妊婦のダイエット

妊婦さんの暴食、食べ過ぎた翌日は、不足栄養素を食べてリセットを!

妊婦さんのダイエット、食事と運動に気を付けて過ごす10か月。

途中、いろいろなイベントがありますよね~。里帰りして友人に会ったり、お正月や連休があったり、同窓会や結婚式や記念日やら・・・

そんな日は自然とダイエットの解禁日に(!?)誘惑に勝てず、暴食をしてしまうことがあるかもしれません。

でも食べた後、胃が持たれるような感じがあって初めて、”暴食してしまった!”,”今までダイエットしてきたのに、どうしよう・・”と後悔に苛まれるんですよね・・・

でも、実は解決法があるんです。制限時間内であれば、あなたもリセットが可能かも。今回は暴食のリセットについて、確認をしていきましょう。

妊婦さんの暴食、翌日、食べすぎをリセットできるって本当?

体重増加は、食べ物の重さや溜め込んだ水分量。脂肪ではない?!

食べ過ぎた翌日、およそ1〜2kgの体重が増えていることがあります。1日にして1Kg。これは妊婦さんにとっては、見逃せない事態。

でも、ちょっと落ち着いて。翌日の体重の増量分は、前日に食べた物そのものの重さや、塩分過多な食事により、体が溜め込んだ水分の重さ。食べすぎた翌日はいつもより顔がむくんでいたり、身体が重く感じるのは、溜め込んだ水分による”むくみ”が原因なのです。

食べたものが脂肪に変わるのは18時間以降から!

ではここで、前日に食べたものが、体に取り込まれるメカニズムをチェック。

  1. 食べたものは先ず、胃や小腸で分解されグリコーゲンに変わり、一時的に肝臓に蓄えられる。
  2. グリコーゲンは、エネルギーとして消費されたり、老廃物として排出され、残った分が脂肪に変わる。

肝臓に貯蓄されたグリコーゲンが、脂肪に変化し始めるのは、18時間後〜48時間以内

つまり、食べてから18時間までの間に、エネルギーとして消費させたり老廃物としてしっかり排出できれば、食べ過ぎたものが脂肪に変わるのを防げる、というわけなんです。

妊婦さんの暴食、食べすぎた翌日は、何を食べてリセットするの?

翌日の食事を抜くのはNG!

普段より食べすぎてしまった時は、摂取カロリーを気にして、翌日の食事を抜いてしまいがち

もちろん、カロリーを意識して、食事量を多少コントロールすることは大切。でも食事自体を抜いてしまうと、身体に溜め込まれたグリコーゲンや水分等が排出されずに滞ってしまうことに

エネルギーや水分が消費されないために、かえって脂肪に変わりやすくなってしまうという、思いとは反対の方向に。これは、大変もったいない話ですよね。。。

ミネラルウォーターや白湯を飲む

普段より食べすぎてしまった日の翌日は、「水分を控え」ようとしないこと。むくんでいる時に、水分が足りない状態であると、身体に溜め込まれた古い水分が体内に余計に滞り、ますますむくみを加速させてしまうのです。

食べすぎた翌日は、こまめに水分補給(ミネラルウォーターや白湯を行い、体内の循環作用を高めることが大切。

翌日の食事のカロリーは控えめに!

リセット日は、前日に暴飲暴食したぶん、1日に摂る摂取カロリーを抑えるる必要が。ちなみに、1日の摂取カロリーの目安としては、普段よりも500kcalほど低くするのが理想です。

そのうえで、脂肪や糖質、老廃物を体外に排出してくれる食材(きのこ類やこんにゃく、野菜類や海藻)を、積極的に摂りましょう。 ビタミンやミネラルが豊富で、食物繊維も豊富で、老廃物を排出してくれる効果があり。

カリウムが多く含まれている食べ物を食べる

暴飲暴食した次の日は、いつもよりむくみやすく代謝も下がっている状態。 ですから、カリウムを摂って余分な水分の排出を。

カリウムは、キウイ、バナナ、アボガドなどのフルーツに多く含まれています。翌日の朝にこのようなフルーツを。

妊婦さんの暴食、食べ過ぎた翌日に取り入れたい運動

下がっている代謝をあげるためには、適度な運動が一番。

エレベータではなく、階段を利用したり、意識して歩いたりするなど、「活動量のアップ」を意識して。ランニングやジョギングなどの他、ゆっくりとした呼吸で行うヨガやストレッチなどの裕さん運動もおすすめ。

リラックスすることで副交感神経が優位となり、消化器官の活動が促され、消化や代謝がよりスムーズに行われます。身体のコンディションを整えるためにも、リラックスしながら運動するのはおすすめですよ。

リセットする日、下がっている代謝をあげるためには

食べ過ぎてしまった日の翌日は、代謝がさがっているもの。代謝をあげることで、食べすぎてしまった分をエネルギーに変えないと、そのまま脂肪として体に蓄積されてしまうことに。

運動や食事も大事なのですが、もっと簡単に代謝をあげる方法がないかなぁとお考えのあなた。そんなときは、低カロリーながら栄養のある酵素ドリンクを、おやつ代わりに使うのが、おすすめ

酵素ドリンクは、主に野菜や果物を発酵させたもので「発酵食品」とも言えるもの。そして酵素ドリンクそのものには、バランスの取れた栄養が。

妊婦さんが飲むことで、体に酵素が補給され、体内の酵素が増加するので、以下のような効果が発揮されることに。

  • 摂取カロリー抑制効果
  • 代謝向上の効果
  • デトックス効果
  • 健康の増進効果

酵素ドリンクの効果についての詳細は、妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

まとめ

いかがでしたか?。妊婦さんが食べすぎると、お腹の赤ちゃんもきっとびっくり!静かで平和な食生活に、戻してあげましょうね。

この記事があれば、食べ過ぎてしまった日やその翌日に後悔するのは、もう終わりにできますね(笑)。でも、だからといって、安心して食べすぎるのではなく、日々の積み重ねも大事に過ごしていきたいですね。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村