづわりの人に効果が高いかもしれませんね。

助産師さん
助産師さん
記録をとる=食事管理を行うなので、リバウンド防止効果も高いです。妊娠前だけでなく、出産後も継続して取り組むとよいでしょう。

おやつを工夫する

体重管理が大事と頭でわかっていても、いきなり食べないように意識を切り替えるのは難しいかもしれません。反動で食べ過ぎてしまっても意味がありませんね。おやつを食べたいときは、ごはんの量を減らして調整してみるのもひとつの方法でしょう。

おやつを手作りすることで糖分を制限したり、小魚やフルーツなど栄養補給につながるものを摂取したりして、空腹を乗り切りましょう。もちろん、身体に良いおやつだからといって食べ過ぎは厳禁です。

まとめ

この記事は、妊娠5か月の体重管理がたいへん!だと悩む妊婦さんに向けて、増やしてよい体重の目安と、効果のある体重管理の方法について、お話をしてきました。

妊娠中および出産のリスクを避けるためとはいえ、思うようにならない体重管理、たいへんだと感じる妊婦さんは多いもの。

もしうまくいっていないとお悩みなら、できることから少しずつ始めていきましょう。あなたの体重管理を応援しています!

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村