妊婦のダイエット

妊娠中の食べづわり?肥満妊婦のダイエット、成功の鍵は食事制限!

私は昼時になると、なんとなく”気持ち悪くなる”。そんな日が続いていました。

朝食を食べてから時間が経つのに、なかなかお腹が鳴らない。空腹も感じないなぁと思っていたら、お腹が鳴る代わりに、気持ち悪くなっていることに気が付き・・・

これって、もしかした食べづわり?身体はお腹がすいているはずなのに、空腹の感覚がなかなか湧いてこない不思議な現象。

人により、つわりの症状はそれぞれ。今回は、妊婦さんの中では浸透しつつある用語、”食べづわり”にスポットを当て、その内容、対策、肥満妊婦になってしまった場合の対処などについて、お話しをしています。ぜひ参考にしてくださいね。

妊娠中の食べつわりとは?

よく知られている“つわり”は、ムカムカした気持ち悪さから「食べることができない」というのが、有名な妊婦さんの症状。一方「食べつわり」とは、何か口に入れていないと(食べていないと)、ムカムカしてくる症状。空腹を感じると、気持ち悪さを強く感じる症状のことです。

食べて楽になるなら、ずっと食べ続けていればいいのに・・・というのは早計。妊婦さんは個々に、出産までに増やしてよいとされる体重の目安が決まっている。食べつわりの妊婦さんは、体重管理の初期段階であまりに体重を増やしてしまうと、後々の体重管理に大変苦労することに。

また、体重の増えすぎや急な体重増加は、その後の体調や出産に悪影響の可能性が。ですから、吐き気を楽にしつつ、体重を過度に増やさないようにするバランスとても難しい。では、どのような対策をとればいいのか、お話しを進めていきますね。

食事の回数を増やす

食べづわりの症状を和らげるためには、できるだけ空腹を感じないようにすることが大切。空腹を我慢すると、ますます気分が悪化。

いつも何かを食べていなければ、いられない吐きづわりには、食事の回数を1日3食のみならず、捕食を加えた1日5~6食に増やすことをおススメします。

でも、食事の回数を増やすからといって、1日に必要な摂取カロリーをオーバーすることのないよう、1回の食事の量やカロリーには配慮が必要です。

食事の量を減らす

食事の回数を増やすので、1回の食事の量を減らしても、お腹の赤ちゃんや妊婦さんへの影響はないので、大丈夫。

例えば、1回は主食と主菜のみで、副菜はなし。2回目は、副菜のみなどにして、分けるようにすれば、栄養面の心配はありませんよね。

同じご飯でも、1回目は茶碗に盛り、2回目はおにぎりやお寿司などにするのも、気分が変わってよいかもしれませんね。

よく噛んで食べる

よく噛むことで満腹中枢を刺激。これにより食べ過ぎの防止や、気持ち悪さの軽減ができる場合も。食材をわざと予め大きめに切っておくと、食事を摂る時に、噛む回数が多くなるので、自然によく噛んで食べるようになりますね。

飴やガムなどを活用

お菓子などはカロリーが多いので、空腹感からくるムカムカを抑えられるとしても、できるだけ甘いおやつは控えたいところ。

そんなときに、飴やガムなどを利用してみて。量が少ない一方、舐めたり噛んだりしている時間を長くもたせることができるので、食べつわりにはもってこいですね。

あたたかい汁物や飲み物を活用

温かいスープやみそ汁などには、胃をリラックスさせ、満腹感を与える効果が。食事の際に、必ず汁物をプラスすると、食事量を減らせる効果が。

食事と食事のあいだには、ハーブティーを飲む時間を設けると、消化器官だけでなく心もリラックスできるとか。ただし、ハーブティーの中には、妊婦さんに禁止とされるものもあるので、確認をしてから飲むようにして。

食べづわりで太ってしまったら?肥満妊婦のダイエット、成功の鍵は食事制限?

食事制限は中期以降から

妊婦さんが、体重を増やさないために、食事制限をするのは、妊娠中期(16週目~)以降にするようにして。

なお、妊娠初期のダイエットは、流産等の可能性が高まるので、控えるようにして。妊娠初期段階から、ダイエットの必要性を感じている人は、まずはかかりつけ医に相談をしてみるとよいでしょう。

妊娠中期以降の体重管理は、お腹の赤ちゃんの発育に影響するので、より食事内容に意識しつつ行うことが大切。

低エネルギー食

肥満妊婦さんの場合、1日の総エネルギー量を見直す必要が。ただしお腹の赤ちゃんへの栄養補給を欠かしてはならないので、たんぱく質やビタミン・ミネラルは、十分に摂るようにして。欠食や1日に食べる全体量を減らしてしまうのは、良くありません。

代わりに、脂肪となって蓄積されやすい、炭水化物や脂質などの摂取量は抑えるようにすることで、1日トータルの摂取エネルギー量を減らすようにしてましょう。

急激な体重変化

妊娠中全体を通して、過度なダイエットは禁物。たった1日で、あるいは、たった1週間でなど、短期間で体重を激減させたい要望のある妊婦さんもいますが、食べないダイエットや短期間でのダイエットは、妊婦さん自身やお腹の赤ちゃんに負担がかかるもの。

食べない工夫よりは、身体の代謝をUPさせることに比重を置くといいですよね。

肥満妊婦のダイエットで、控えたい食事

高カロリー食品

スナック菓子などの油が多いものは、カロリーも高いので控えたいもの。また、油っぽい食品は塩分が多いことから、妊娠高血圧症候群の原因になる場合もあるので注意が必要です。

甘味食品

お菓子、アイス、ケーキなど、砂糖がたくさん含まれる食品の摂取は、体重増加に直結。 また、妊婦さんが積極的に摂るようにしたい、ビタミンやミネラルがほとんど含まれていないため、栄養不足になりかねない。 甘いお菓子は特別な時だけにとどめ、普段はなるべく食べないようにしたいですね。

生野菜

生野菜の多量摂取は、体を冷やすと共に胃腸障害になる可能性が。 できれば、加熱調理してから食べるようにするなど一工夫を忘れずに。

肥満妊婦さんは、体重管理に悩んでいるもの。食事でも運動でもなかなか効果が得られない場合は、以下の記事を見てみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

まとめ

妊娠中の食べつわりとは、どのようなものか、またその対処法について、お話しをして参りました。また、食べづわりで太ってしまった場合の、肥満妊婦さんのダイエットについて、食事制限についてのご紹介もしました。食事制限がダイエット成功の鍵となるかもしれません。ぜひ取り組んでくださいね。そして体重で注意されることから開放され、素敵なマタニティライフを送って欲しいと思います。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村