妊婦のダイエット

妊娠中はウォーキングで痩せた!?太りすぎ妊婦のダイエット成功法。

妊婦さんは、妊娠中に適度な運動をするのがおすすめ。でも、中には、「体調がすぐれない」、「お腹が大きいので運動は苦手・・・」という方も。

過度な運動はもちろん控えた方が良いのですが、体をあまり動かさない状態が続くと、筋肉量が減って体力が衰えたり、体の基礎代謝が落ちたりしてしまいがちなんです。

妊娠週数が進み、大きなおなかを支えるようになれば、なおさら日々の体力が必要に。そのために、日頃から体を鍛えておきましょう。また、分娩時は、長い時間、更なる体力が必要になってくるので、ますます体力が求められますね。

助産師さん
助産師さん
妊婦さんの健やかな妊娠生活と元気な赤ちゃんを産むため、そして、その体力づくりに運動は必要です。毎日、ご自分の体調と相談しつつ、無理がない範囲で、適度な負荷の運動に取り組むことをおすすめします。

 

妊娠中に、気軽にとりくめるウォーキングで”痩せたい”と思う人は多いもの。数あるマタニティスポーツの中でも、ウォーキングは「もっとも気軽に挑戦できるもの」といってよいでしょう。お金もかからないですしね。

もちろん、難しい知識も不要で、いつでも、誰でも、いつからでも取り組むことができるもの。体に負担が少ない割に”全身運動に近い”有酸素運動なので、脂肪が燃焼されやすく「痩せたいを叶える」のにぴったりですね。

では、ここで妊娠中に実践したいウォーキングについてご紹介します♪

妊娠中のウォーキング、痩せたいけれど効果は?

ウォーキングの効果は、こんなにたくさん!

  • 下半身・骨盤の筋肉強化
  • 出産時に必要な体力がつく
  • 関節などの動きをスムーズにする
  • 血行促進により冷え性改善・むくみ解消
  • 足がつる症状を解消
  • 体重増加が抑えやすくなる
  • 妊娠高血圧症候群の予防
  • 気分転換になる
妊婦さん
妊婦さん
体力がついて、体の調子が整い、体重増加が抑えられ、よい気分転換が望めるので、私も取り組んでいますよ

妊娠中のウォーキング、いつから始めるべき?

ウォーキングに限らず、妊娠中の運動を開始するのは、基本的には安定期に入ってから。妊娠初期は流産しやすい時期ですから、ぜひ避けて。

助産師さん
助産師さん
妊娠経過が順調であること、かかりつけ医から運動の許可が出ているなら、安定期から始めてよいでしょう。

妊娠中のウォーキング、適した時間帯とは?

春先や秋場は気候もよく、ウォーキングに出かけやすい一方、夏場はウォーキングの時間帯に注意が必要。

夏は特に、日差しの強い時間帯や紫外線の強い時間帯は避けましょう。体の負担が大きいと日射病などにもかかりやすくなりますね。朝や夕方などの日差しが弱まった時間帯にウォーキングするのがおすすめです。

毎日同じ時間にウォーキングを行うと、良いリズムができますね。

距離は長くなくてもOK。距離や時間が短くても、毎日継続する効果は十分。短い時間から始め、徐々に時間を長くしていくとよいでしょう。長くといっても、30分程度にとどめるのがおすすめです。

妊娠中のウォーキング、1日どれくらいする?

ウォーキングは、長い時間歩けばそれだけカロリー消費が望めるものの、体の負担を考え、1回当たりの目安は、15~30分に。長くても30分と制限を設けましょう。少しお休みして、久々に再開する時は、15分から取り組むのがおすすめ。

そして、1日あたりのウォーキング時間は、妊娠中期で1日1時間、妊娠後期で1日2時間が目安です。

妊娠中のウォーキングはフォームも大事。

ウォーキングをする際には、脂肪燃焼効率をアップさせるためにも、姿勢も重要。背筋をただし、胸を張って、視線は目線よりやや上を向くようにしてみて。

骨盤まわりの筋肉を使い、腰からしっかり足を踏み出すようイメージを持ってみて。筋力アップがさらに期待できますよ。

イメージを持たずにウォーキングするのと、筋肉を意識して歩くのでは、まったく効果が異なるので、骨盤まわりの筋肉を使って必ず一歩一歩、足を動かすイメージでウォーキングしましょう

妊娠中のウォーキングの服装

ウォーキングの際の服装は、締め付けのない楽なもので、風通しが良いものがおすすめ。運動して体が温まった際に、脱ぎ着できる、カーディガンやパーカーなどを上に羽織って、出かけるのがおすすめですね

また、靴は衝撃をきちんと吸収する、底部分のクッション素材がしっかりしているスニーカーなどを履いて出かけましょう。

妊婦さん
妊婦さん
私も日焼け防止素材のウェアを買いましたよ! スニーカーも買いました。形から入るのも、気分があがってよいですね。

妊娠中のウォーキングで気をつけたいこと

妊婦さんが運動を始めるにあたって、いくつかのポイントがあります。

大切な赤ちゃんがお腹にいるので、体調の良くない日やお腹の張りのある日は、無理して運動をせず、安静を優先して。運動は、自分の体調の優れているときに、様子を見ながら、気持ちよく取り組むのが一番です。

ウォーキングをする前には、必ずストレッチを。予め、体をほぐしておくのを忘れないようにしましょう。ふくらはぎ、アキレス腱、すねはもちろん、肩や首もしっかりストレッチしておくのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?赤ちゃんが生まれるまでの間は、ちょっぴり不安なこともあるでしょうが、 生まれてしまうと毎日あたふたして、ゆっくりウォーキングをしていた頃が懐かしくなると思います。

ご自身のマタニティライフを健やかなものにするためにも、赤ちゃんに外の世界を教えてあげるためにも、ぜひウォーキングをしてみてくださいね。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村