妊婦のダイエット

妊娠中一番太る時期はいつ?体重増加が止まらない、太らない食事は?

毎日体重計とにらめっこ。昨日までにつみあげた体重はそう簡単には、減ることがありません。

体重計に乗っては、ため息をつく毎日。妊娠中の体重増加に増減の波ってあるのでしょうか?大きく太る可能性があるのなら、予め予防をしないと、毎日の体重管理に大きな影響が。

今回の記事では、妊娠中一番太る時期はいつであるか、例を挙げると共に、体重増加が止まらないことで困っておられる妊婦さん向けに、生活習慣のチェックリストや太らない食事の例をご紹介して参ります。

一緒に見ていきましょう。

妊娠中一番太る時期は、いつ?

妊娠中に一番太りやすい時期は・・・”一番”と書いておきながら、いくつか候補があったりしますが(笑)。

急な食欲、人数が集まっての食事、時間に余裕ができた時、一人の時など、環境が異なると、体重維持にも影響がありそうですよね。

つわりの明け

安定期に入ると、つわりも落ち着いてきます。

それまでは、つわりで食べたくても食べられないと我慢していた気持ちが、つわりが終わった時期に爆発してしまうことが。

食べたい衝動に駆られるままに、暴食を繰り返してしまうといった行動が太る原因につながることも。

臨月までの長い期間、妊娠期間は続くので、ここでいっきに太るのを防ぎ、少しずつ体重が増加するようにもっていきたいですね。

お祝い・イベント

妊娠期間はおよそ10か月。その間、GWや三連休、お正月やクリスマスなど何らかの大型連休があるでしょう。そんな時期に合わせて、親戚や親しい友人との楽しいおしゃべり。

妊娠していることで、お祝いの会になることもあり、つい食べすぎや甘いお菓子やケーキをいただく機会に

こういったイベントは、体重管理の面からすると、監視対象の的(笑)。今まで積み上げてきた体重を増やさないという努力が、一瞬にして崩れてしまいますね。

こういう会で、妊婦さんはお酒を飲まないという決意を持っていると思いますが、それと同じくらい、必要以上に食べない気力を張るようにしたいものです。

でも、誘惑に負けて食べてしまったら、翌日からリセットに向けて、気持ち新たに出直ししましょうね。

産前休暇

出産予定日まで2か月を切ると、そろそろ産休に入る時期。産休に入る前に、産休における1日の過ごし方を考えておくといいでしょう。

産休に入る前まで忙しく仕事をしていた妊婦さんが、いざ休暇に入りご自宅にこもるようになると、時間をもてあまるあまり、間食が増えてしまいがち。そうなると、急激に体重が増加。

 

里帰り出産

出産はいろいろと大変なので、里帰り出産をする妊婦さんは多いもの。実家で過ごす、久しぶりの休日といった感覚に。

仕事も、家事も特にしない、ゆっくりした時間。特に動かないので、運動不足は体重増加にききますよ~

妊娠は病気ではないので、出産直前までは毎日決まった家事など、適度な運動を無理せず続ける習慣を持つようにしたいものですね。

臨月に入って

妊娠36週を過ぎて臨月に入ると、いつ陣痛が来てもおかしくないことから、出かける予定を極端にセーブしてしまう妊婦さんも。

適度な運動は、陣痛が始まるまでは行ってもよいので、軽いウォーキングくらいは続けたいもの体力や筋力が極端に落ちてしまうと、出産でガンバル力が発揮できないことにつながります。

妊婦さんになって、消費カロリーが減っているところ、臨月には赤ちゃんが下がってくるため、胃の圧迫が軽減され、食欲が再び増加する時期。

この時期は出産に向けて体力を維持する必要が。もう体重増加で叱られることは心配せず、食べ過ぎることだけには気を付けつつ、運動をして筋力の維持に努めたいですね。

妊娠中に、体重増加が止まらないなら、太らない食事はどんなものを?

やはり食事の制限のたががはずれやすい時期、妊娠中太り続けて困っている人には、必ずやその原因があるもの。

以下はどうして体重増加が止まらないか、不思議に思う妊婦さん向けのチェック項目です。以下に当てはまるものがあるかどうか、チェックしてみてくださいね。

食生活・生活習慣チェック項目

  • 栄養バランスがとれた、食生活を送っていますか?
  • カロリーの高いお菓子やフルーツを食べていませんか?
  • 夜は20時までに食べ終えていますか?
  • 腹八分目を超えて食べていませんか?
  • 適度な運動をしていますか?

いかがでしたか?この結果を受けて、運動が足りていない方と、食事管理をもう少しきちんとした方がよい方とに分かれるのかもしれませんね。

では、お待たせしました。太らない食事についてご案内をしていきますね。

和食中心の食事にする

一般に洋食もののパスタやピザなどは、単品料理はカロリーが高いこと、一皿であるため早食いになりがちといったデメリットが。

それにひきかえ、和食は一汁三菜で品数も多く、早食いになりにくいゆっくり食べることができる上、洋食や中華料理に比べてカロリーが低いというメリットが。

塩分を控えた食事を心がける

味付けの濃いものを食べていると、体が塩分濃度を薄めようと、水分を溜め込みやすくなり、体がむくみがち

特に妊娠後期は何を食べても太りやすい時期。塩分の多いものを摂ることで、さらに太りやすくなることは、何としても避けたいもの。ですから、濃い味付を控えることはとても重要

塩分の摂取1日当たり10g以下にしたいものですね。

塩分を控えるなら、その代わりに

  • レモン汁
  • 香味野菜
  • スパイス

なども取り入れるのがおすすめ。とにかく味付けを薄くする工夫をしていきましょう。そうそう、和食の塩分が心配な人は、味噌や醤油などの、減塩タイプを選ぶなどもいいですよね。

食事におからを取り入れる

おからは食物繊維が豊富、おまけに低カロリー食物繊維が多いため、便秘の解消に役立つ優秀な食材です。

おからをご飯代わりにして、カレーライスならぬカレーおからにしてみたり、ポテトサラダのじゃがいもの半分をおからに変えてみたりするのも、おすすめです。
 

おやつを工夫する

妊婦さんは、とかくお腹を空かせがち。どうしてもおやつが食べたくなったら

  • 寒天ゼリー
  • ふかし芋
  • おにぎり
  • おからクッキー

など、食事の代わりになるようなものか、噛む回数が増えて満腹感を感じやすい煮干しなどのおやつを取り入れると良いでしょう。

食物繊維を多く含む食品をとる

妊婦さんは、妊娠中、女性ホルモンの変化や子宮の圧迫などにより、腸のぜんどう運動が弱まってしまい、便秘がちに

元々便秘がちの人は、さらに便秘がひどくなることも。便が長く腸にたまっていると良いことはないので、食物繊維を含む食品をたくさん摂るようにして、便秘を解消するよう心がけましょう。

食物繊維の多い食品例

  • 穀類:オートミール、ライ麦パン、そば、中華麺、うどん
  • 野菜類:切干大根、ごぼう、モロヘイヤ、グリーンピース
  • 豆類:いんげん、あずき、えんどう、大豆、きなこ
  • きのこ類 きくらげ、干ししいたけ
  • 海藻類 ひじき、焼きのり、わかめ、昆布

 

妊婦さんは、体重管理に頭を悩ますもの。もしあなたが、体重管理に悩んでおられるのなら、以下の記事を見てみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

まとめ

いかがでしたか?妊娠中一番太る時期はいつであるか、例を挙げていますが、機会が多い人で5回くらいと驚きの結果に。

体重増加が止まらないことで困っておられる妊婦さん向けに、生活習慣のチェックリストと太らない食事の例を5つほど紹介して参りました。

あなたのチェックリストはいかがでしたでしょうか?私は3つに○がつきましたが、残り2つには○がつかない妊婦さんでした・・・10年以上前に、この記事に出会っていたら、優秀な妊婦さんになれたでしょうに。。。(笑)

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村