ダイエットの基本

妊婦は太ったらダメだし?「ダイエット前に知っておくべき」処方箋

妊婦さんは、体重のことで【ダメだし】を食らうことが…。

太りすぎてしまい、自分でも”まずい”と分かっているところに、そうはっきり言われると落ち込んだり、言われ方に傷ついたり、心の中で反発したり…。

初めてだらけのマタニティライフ。経産婦さんであっても、ちょっとしたことに不安になったり、心配になることはたくさんある。そこへ輪をかけるように、難しい”体重管理”と【ダメだし】。

産院に”太り過ぎ”を怒られた・・・と戸惑っておられる妊婦さんが、お世話になっている産院とよりスムーズな関係が続けられるよう、お話をして参ります。

あわせて読みたい
貴方だけじゃない!妊婦さんの”太るのが怖い&痩せない自分が嫌い”妊娠中、太るのが怖いと思う妊婦さん、それは、決してあなただけではありません。妊婦さんであれば、体重計に乗るのは、みんなドキドキもの。 ...

妊婦は太ったらダメだし?すぐにダイエットしなきゃマズい?

“妊婦さんが太ったらダメ”とは、太ることがよくないという意味。でも同時に、太る事態になった”あなたがダメ”(否定されている)という意味も暗に含む、かなりキツイ言葉になっていますよね。

ではここで、妊婦さんが太るとどうなるのかを、ちょっと押さえておきましょう。

妊婦さんが太ったら、どういうことが起きる?

妊婦さんが、妊娠中に太り過ぎてしまうと、以下のようなリスクが高まるとされます。

妊娠生活への支障

妊婦さんは妊娠中、”ザ・太りやすい人”になっているため、妊婦さん特有の病気(妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群)にかかかる場合や、そうした病気が重症になると入院になってしまう場合も。そうなると妊娠前と同じような生活ができなくなってしまいますよね…。

出産への支障

よく言われるのが、太りすぎて産道に脂肪がついてしまい、難産になる可能性が高まること。出産は予想外のことが起こるだけに、順調に出産が進まなくなる要因は、少しでも取り除いておきたいですね。

赤ちゃんへの支障

大事な赤ちゃんが、上述した”妊婦さん特有の病気”の影響を受けたり、巨大児に成長してしまったりすることが。産道が狭くなったり、赤ちゃんが大きく成長しすぎると、やはり難産になりやすいとされます。

産後の体型への支障

妊婦さんの間に蓄えた脂肪を落とすためには、ちょっとしたノウハウがあります。でも、過ぎたるは及ばざるがごとし。妊娠中の太り過ぎは、産後に思うように脂肪を落とせなくなることにつながり、産前のみならず、産後もダイエットという”嬉しくない”延長長戦に。

妊婦が太ったら、ダメなの?

では、妊婦さんが太りすぎてしまうのは、ダメということなのでしょうか?

日本においては、産院によって厳しさに違いがあるものの、厚生労働省が妊娠中の”推奨体重増加量”という基準を示している以上、妊娠中に基準をオーバーした体重になっていると、太り過ぎとして【ダメだし】をする産院がある、ということに。

日本において推奨されている体重増加量

統計的には、目安とされる目標体重を上回ってしまってしまうと、前述したようなリスクが起こる可能性が高まるとされています。

体格区分(非妊娠時) 推奨体重増加量
低体重(やせ):BMI 18.5未満(※1) 9~12kg
ふつう:BMI 18.5以上25.0未満 7~12kg(※2)
低体重(やせ):BMI 25.0以上 個別対応(※3)

※1:体格区分は非妊娠時の体格による。

※2:体格区分が「ふつう」の場合、BMIが「低体重(やせ)」に近い場合には推奨体重増加量の上限側に近い範囲を。「肥満」に近い場合には推奨体重増加量の下限側に近い範囲を推奨することが望ましい。

※3:BMIが25.0をやや超える程度の場合は、およそ5kgを目安とし、著しく超える場合には、他のリスク等を考慮しながら、臨床的な状況を踏まえ、個別に対応していく。出典:妊娠期の至適体重増加チャート(厚生労働省)

海外における体重指導は、日本ほど厳しくない

■ アメリカの場合

アメリカで出産した友人によると、体重指導は最低10kgを超えるようにと指導される人が多いとのこと。アメリカも、妊娠前のBMIを基準に指導を行っているようで、増やしてよい体重の基準が日本より甘い、というのは本当のようです。

ただし、指導が甘いからといって体重を増やしすぎると、産後に痩せたい!と思ったときに後悔する羽目に。日本よりゆるく、アメリカより厳しくという基準を自分なりに設けるといいのかもしれませんね。

■ マレーシアの場合

こちらの国でも、おおむね日本より推奨体重が多い傾向。日本より4~6kg程度上限が高いので、より安心して体重管理をすることができそうです。

体格区分(非妊娠時) 推奨体重増加量(※1)
低体重(やせ):BMI 18.5未満 日本より上限が+6kg
ふつう:BMI 18.5以上25.0未満 日本より上限が+4kg
低体重(やせ):BMI 25.0以上 日本では5g程度とされるので、およそ+6kg程度か

※1:Institute of Medicine.Nutrition During Pregnancy.Part1.Wdight Gain Washington,DC.National Academy Press.1980.

※1の引用元:【海外で、産む】推奨体重増加量がゆるい! マレーシアで親子教室に参加して驚いたこと

日本やマレーシアの例を参考にすると、同じ日本人でも海外で出産する際は、体重制限が厳しくないようです。ということは、体重制限をしっかり守れなくて、多少オーバーするくらいは、まぁまぁ大丈夫なのではないかと思えてきますね。

あわせて読みたい
妊娠中に太らないためには?妊婦さんの体重減らす方法はやはり食事!妊婦さんの体重は、妊娠月数を経るにしたがって増えるもの。妊娠中期のつわり明けを過ぎたあたりから、お腹のふくらみが目立つようになると共に、...

妊婦は太ったら、すぐにダイエットしなきゃダメ?

日本基準では注意を受けるレベルであっても、前述の通り、国によって妊婦が増やしてよい推奨体重が異なり、注意を受けないことも。

助産師さん
助産師さん
でも、”妊婦さんは、見た目だけで肥満かどうか分かりづらいというのに甘えて、食欲のままに食べていると・・・・。

  • やっぱり、妊婦さんの妊娠中の経過や出産の過程や、赤ちゃんに影響が
  • 出産後、妊娠前に来ていた洋服がすべて着られない(驚愕)

といった事態になりかねません。

妊婦さん
妊婦さん
無理なダイエットも嫌だけれど、洋服が着られなくなるのも嫌だなぁ。。。 

結論から言うと、急激に体重が増えた場合をのぞき、すぐにダイエットを開始しなくては、というほど緊急性があることは多くありません。

でも、体重管理は目標とする目安の体重があった上で、

  • 短期的に見た場合、急な体重増加は避けたい
  • 長期的に見た場合、妊娠中期の体重増加をなるべく抑えつつ、妊娠後期のテンポの速い増加に備え、ゆるやかに体重増加をさせたい

ですよね。ご自分の体重増加が早いなぁと思った場合は、目標数値を少しだけ上方修正しつつ、急に体重が増やさない工夫(運動や食事など)や目標体重を頭の隅に置く体重管理は続けていきたいですね!

妊婦が”太ったらダメ!”、と注意された時の処方箋

妊婦さんの体重管理は難しい。赤ちゃんの体重増加と共に妊婦さんの体重増加は避けられない中、太らないように体重管理をしていかなければならないから。

だから、【ダメだし】を受けたとき、心の受け止め方をこれまでとちょっと変えてみて。そんなご提案をしていきたいと思います。

ダメと言われた後の、”マイナスの気持ち”に気づく

「基準を超えて太りましたね、ダメですよ!」(←言いまわしはちょっと異なりますが)妊婦さん時代、このようなことを助産師さんに言われたことがあります。

私は増やしてよい体重が8kgだったところ、8.1kgになってしまったのです。実際「ダメですよ!」と言われてしまった私は、正直めちゃくちゃ不安になったし、出産する前の長い間、太った100g分が心に重いストレスになりました。

カウンセラーさとの
カウンセラーさとの
ここからが大事なお話。処方箋です。!

「ダメですよ!」と言われた、「自分にとって”嫌な”出来事」に対し、「不安になった」というマイナスの感情を、自らが抱いていることに気付くこと、これが実は大切

人は誰しも、自分が期待したくない出来事が起こると、その後にマイナスの感情がやってくるもの。自分が今「不安になっているんだな、落ち込んでいるんだな」と分かることは、自分を客観視するプロセスに必要なのです。

例えばゲームをしているときに、画面内の主人公に注目していますよね。主人公が攻撃を受ければ、「お、やられた!」と思う。主人公に注目してはいるけれど、客観視できている。こんな風に、ご自分をゲームの中の主人公になぞらえて、客観的な視点が持てるといい。

そしてその上で、ネガティブな出来事の後に、主人公(あなた)にマイナスの感情が沸き起こっていることに気づく習慣を持てると、次回ダメと言われたとき、ちょっとは気持ちが楽になるのではないでしょうか。

ダメと言われたとき、「自分がダメなんだ」とは考えない

人間誰しも欠点があるもの。完璧な人間などはいませんよね。

例えば、お医者さんや助産師さんだって、人の健康を扱う専門職でありながら、風邪をひいたり、体調を悪くしたりするもの。

同様に、妊婦さんだから、体重管理をキチンとできて当たり前みたいに扱われるのも、ちょっと違うのかも。だから、「あなたがダメである」と捉えなくていいんです。

「基準を超えて太りましたね、ダメですよ!」と言われてしまった場合、このように変換して捉えるようにしましょう。

  • ダメですよ!⇒ホントは、「ちょっと残念でしたね。」と言いたかったのね。
  • 助産師さんは、(私のことを)もっとうまく体重管理をできると期待してくれていたんだな。

嫌な感情を抱いたとき、このようにうまく変換ができるとポジティブになれますね。これは少しだけ練習をすればできるようになりますよ。嫌な感情のループから抜け出すポイントは、嫌なできごとが原因なのではなく、あなたが抱く感情を変えること

ぜひ、このワザを使ってみてくださいね!。

まとめ。

いかがでしたか?

この記事では、

  • 妊婦さんが太ったら、どんなリスクがあるのか
  • 国によって基準が異なることも。だから多少の体重オーバーは大丈夫。
  • 太ってはダメ!と注意されたときは、マイナスの気持ちに気付くこと、自分がダメなんだと思わなくていいこと

をご案内して参りました。

妊婦さんが妊娠中に太ったという事実を、厳しい基準で受け止め過ぎず、かといって甘えすぎないこと、また、事実をベースにした負の感情について、捉え方や対処法を知っておくと、ご自身が楽な気持ちで過ごせることをご案内して参りました。

体重管理を頑張る妊婦さんを応援しています!

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村