妊婦のダイエット

妊婦さんの糖質制限、ご飯→豆腐にメニュー変更で体重キープに成功!

妊婦さんの糖質制限、お通いになっている産院から聞くこともないので、あまりよく知らない方も多いのではないでしょうか。

糖質制限とは、糖質を制限することに注目したダイエット手法。従来はカロリーを制限するダイエットが主流でしたが、今は糖質を制限することで大きな成果があると、話題になっているもの。

 

糖質制限の良さは、糖質を食べなければ、従来はカロリーがあるとされていた、たんぱく質などを”たくさん食べてもよい”ところ

では、一緒に内容を見ていきましょう!

 

電子レンジでチンするだけ!平日の夫婦の夕食は糖質制限食を!1食548円から。
糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH – ナッシュ」

 

妊婦さんの糖質制限とは

妊婦さんの糖質制限とは、いったい、どういうものなのでしょうか?

 

糖質制限とは

糖質制限とは、字のごとし、食事において糖質のみを制限するもの

糖質とは、

  • ご飯やパン
  • 麺類全般
  • 根菜類やかぼちゃなどの一部の野菜
  • ジュースや炭酸飲料、調味料

などに、多く含まれているので、それらは極力、避けるようにしましょう。

言い換えれば、食事において、「主食をとらず、おかずを中心に食べるもの」とイメージしてもよいでしょう。

妊婦さん
妊婦さん
 なるほど~。糖質制限食は、お弁当で、おかずだけを食べるイメージと、考えると分かりやすいですね。

 

 
 
 
 

妊婦さんの糖質制限とは

日本人はもともと主食が米。洋食普及に伴い、米を食べる機会は減りつつあるものの、お米に加え、パンやスパゲッティ類などの糖質を多く摂取していることに、変わりはありません。

参考:妊婦さんの暴食、食べ過ぎた翌日は、不足栄養素を食べてリセットを!

 

妊婦さんは、妊娠期間中、体重を抑えるようにしたいもの。妊婦さんといえど、普通に食事をしていれば、知ら知らずに糖質過多になっているわけで、少しでも体重増加を抑えるには、太る原因となっている糖質摂取量を減らしたいですよね。

 

とはいえ、妊婦さんが糖質制限しても大丈夫か、不安なかたもおられるでしょう。ですから、産婦人科医宗田先生のインタビューをぜひ見てみてくださいね。

いかがでしたか?先生は、以下のようにお話しされていましたよね。

赤ちゃんに必要なのは、肉、魚、卵等のたんぱく質。妊婦さんが好む、白米やパン、麺類、イモ類などは、赤ちゃんへの栄養が少なく、糖質ばかりが多い。

 

糖質とりすぎを少しでも抑えるには、妊婦さんは1日1回、食後の血糖値が下がりにくい夕食のみを”プチ糖質制限”するのがおすすめ。そして、夕食にはご飯やパンの代わりに、タンパク質を多く摂るようにしたいですね。

そして、肉や魚の調理において、気を付けるべき点が。それは”調味料”。

和食に多く使われている、みりん、砂糖は、立派に糖質を含むもの。食材でせっかく糖質を抑えていても、調味料で糖質を摂っていては効果がないので、ぜひ甘い味のする調味料は避けるようにしましょう。

 

糖質90%オフのNOSHには、肉料理、魚料理のメニューがたくさん砂糖不使用など、調味料に至るまで糖質計算に配慮。新メニューも定期的に追加され、毎週別メニューを頼めるのもお楽しみの1つ。体重増えすぎに困っている妊婦さんのプチ糖質制限にもってこいですね。

電子レンジでチンするだけ!平日の夫婦の夕食は糖質制限食を!1食548円から。
→糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH – ナッシュ」 
 
 
 

食べる量の制限はなし

糖質制限においては、”糖質を食べない”という原則さえ守れば、食べる量についての制限はとくにありません。

これまで、太ることを恐れ、食べる量を制限していた妊婦さんにとって、これは嬉しいですよね!

参考:妊婦さんが食べすぎでお腹がパンパンだと、胎児も食べ過ぎで苦しい?

 

糖質量の目安

糖質が多く含まれている食材については、上述の通りですが、糖質は、実はさまざまな食品に少しずつ含まれているもの。太らないためには、1回の食事での糖質の総量を20g以下に抑えるのが目安。この基準を超えないようにしたいですね。

とはいえ、毎回の食事で、糖質の量をきちんと計算する必要はありません。糖質を多く含む食品を覚えておき、避けるだけで大丈夫

助産師さん
助産師さん
お弁当が2段弁当で、ごはんとおかずがそれぞれ1段ずつだった人は、今日から2段ともおかずにするよう、変更しなくちゃいけませんね。(笑)

電子レンジでチンするだけ!平日の夫婦の夕食は糖質制限食を!1食548円から。
糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH – ナッシュ」

 

妊婦さんは、ご飯→豆腐にメニュー変更すると、体重キープに成功!?

妊婦さんは、最も簡単な糖質制限方法として、ご飯→豆腐メニューに変更してみましょう。それだけで、体重キープに成功する確率が高まるんですよ。

糖質制限の基本は、糖質を抑え、たんぱく質が多いものをしっかり食べること。ですから、これまで、当たり前のように摂っていた糖質を、他のものに置き換えてしまいましょう。

つまり、これまで主食としていた、米やパン、麺類を、主食もどきの何かに置き換えたらいいのです。

主食のご飯(白米)を豆腐に変更。

ごはんにおかず。日本人であれば、これまで当たり前のように、主食と主菜のセットを、食事に準備してきたことと思います。

でも、糖質制限においては、主食である穀類は糖質が多いのでカットの対象。毎日のご飯で、手っ取り早く糖質制限できる方法は、ご飯を炭水化物以外に置き換える方法

 

ご飯はもともとは味がたんぱくで、ほとんどのおかずに合うもの。その性質に似ているものが、実は豆腐なんです。

豆腐そのものも、やはり味がたんぱく。醤油など塩分があるものと合うところも、ご飯と同じです。

豆腐一丁は、約300〜400g。ご飯一膳が150gですから、豆腐1パックの半分程度をご飯一膳分として食べるよう、変更してみてはいかがでしょうか。

参考:妊婦さんの食事、太らない「食べ物」でダイエットを成功させる!

 

主食のご飯(白米)をカリフラワーライスに変更。

豆腐はあくまで豆腐。これまで慣れ親しんだ食べ方があるでしょうから、簡単に、ご飯の代わりとするのが苦手な方もおられるでしょう。そこで、ご提案するのがカリフラワーライス。海外でメジャーな食べ方なんだそうですよ。

作り方もとっても簡単。カリフラワーをひと房ごとにばらした上で、フードプロセッサーにかけ、米粒ほどの大きさに細かくなったら完成!。

 

食べたい分だけ、電子レンジで温めたり、火が通るまで炒めて食べましょう。また、作り置きしておき、小分けにして冷凍することも可能なんです。

気になる味ですが、ご飯のようなモチモチ感はないけれど、たんぱくな点はご飯と一緒。また、ほのかな甘みが感じられるのも、ご飯を長く噛んでいると甘味を感じるので、似ているかも。
 
ぜひ、ご自分でも試してみてくださいね!
 
 
 

妊婦さんが糖質制限したら、低糖質にならない?

妊婦さんが、糖質制限したら、かえって低糖質になってしまうのではないか心配ですよね?でも、結論からいうと、大丈夫なんです。その理由をお話ししていきますね。

人類はそもそも、狩猟中心の生活だった

そもそも、人類の祖先は、数百万年もの長い間、狩猟や漁、採集などで生活を営んできたわけで、農耕や牧畜による、食糧を安定的に口にするようになったのは、実は数万年前と比較的新しい時代になってから

つまり、狩猟中心の生活においては、米や小麦などの糖質を安定的に口にしていなかったけれども、人類は命をつないでこれた。その流れの中に、当然妊婦さんも存在していたことになりますね。

採集により、木の実などから糖質を得ていたこととは思いますが、天候、気候の変動により、安定して糖質を得ることは難しかったであろうことは想像できますよね。当然妊婦さんも、糖質を口にできない時期があったかもしれません。

では、そんなとき、人類はどのようにして、体に必要な糖質を得ていたのでしょうか。そのヒントは、次項でお話ししますね。

 

実は人類は、自ら糖質を作り出すことができる!

実は、人間の体には糖新生という機能があり、体に必要なブドウ糖を、肝臓でアミノ酸(たんぱく質が分解したもの)から作り出すことができるんです。

ですから、食糧難であった時代に、食事から糖質を安定的に摂取できなかったとしても、体が必要な糖質を作り出していたことから、人類は命をつないで来れたんですね。

逆に糖質を摂取することで、インスリンという肥満ホルモンが分泌されてしまい、妊婦さんを苦しめる体重増加が起こりやすくなってしまっています。

ぜひ糖質を制限して、健やかな生活を送りたいですね。

 

妊婦さんが糖質制限をしても、大丈夫?

人類の長い歴史を見ても、妊婦さんが糖質制限をしても大丈夫であることが分かりましたね。ところで、妊婦さんが糖質制限しても、大丈夫かどうか心配な方に向けて、糖質オフの提唱者で医者である江部先生の、アンチ糖質制限派への主張をご紹介しておきますね。

妊婦さんが糖質制限をすると、生まれてくる赤ちゃんが成人した後、生活習慣病になる?

一説によると、「妊婦さんが糖質制限をすると、生まれてくる赤ちゃんが成人した後、生活習慣病になる」ということがあるのだとか。

これについては、糖質オフの提唱者、江部康二医師がご自身のブログや本で、以下のように反論をしておられます。

  • 「糖質制限食の妊婦と子供の肥満」という論文は、実際には存在していないこと
  • 「妊婦の糖質制限は、生活習慣病になりやすい子を産むことに繋がる」という主張がありますが、根拠として引用された論文をひも解くと、論文に登場する妊婦さんは全員、大量の炭水化物摂取をしていた英国人であることが分かった。
  • 日本の一般の妊婦さんの炭水化物摂取量は、論文に登場する妊婦さん(最低でも炭水化物摂取量260g未満/日)のそれと、摂取量が異なるため、そのままあてはめて論じるのはおかしい。
  • 過去も現在も、日本の子供が、英国の子供より肥満が多いとはとてもいえない。
助産師さん
助産師さん
糖質制限の考え方によると、妊婦さんでも糖質制限をして大丈夫。ただし、心配な方は、夕食だけ糖質を制限するなど、範囲を限定すれば、始めやすいですよね。

 

糖質制限をすると、イライラしたり、ぼーっとしたりする?

糖質をたくさん摂ることが当たり前の生活をしていて、糖質中毒になっている人にあてはまる事象だと、江部先生は書籍の中でおっしゃっています。

というのも、血糖が増えると、脳から快楽物質である、セロトニンが分泌されることから、糖質を常に摂り続け、常に血糖を高い値に保とうとする”血糖中毒”になっているのだそうです。

糖質中毒の人が糖質制限を始めると、3日ほどは、精神的に不安定になることがあるのだそう。そのため、イライラしたりしてしまうとのこと。

糖質制限自体は、体によいことなので、この3日をぜひ乗り切って、糖質制限を続けてみて下さいね。

 

妊婦さんは、プチ糖質制限して、もう体重管理に悩まない!

妊婦さんの食事管理は、とかく気を付けることが多いもの。

  • できれば、和食
  • 塩分は控えめ
  • 栄養はあれど、低カロリーなものを
  • これらに、レコーディングダイエットや食べ順ダイエットを加えて・・・

1日3食、しかも毎日。はっきり言って、大変です・・・・。もっと簡単にできることはないかなぁと、お困りのあなたに、ぜひ試して欲しいことが。

糖質制限で、もう体重管理に悩まない!

食事から糖質だけを取り除く、だけど、たくさん食べてOK!、という”糖質制限ダイエット”は世界的にも大人気。でも、忙しい平日に、ご自分で糖質制限を行うのは、難しいもの。

なぜなら、慣れないうちは、糖質の少ない食材や調味料を選ぶのに、とても時間がかかるから。

実は、プロの管理栄養士と一流シェフによって作られた美味しい糖質制限食を、自宅まで届けてくれる“糖質90%オフの宅食サービス” があるんです。

あなたに必要なのは、“このお弁当を食べる”、たったこれだけ。それだけで、”5つの嬉しい”がかなうんです♪。

  • ご飯を作る時間が省略できて、その分、自由な時間を確保
  • 夢にまで見た、しっかり食べても太らないが実現。
  • もう、体重増えすぎの心配をしなくていい
  • ストレス解消に暴食、という”負のループ”から脱却
  • 安産を迎えることができる!

→糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH- ナッシュ」 

 

食事作りは、まるっとプロに任せ体重増えすぎのストレスから、ご自分を解放してあげましょう。そして、生まれる前にやっておきたいことを”存分に楽しむ”のが、時間とお金の”賢い”使い方

 

 

さて、妊婦が糖質制限しても大丈夫?と心配される方がちらほら。もちろん、いきなり3食すべてを糖質制限するのは、さすがに勇気がいるもの。

だから、妊婦さんは1日1回、食後の血糖値が下がりにくい夕食のみを”プチ糖質制限”するのがおすすめ。

 

ではここで、産婦人科医である宗田先生のインタビューのご紹介。すべての妊婦さんに必見の映像です。

いかがでしたか?先生は、以下のようにお話しされていましたよね。

糖質過多は太る原因。妊娠中の食生活を見直すことで、安産になる。また産後も、その食生活を継続することで、家族が幸せになる。」

 

ではもう1つ、病院の取り組みやご自身の被験データをもとに、糖質オフを提唱されている、京都の名医、江部康二先生が述べられている内容も、ご紹介しておきますね。

・「妊婦が糖質制限すると、赤ちゃんが将来生活習慣病になる」という論文は存在しない。

人間は体内で糖質を作る”糖新生”を行うもの。だから、糖質制限の結果、低血糖になるなど、心配する必要はない。

 

これまで、カロリーを気にして、食べる量を制限していたアナタ、食生活を”糖質過多”から”糖質オフ”へと改善を!。その代わり、食べる量はしっかりとって大丈夫

糖質量に気を付けるなら、外食だって、ステーキ食べ放題だって、ビュッフェまで解禁に!。これぞ、夢にまで見た、食べて痩せる!ですね。

 

最後に、産婦人科医宗田先生の、もう1つのインタビューをご紹介します。

いかがでしたか?先生は、以下のようにお話しされていましたよね。

赤ちゃんに必要なのは、肉、魚、卵等のたんぱく質。妊婦さんが好む、白米やパン、麺類、イモ類などは、赤ちゃんへの栄養が少なく、糖質ばかりが多い。

 

ですから、今日から、糖質が少なく、赤ちゃんに栄養のある、”肉、魚、卵”をたくさん食べましょう!

肉料理、魚料理はもちろん、ご自分で調理することができます。でも、自炊で気を付けなければいけないのは、塩分のとりすぎと、みりんなど調味料に入っている糖質の摂り過ぎ

和食はヘルシーと言われますが、糖質制限の観点からすると、みりんや砂糖を多く使うので、糖質過多に要注意の食事なんです。

 

糖質90%オフのNOSHには、肉料理、魚料理のメニューもたくさん砂糖不使用など、もちろん、調味料に至るまで糖質計算に配慮。新メニューも定期的に追加。だから、飽きることもありません。

 

糖質は妊婦さんの太る原因で、赤ちゃんに栄養がないもの。だから、今すぐプチ糖質制限を始めましょう!NOSHのメニューを食べることで、食べない我慢や、体重増えすぎの心配、ストレスからの暴食、そんな状況から、いち早く、ご自分を解放してあげましょう!

あなたが糖質制限を始めるのを、赤ちゃんは今か今かと待っていますよ!。

 

電子レンジでチンするだけ!平日の夫婦の夕食は糖質制限食を!1食548円から。
糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH- ナッシュ」 

 

まとめ

いかがでしたか?

体重管理に悩む妊婦さん向けに、糖質制限を1日1回取り入れるご提案をして参りました。

また、妊婦さんが糖質制限しても大丈夫かどうかお話しをすると共に、主食を置き換えする方法や主食に代わるものをご案内。置き換えや代替があれば、たんぱく質を多めにとることで、主食を我慢するといったことから、糖質制限に二の足を踏むこともなくなるかもしれませんね。

食べて太らないを実践するには、糖質制限食。あなたも1日3食のうち、1食から始めてみてはいかがでしょうか?

妊婦さんの体重制限の悩みが、いち早く解決し、赤ちゃんとの素敵な時間を過ごせるよう応援しています!