妊娠中の体重管理

妊婦検診に行きたくない、妊娠後期に体重減らすにはどうしたらいい?

妊婦さんは妊娠後期になると、赤ちゃんの成長と共に、お腹も大きくせり出してきますよね。見るからに「ザ・妊婦さん」という体型に。

お腹が大きくなると妊婦さんの体重増加もびっくりするほど。産院によっては、健診のたびに、体重を増やさないようにと厳しく注意されるところも。母子手帳にハンコを押されてしまう妊婦さんもおられるとか。

でも、体重管理にはいくつか方法があり、体重を減らすことは難しくてもキープすることができる可能性が。

この記事では、体重増えすぎを、産院で怒られてしまう可能性のある妊婦さんに向け、体重増えすぎのリスクをおさらいと、妊娠後期に体重減らす方法についてお話を進めていきます。一緒に見ていきましょう。

妊婦検診に行きたくない!検診で注意されてしまう体重の増えすぎ、そのリスクはいったい?

妊婦検診に行きたくない・・・その気持ち分かります。私も妊婦さんの時に、母子手帳を開いて体重をチェックされ、「体重増えすぎですね」と注意をされて、とっても落ち込みました。

体重が増えるとどうしてダメなのか、実は私は妊婦さん時代によく分かっていなかったことから、あなたには、体重の増えすぎのリスク(怖さ)をしっかり知っておいてもらいたいと思います。おさらいになるかもしれませんが、内容を見ていきましょう!

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)

妊娠20週以降~分娩後12週の間に、高血圧、あるいは高血圧やたんぱく尿の症状がみられる場合を、妊娠高血圧症候群といいます。重症化すると妊婦さんはもちろん、お腹の赤ちゃんにも危険がおよびます。

妊娠糖尿病

妊娠中に糖尿病に近い状態になるのが、妊娠糖尿病。もともと肥満気味の人や妊娠中の体重増加が激しい人は妊娠糖尿病にかかりやすいといわれています。

妊娠糖尿病になると、早産や妊娠高血圧症候群、赤ちゃんの発育の遅れや奇形など、さまざまな合併症のリスクが。妊娠糖尿病の妊婦さん生まれた赤ちゃんは、将来的に肥満や糖尿病、高脂血症、高血圧などにリスクが高いと言われています。

難産

産道に脂肪がついてしまい、赤ちゃんが産道を通りづらく、難産になる可能性が。そのため帝王切開になる場合も。

腰痛

体重増えすぎに伴い、お腹も大きくなるので、足腰に負担が。そのため腰痛や膝痛を抱えがちに。

妊娠線ができやすい

お腹が大きくなるほか、おしり、太もも、二の腕なども大きく太ることで、妊娠線ができやすくなります。

産後ダイエットが成功しにくい

妊娠中に太ることは仕方のないことですが、必要以上に体重や脂肪が増えると、産後に体型を戻すのが大変に。ダイエットに時間がかかったり、そのまま元の体型には戻れない可能性も。

妊娠後期、体重減らす方法4つ

妊娠後期に限らず、太りすぎを抑えるには、妊娠中の体重管理、日々の食事習慣、運動習慣で調整することになります。以下そのコツをお話しますね。

毎日体重計に乗る

体重は、毎日計るのが基本。妊婦アプリなどを使ったり、グラフ化するしたりするのもおすすめ。記録を振り返ることで、体重の増えすぎチェックが可能であると共に、急な増えすぎを発見した場合は、その原因を考えてみる機会にしましょう。

おすすめは、一喜一憂しないこと。体重が増えていないことを喜ぶのではなく、体重が増えた原因を突き止め、二度と同じような急激な変化が起こることのないよう、次回の増えすぎを撲滅するのが目的。

毎日食べたのものを記録

妊娠中は、お菓子や甘いものが絶対ダメかというと、そういうことはありません。何を食べたかチェックし、その内容を振り返りながら食事内容の見直しに活かしていきたいですね。

妊娠後期の摂取カロリーは、妊娠前のカロリー量+450kcal。妊娠前の食事に主食、主菜、副菜、乳製品、果物を1品ずつ足す程度。

菓子パン2つ食べると、500キロカロリーは簡単に超えてしまうので、注意したいですね

また、妊婦さんは薄味の食事が基本です。これまで濃い味付けの食事をしてきた人は、薄味への変更を。できれば和食を取り入れるようにするのがおすすめです。

毎日運動をする

妊娠中はホルモンバランスの崩れにより、太りやすくなりがち。妊娠後期は、お腹が大きくなるにつれ、動くのが億劫になりますが、出産時の筋力をつけたり、体重管理をスムーズに進めたり、そしてストレスを発散させたりするためにも、適度な運動がかかせません。

妊婦さんにおすすめなのは、ウォーキングや足踏みダイエットなど、体に負担の少ない有酸素運動。そして運動は20分継続することがポイント。

実は有酸素運動を20分続けると、血中の糖質ではなく、体脂肪(内臓脂肪や皮下脂肪)を主なエネルギー源とするよう切り替わります。そうなると、内臓脂肪が落ちたり、皮下脂肪が減ることにつながるで、効率よく狙ったとおりのダイエット効果が得られることに。

毎日半身浴をする

食事に気を付けてばかりだったり、運動に積極的に取り組んでばかりいると、気分も詰まりがち。そういうときは、水分をとった後に、ゆっくり半身浴を。

汗が出ること、そして体も温まることから体の代謝も高まるので、体重増加のストップが期待できますよ。

まぁ、お風呂に入るだけとも言えますので、毎日ゆっくり湯舟につかることを続けるようにしてみてくださいね。くれぐれも湯あたりしたり、のぼせたりしませんように(笑)。

妊婦さんは、体重管理に頭を悩ますもの。もしあなたが、体重管理に悩んでおられるのなら、以下の記事を見てみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

まとめ

いかがでしたか?。

この記事では、産院で体重増えすぎについて怒られてしまう可能性のある妊婦さんに向け、体重増えすぎのリスクのおさらいと、妊娠後期に体重を減らす方法についてお話をして参りました。参考になるものはあったでしょうか。

この記事が1gでもダイエットしたい、体重増加を抑えたいという妊婦さんの思いに応えることができたら、大変うれしいです。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村

マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村