妊婦のダイエット

これは妊娠後期のつわり?食事を食べられない影響、どうしのぐ?

妊娠後期。

妊婦さんは出産を間近に控え、体も心も準備段階に。入院準備は大丈夫かな?退院後の生活に必要なもの、特に赤ちゃん関係は、購入済みかな、、などチェックに余念がないことでしょう。

妊婦さんによっては、赤ちゃん専用の洋服入れを用意されているのではないでしょうか。ここに洋服を、こっちに手袋を、あっちに靴下を・・・どれももちろん、赤ちゃんサイズ(笑い)。赤ちゃんが心待ちにしながらの、たいへん楽しい準備です。

 

一方、お腹の方は、ますます大きくせり出し、私のおヘソは、あと何cm、私から遠くなっていくのでしょう?(笑)。

ところで、今回は、”妊娠後期のつわり”について。体の変化に伴う、吐き気・胃もたれ・便秘などの症状があれば、それは”妊娠後期のつわり”の可能性が。このようなときの食事のとり方について、一緒に確認をしていきましょう。

”妊娠後期のつわり“とは?

「妊娠後期のつわり」とは、およそ妊娠8ヶ月以降に、吐き気などの症状が見られること。 子宮が赤ちゃんの成長に伴って広がり、胃を持ち上げたり圧迫したりするために起こるとされています。胃とともに腸も圧迫され、便秘が悪化して吐き気につながることも。

また、妊娠中のホルモンバランスの影響で、増え続けるエストロゲンが、全身の筋肉を緩める作用があることから、胃の入り口が開き、胃酸の逆流が起こりやすくなることも。

妊娠後期つわりの症状は、食事を”食べられない”?

嘔吐(おうと)・吐き気

妊娠後期のつわりの症状は、おおかた嘔吐と吐き気。妊娠初期のつわりと異なる点は、胃酸が逆流しやすい点。嘔吐が続くと、胃酸で喉が痛くなるので、嘔吐をおさえ、吐き気でとどめることができるとよいでしょう。

胃もたれ・胸焼け

食事をとった後に、胃もたれや胸焼けを感じることが。無理に食べようとしないのがコツ。無理をすると症状が悪化しかねないことに

胃痛

みぞおちの辺りにチクチクした痛みや、胃がギュッと締め付けられるような感じが。胃の動きが鈍っていることが原因で、消化不良や胃酸の逆流が起こる可能性も。

便秘

妊娠後期には子宮底長が30cmほどにもなるため、腸をかなり圧迫。そのため腸の動きが鈍り、消化吸収や排便がスムーズにいかず、便秘になってしまうことが。ひどい便秘は、吐き気の原因になる可能性があるので、早めに解消したいもの。

息切れ・動悸

妊娠中はホルモンバランスの影響で自律神経が乱れ、息苦しさを感じる人も。また、妊娠後期は、大きくなった子宮が肺を圧迫するも。さらに、血液量が増加するために、心臓の負担が増え、息切れや動悸が起こりやすい。

息切れや動悸が、妊娠後期のつわりの症状であれば経過観察してOK。ですが、頻度が多い場合や、あまりに息苦し場合は、医師の診察をおすすめします。

妊娠後期に、食事を思うように食べられない影響、どうしのぐ?

食事量が減っても、回数でカバー

食事をとると気持ちが悪くなるのが、妊娠後期のつわりの症状。1回の食事量を減らし、その代わりに食事の回数を増やしてみてはいかがでしょう。

たとえば、3度の食事の合間に、間食をもうけるのもおすすめ。小さめのおにぎりやサンドイッチそして煮物などの惣菜類、栄養価が高くつまみやすいものを、予め用意しておくのがおすすめ。

体調が良いときに、多めに惣菜を作りおきしておくと、電子レンジでチンして、すぐに食べられますね。そうそう、甘いものは胃に負担をかけることもあるので、お菓子に手をのばすのは、ぜひ避けて。

消化しやすいものを選ぶ

胃腸へ負担をかけない、できるだけ消化のよいものを食べるのがおすすめ。

消化のよいものの例

  • 半熟卵
  • 牛乳(胃壁を保護する働きがある)
  • 大豆製品(納豆、豆腐、味噌)

これらタンパク質。タンパク質は胃の回復力を高めるされ、なるべく柔らかく煮込むほど、胃への負担が少ないと言われています。

食後数時間は、体を寝かさない

胃酸の逆流を防ぐため、食べ終えてから消化活動が落ち着くまでの、食後3時間ほどは、身体を寝かさないことが大事。食後は胃酸の働きが活発になっているため、体を横にすることで吐き気や胸焼けの原因になることが。

 

妊娠後期の妊婦さん、食欲がなくて食べられるないときは

妊娠後期の妊婦さん、つわりで思うように食べられない結果、野菜不足が生じてしまう方も。食べられなあにのに野菜不足を補う方法、何かいいものはないでしょうか?

実は、野菜不足からくる体調不良や、便秘の症状を改善するのに、酵素ドリンクがおすすめ。そもそも、酵素ドリンクは、主に野菜や果物を発酵させたもので「発酵食品」とも言えるもの。そして酵素ドリンクそのものには、バランスの取れた栄養が。

なお、妊婦さんが飲むことで、体に酵素が補給され、体内の酵素が増加するすることに。胃腸が圧迫されて、消化の力が弱くなっているのですから、酵素ドリンクにアシストしてもらいましょう。

酵素ドリンクの効果についての詳細は、妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

まとめ

妊娠後期のつわりの症状や対策、いかがでしたか?。

私は妊婦さん時代、貧血で鉄材を処方されたことがあるのですが、鉄材を飲んだあと、なんだかムカムカしてきたので、飲むのをやめてしまいました(笑)。が、そのムカムカは、今思えば、妊娠後期のつわりだったのかもしれません。

妊娠後期のつわりの症状、生活習慣からの改善も効果があるそう。例えば、よく噛むこと毎日なるべく同じ時間に食べるようにすること、など。

家事や仕事などのスケジュールを、できるだけ余裕を持って行動できるように、組み立てるようにすることもおすすめ。そうすることで、思うように食べられない、動けない中、より楽しく過ごせたらいいですよね。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村