妊婦のダイエット

妊娠後期の暴食、おにぎりばかり食べたくなる、食欲異常どう解決?

私が妊婦さんだった時は、母が様子を見に来てくれて、夕食に”いなりずし”を作ってくれたことがありました。

夜中(日付が変わる頃)であったにも関わらず、ちょっと食べてみたら美味しかったので、続けて食べてしまい、食べ終えた直後に、見事に自己嫌悪に・・・

 

妊娠中はお腹が空くもの。食べること自体は悪いことではないのですが、つまみやすいものに炭水化物が多いのがネック。そして炭水化物は、食べ過ぎてカロリーオーバーになることも問題

この記事では、妊娠後期に暴食をしてしまい、おにぎりばかり食べたくなる、そんな食欲異常に焦点をあて、その原因や対応策について、考えてみたいと思います。

 

妊娠後期に暴食をしてしまう可能性は、どんな時?

妊娠後期に暴食をしてしまう可能性は、どんな時でしょうか?

妊娠後期は一定期間あることから、さまざまな外部要因(イベント)により暴食をしてしまう可能性が。予め、その外部要因を頭にインプットしておくと、事前に対処法を考えておくことができるかもしれませんよね。

お祝い・イベント

妊娠期間はおよそ10か月。その間、GWや三連休、お正月やクリスマスなど何らかの大型連休があるでしょう。そんな時期に合わせて、親戚や親しい友人との楽しいおしゃべり。

こういったイベントは、体重管理の面からすると、監視対象の的(笑)。今まで積み上げてきた体重管理も、1回の暴食によって一瞬にして崩れてしまいますね。

こういう会で、妊婦さんはお酒を飲まないという決意を持っていると思いますが、それと同じくらい、必要以上に食べない気力を張るようにしたいものです。

妊婦さん
妊婦さん
も、も、もしですよ、誘惑に負けてしまったら、どうしたいいのでしょう?
 

その際は、たくさん食べてしまったことを、いろいろ思い悩まずに、翌日からできること=リセットに向けて、気持ち新たに出直ししましょうね。

参考:妊婦さんの暴食、食べ過ぎた翌日は、不足栄養素を食べてリセットを!

 

産前休暇

出産予定日まで2か月を切ると、そろそろ産休に入る時期。産休に入る前に、産休における1日の過ごし方を考えておくといいでしょう。

産休に入る前まで忙しく仕事をしていた妊婦さんが、いざ休暇に入りご自宅にこもるようになると、時間をもて余すあまり、間食が増えてしまいがち。そうなると、急激に体重が増加。

妊婦さん
妊婦さん
私の先輩は、赤ちゃんのために編み物をして過ごす、と言ってたなぁ。

 

里帰り出産

出産はいろいろと大変なので、里帰り出産をする妊婦さんは多いもの。実家で過ごす、久しぶりの休日といった感覚に。

仕事も、家事も特にしない、ゆっくりした時間。特に動かないので、運動不足は体重増加にききますよ~

妊婦さん
妊婦さん
ザ・妻から、ザ・娘になれる時間。人生こういう時間を持ってもいいですよね。出産後は、ゆっくりしていられないから。 

 

臨月に入って

妊娠36週を過ぎて臨月に入ると、いつ陣痛が来てもおかしくないことから、出かける予定を極端にセーブしてしまう妊婦さんも。

適度な運動は、陣痛が始まるまでは行ってもよいので、軽いウォーキングくらいは続けたいもの。

助産師さん
助産師さん
運動をしないと、体力や筋力が極端に落ちてしまうので、出産で頑張る力が発揮できないことにつながります。

妊婦さんになって、消費カロリーが減っているところ、臨月には赤ちゃんが下がってくるため、胃の圧迫が軽減され、食欲が再び増加する時期。

この時期は、出産に向けて体力を維持したいもの。もう体重増加で叱られることは心配せず、食べ過ぎることだけには気を付けつつ、運動をして筋力の維持に努めたいですね。

 

ストレス

妊娠中は、身重になることで、これまでできたことが思うように自由にできなかったり、動けないことで諦めたり我慢したり。そんなことがストレスになります。

加えて、身体の変化や、体重管理のために、食事に気を付けざるを得ないことも、ストレスの要因となるでしょう。

そんなストレスから暴食をしてしまい、その結果暴食をしてしまった自分を責める妊婦さんや、中には、ストレスが蓄積された反動で拒食になってしまう妊婦さんも。

妊婦さん
妊婦さん
妊娠するまでは、赤ちゃんができるまでの期間限定のストレスだと思っていました。妊婦生活に入ると、それはそれでストレスが・・・いろいろ難しいですよね。 

こうしたストレスは、女性ホルモンバランスの乱れを加速させるので、手足の血流を悪くする原因になるなど、デメリットがありますので、食べたい衝動を抑え込んでしまうのは良くないのです。

参考:妊婦さんの炭水化物ばかり食べる暴食癖。食べ過ぎを解消する方法は?

 

妊娠後期の暴食!おにぎりばかり食べたくなるのは、食欲異常?どう解決したらいい?

妊娠後期の暴食で、おにぎりばかり食べたくなる・・・これって食欲異常なのでしょうか?この食欲は、どう解決したらいいのでしょう?

おにぎりは炭水化物。炭水化物は体内でブドウ糖に変換され、エネルギーになるもの。炭水化物は早く消化されるためか、食事をとった後にすぐにお腹がすいてしまいがち。その結果、またおにぎりを食べたくなってしまうといった悪循環に。

 

運動

適度な運動は、停滞している血流をよくする効果が期待できます。それは運動と名前がつくものでなくてもOK。

日常の家事であっても、窓ふき、床の雑巾がけなどの掃除で筋トレすることだってできるんです。お腹に力を入れないように、また転倒をすることのないよう、気を付けながら、毎日続けることで筋力をつかたり、持久力をつけるようにしましょう。

助産師さん
助産師さん
筋肉をつけると体温が上がり、代謝もアップするので、ダイエット効果も期待できるんですよ!

食事

ご存知かもしれませんが、朝ごはんのパンをお米に変えると体温アップが期待できます。また、野菜や果物や生ものであれば、体を冷やすと言われます。冷たい飲み物は推してしるべし。

身体を温める食材は、根菜類(イモ類、大根、ニンジン、ゴボウなど)がおすすめ。加熱したものを食べるようにするとよいでしょう。

身体を温めて血行を促す

お風呂にゆっくりつかるなどして、体を温め、血行を良くすると、基礎代謝が上がると共に、むくみも改善されるのでおすすめです。基礎代謝があがれば、普段の生活上でも、エネルギーがより多く消費され、体重が増えにくくなりますね。

湯たんぽなどで、体の外部から温められると気持ちもリラックス。一方、白湯を飲むと体の中から温まり、手足の冷えの改善にも。たらいを使った簡単フットバスや半身浴などもオススメですよ。

妊婦さん
妊婦さん
私は湯たんぽを使っています! 

筋肉をつけると体温が上がり、代謝もアップするので、ダイエット効果も期待できるんですよ!。

 

妊婦さん必見! 体重管理に悩むのを終わらせるには?

妊婦さんの食事管理は、とかく気を付けることが多いもの。

  • できれば、和食
  • 塩分は控えめ
  • 栄養はあれど、低カロリーなものを
  • これらに、レコーディングダイエットや食べ順ダイエットを加えて・・・

1日3食、しかも毎日。はっきり言って、大変です・・・・。もっと簡単にできることはないかなぁと、お困りのあなたに、ぜひ試して欲しいことが。

糖質制限で、もう体重管理に悩まない!

食事から糖質だけを取り除く、だけど、たくさん食べてOK!、という”糖質制限ダイエット”は世界的にも大人気。でも、忙しい平日に、ご自分で糖質制限を行うのは、難しいもの。

なぜなら、慣れないうちは、糖質の少ない食材や調味料を選ぶのに、とても時間がかかるから。

実は、プロの管理栄養士と一流シェフによって作られた美味しい糖質制限食を、自宅まで届けてくれる“糖質90%オフの宅食サービス” があるんです。

あなたに必要なのは、“このお弁当を食べる”、たったこれだけ。それだけで、”5つの嬉しい”がかなうんです♪。

  • ご飯を作る時間が省略できて、その分、自由な時間を確保
  • 夢にまで見た、しっかり食べても太らないが実現。
  • もう、体重増えすぎの心配をしなくていい
  • ストレス解消に暴食、という”負のループ”から脱却
  • 安産を迎えることができる!

→糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH- ナッシュ」 

 

食事作りは、まるっとプロに任せ体重増えすぎのストレスから、ご自分を解放してあげましょう。そして、生まれる前にやっておきたいことを”存分に楽しむ”のが、時間とお金の”賢い”使い方

 

 

さて、妊婦が糖質制限しても大丈夫?と心配される方がちらほら。もちろん、いきなり3食すべてを糖質制限するのは、さすがに勇気がいるもの。

だから、妊婦さんは1日1回、食後の血糖値が下がりにくい夕食のみを”プチ糖質制限”するのがおすすめ。

 

ではここで、産婦人科医である宗田先生のインタビューのご紹介。すべての妊婦さんに必見の映像です。

いかがでしたか?先生は、以下のようにお話しされていましたよね。

糖質過多は太る原因。妊娠中の食生活を見直すことで、安産になる。また産後も、その食生活を継続することで、家族が幸せになる。」

 

ではもう1つ、病院の取り組みやご自身の被験データをもとに、糖質オフを提唱されている、京都の名医、江部康二先生が述べられている内容も、ご紹介しておきますね。

・「妊婦が糖質制限すると、赤ちゃんが将来生活習慣病になる」という論文は存在しない。

人間は体内で糖質を作る”糖新生”を行うもの。だから、糖質制限の結果、低血糖になるなど、心配する必要はない。

 

これまで、カロリーを気にして、食べる量を制限していたアナタ、食生活を”糖質過多”から”糖質オフ”へと改善を!。その代わり、食べる量はしっかりとって大丈夫

糖質量に気を付けるなら、外食だって、ステーキ食べ放題だって、ビュッフェまで解禁に!。これぞ、夢にまで見た、食べて痩せる!ですね。

 

最後に、産婦人科医宗田先生の、もう1つのインタビューをご紹介します。

いかがでしたか?先生は、以下のようにお話しされていましたよね。

赤ちゃんに必要なのは、肉、魚、卵等のたんぱく質。妊婦さんが好む、白米やパン、麺類、イモ類などは、赤ちゃんへの栄養が少なく、糖質ばかりが多い。

 

ですから、今日から、糖質が少なく、赤ちゃんに栄養のある、”肉、魚、卵”をたくさん食べましょう!

肉料理、魚料理はもちろん、ご自分で調理することができます。でも、自炊で気を付けなければいけないのは、塩分のとりすぎと、みりんなど調味料に入っている糖質の摂り過ぎ

和食はヘルシーと言われますが、糖質制限の観点からすると、みりんや砂糖を多く使うので、糖質過多に要注意の食事なんです。

 

糖質90%オフのNOSHには、肉料理、魚料理のメニューもたくさん砂糖不使用など、もちろん、調味料に至るまで糖質計算に配慮。新メニューも定期的に追加。だから、飽きることもありません。

 

糖質は妊婦さんの太る原因で、赤ちゃんに栄養がないもの。だから、今すぐプチ糖質制限を始めましょう!NOSHのメニューを食べることで、食べない我慢や、体重増えすぎの心配、ストレスからの暴食、そんな状況から、いち早く、ご自分を解放してあげましょう!

あなたが糖質制限を始めるのを、赤ちゃんは今か今かと待っていますよ!。

 

電子レンジでチンするだけ!平日の夫婦の夕食は糖質制限食を!1食548円から。
糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH- ナッシュ」 

 

まとめ

いかがでしたか?。

妊婦さんが炭水化物ばかり食べると、かえって赤ちゃんには栄養が届かずに、妊婦さんの脂肪になってしまう・・と聞いたことが。

炭水化物はお腹がすいたときに、つまみやすいもの。一般に一日に必要な炭水化物(糖質)量は基準を超えていることが多いので、日頃から糖質過多には気を付けたほうがいいと言われます。

かといって、炭水化物をまったく摂らないと、体力が出ない(出産が頑張れない)、筋力が落ちるということで、食べ物の摂り方のバランス、難しいですよね。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村