妊娠中の体重管理

妊婦さんの体重、増えすぎたらリスクは?体重増加対策はダイエット?

妊婦さんの体重は増えすぎるとなんだかんだ大変。ちゃんと食べないといけないし、増えすぎると難産のリスクがあると注意を受けるし、体重管理に気を付けて気を張っているとストレスが溜まるし・・・それでまた、ストレスを溜めるのは良くないと言われるし。

妊婦さんの体重については、体重増加の目安というものがありますよね。その目安を基準にして、緩やかに体重が増加していくのが理想的。でも体重管理は、スムーズな出産をするため、もちろん妊婦さんと赤ちゃんのためでもあるのです。

体重の増えすぎを気にする妊婦さん向けに、体重増えすぎたらすることをまとめてみましたので、一緒に確認をしていきましょう。

妊婦さんの体重が増える時期はいつから?体重増加の目安は?

妊娠初期は、多くの妊婦さんが「つわり」などに悩まされるため、体重の増え方はゆるやかつわり明けの妊娠4~5ヶ月くらいの時期から、体重増加が始まるケースが多いようです。

妊婦さんの理想的な体重増加の目安は、BMIから算出することができます。BMIの数値から妊婦さんのもともとの体型が分かり、それにあわせて理想的な体重増加の目安が決まるもの。

BMI値の算出、妊婦さんのもともとの体型

BMI(ボディ・マス・インデックス:肥満指数の判定式)を調べてみましょう。まずご自分がどの体型なのかご確認ください。

BMI=妊娠前の体重(kg)÷[身長(m)×身長(m)]
(例)A子さんの場合:身長150cm、体重45kgの場合⇒45÷(1.5×1.5)=20)

<妊婦さんのもともとの体型>

  • BMI18.5未満・・・・・・低体重の体型
  • BMI18.5~25.0未満・・・普通の体型
  • BMI25.0以上・・・・・・肥満の体型
助産師さん
助産師さん
A子さんは、”普通体型”の方となりますね。

妊婦さんの、体重増加の目安とは

妊婦さんのもともとの体型ごとに、妊娠前に比べて、どのくらいまで体重を増やしてよいかといった目安があります。

もともとの体型が

  • 低体重の体型:9~12kgまで
  • 普通の体型:7~12kgまで
  • 肥満の体型:かかりつけ医師にご相談を

ご自身の目安体重が分かりましたか?臨月まで、この数値を目安に体重管理をしていくことになるんですね。しっかり覚えておきましょう!

妊婦さんの体重、増えすぎたら、どんなリスクがある?

妊娠中に体重が増えすぎたら、妊娠中にどんなリスクが?

妊婦さんの体重増えすぎると、妊婦さんや赤ちゃんに以下のようなリスクがあります。

妊娠糖尿病

妊婦の糖分がそのまま赤ちゃんに移行してしまうので、出生体重が4,000g以上の巨大児が生まれることがあります。

妊娠高血圧症候群

高血圧になってしまうと、妊婦さんの身体に負担がかかるだけでなく、お腹の赤ちゃんに酸素や栄養が届きにくくなります。

腰痛悪化、疲労倦怠、妊娠線ができやすい

 

妊娠中に体重が増えすぎたら、出産時にどんなトラブルが?

妊婦さんの体重が増えすぎると、出産時に以下のようなリスクがあります。

難産になる傾向が

体重が増えすぎると、産道にも皮下脂肪がついて、赤ちゃんが通りにくくなる傾向があります。その際は、帝王切開や微弱陣痛の可能性も。

児童回旋異常(じどうかいせんいじょう)のリスク

出産のとき、赤ちゃんは産道の形にあわせて頭の向きを変えながら進みますが、太りすぎると、この頭の回旋がうまくいかなくなる可能性が

弛緩出血(しかんしゅっけつ)のリスク

産後の子宮収縮が悪くなってしまい、胎盤が出た後に大量に出血する可能性が。

微弱陣痛になりやすい

微弱陣痛のため、分娩がなかなか進行しない可能性が

妊婦さんの体重増加対策はダイエットでいい?

食べ物編

食事に気を使うポイントを挙げておきます。1つでも2つでも取り入れるようにしてくださいね。

  • カロリーの多い、揚げ物、炒め物はやめて、素材を煮たり和えたり、料理法を工夫する
  • ご飯茶碗やお皿を、ひと回り小さいものにし、食べ過ぎを防止する
  • 果汁100%のジュースはカロリーオーバー。麦茶などノンカフェインの飲み物に変更する
  • 野菜は、両手いっぱいの量×3回摂るなどたっぷりと。 冷凍野菜を使うのも手。
  • 妊婦にたんぱく質は三大栄養素の1つ。お肉は鶏ササミや、赤身肉など、脂肪分の少ない部位を。

参考:妊婦さんの暴食、食べ過ぎた翌日は、不足栄養素を食べてリセットを!

生活習慣編

  • 1日3食、間食も含め、規則正しい時間に食べるようにする
  • 夜は20時までに食べ終える
  • 何を食べたかを記録をすることで、栄養バランスや食べ過ぎを客観的にチェックする
  • 毎日決まった時間に体重を測り、記録をする。体重の変化により食事の微調整を図る
  • 半身浴で汗をかいて代謝をアップさせると共に、身体を温める

運動編

妊娠後期になりお腹がせり出してくると、動くのも一苦労ですよね。でも家にいるとついお菓子などに手が伸びてしまい、結果、必要以上に体重が増えてしまったという悪循環に。適度な運動や外に出ることはリフレッシュにつながります。

無理をしない程度の運動は運動不足や肥満の予防になるのはもちろん、十分な睡眠、腰痛や便秘の解消、むくみの改善など、たくさんのメリットがあります。

家事をしたり、時には散歩したりなど、出産まで適度な運動は続けるようにしましょう。もちろん、運動するときにもお腹に赤ちゃんがいることを忘れてはいけません。

あまり激しすぎるスポーツや転倒の恐れがある運動は控えるなどの配慮は必要です。無理をせず、楽しみながら運動できると良いですね。

最後に、妊婦さんにおすすめの運動例を挙げておきますね

  • ウォーキング
  • マタニティスイミング
  • マタニティヨガ
  • マタニティエアロビクス
  • スクワット
  • 足踏み

妊婦さんの体重管理、頑張っているのに効果があがらないときは

妊婦さんの食事管理は、とかく気を付けることが多いもの。和食がいい、塩分控えめ、高タンパクで低カロリーなものを・・・そして食べたものを記録したり、食べる順序にまで注意をはらう・・・これが毎日3回訪れるのだから、ムズカシイ。

食事管理が大変。もっと簡単な方法がないかなぁとお困りのあなた。そんなときは、低カロリーながら栄養のある酵素ドリンクを、おやつ代わりに使うのはおすすめ

酵素ドリンクは、主に野菜や果物を発酵させたもので「発酵食品」とも言えるもの。そして酵素ドリンクそのものには、バランスの取れた栄養が。

妊婦さんが飲むことで、体に酵素が補給され、体内の酵素が増加するので、以下のような効果が発揮されることに。

  • 摂取カロリー抑制効果
  • 代謝向上の効果
  • デトックス効果
  • 健康の増進効果

酵素ドリンクの効果についての詳細は、妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

まとめ

いかがでしたか?。妊娠中に体重が増えすぎたら、きっと慌ててしまうと思います。でも、この記事を読んだ妊婦さんは、食べすぎた後、何をすれば分かっているので安心ですね?

また、記事の中に、こっそり食べ過ぎた翌日のリセットついてのご案内をしのばせておきましたので、ご興味のある方は、そちらもご参照くださいませ。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村