妊娠中の体重管理

妊娠中何もしてないのに太る、太るのが怖い。どうしたらいい?

助産師さん
助産師さん
妊婦さんは、毎日体重計に乗るようにしてね。そうすることでダイエットがしやすくなりますよ・・・

と指導されたことはありますか?毎日ご自分の体重をチェックすることで、前日何を食べたからかなぁとか、最近に増え幅は大きいぞ、イベントがあったからかな?など、自分なりに原因分析して、今日から食事や運動をどうするかに役立てるというもの。

ですが、体重計に乗るのが怖い方は、なかなか体重計に乗れないもの。さてはてどうするか・・・体重を増やしたくない気持ち、とてもよく分かります。ただぜひ、体重計に乗る習慣は持ってほしいもの。

妊娠中何もしてないのに太るという妊婦さんへ、太るのが怖い、どうしたらいい?の解決につながるような記事を、今回は書いてみましたので、ご覧くださいね。

妊娠中何もしていないのに太るという妊婦さんへ、妊娠中のダイエットとは

赤ちゃんをお腹に授かり、幸せな妊婦生活が始まったあなた。でも、妊娠中の体重増加が、いつも心のどこかで、とても気になっているのではないでしょうか?

妊娠中の体重増加が自然のこと。分かってはいるけれども、体重計に乗るたびにどんどん増えていく数字を見ると、安産になるかしら?、産後体重減らせるのかしら・・・、と不安になりますよね。

さて、妊娠中のダイエット、妊婦さんも取り組んでよいもの?それとも、体重コントロールに専念すべき?ダイエットしたら赤ちゃんに栄養が届かなくなるの?

妊娠中には誰でもあるこの悩み。健康な赤ちゃんを産むためにも妊娠中の食事やダイエットについて詳しく見ていきましょう。

妊娠中は体重が増える?

妊娠することで、赤ちゃんの体重も増えるのはわかっているけれど、妊婦さん自身が太っているかどうか、よく分からないもの。妊娠中の体重増加の目安や食事について、一緒に見てみましょう。

妊娠中の体重増加は当たり前

先ず、妊娠すると妊婦さんの体重は増えます。これは自然なこと。妊婦さんの体重には、すでに、赤ちゃん、羊水、胎盤の重さ、そして赤ちゃんを守るための脂肪の重さが加わっています。脂肪は、妊婦さんのおなか周りや胸周りに、赤ちゃんを外敵から守るクッション代わりになるものとして、蓄えられることに

これはおなかの赤ちゃんにとっては大切だから起こっていること。それを理解したうえでダイエットを考えていきたいですね。

二人分食べなきゃ”はウソ

「二人分食べなさい」という今は昔の言葉。今の時代において、本当に二人分も食べたら、さすがに食べすぎですね。

赤ちゃんがしっかり成長するのに必要なエネルギーは妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期になるにつれて増えていくものの、さすがに二人分には満たないもの。

赤ちゃんは妊婦さんの身体をかじってでも成長するとも言われますので、二人分食べるのは控えましょう。

体重増加の目安について

体重増加の目安は、妊娠前の体型によって決まってきます。妊娠前の体型は、以下BMIから確認することができるので見てみましょう!

BMI(ボディ・マス・インデックス:肥満指数の判定式)を調べてみましょう。まずご自分がどの体型なのかご確認ください。

BMI=妊娠前の体重(kg)÷[身長(m)×身長(m)]
(例)A子さんの場合:身長150cm、体重45kgの場合⇒45÷(1.5×1.5)=20)

<妊婦さんのもともとの体型>

  • BMI18.5未満・・・・・・低体重の体型
  • BMI18.5~25.0未満・・・普通の体型
  • BMI25.0以上・・・・・・肥満の体型
助産師さん
助産師さん
A子さんは、”普通体型”の方となりますね。

目安となる体重とは

妊婦さんのもともとの体型ごとに、妊娠前に比べて、どのくらいまで体重を増やしてよいかといった目安があります。

もともとの体型が

  • 低体重の体型:9~12kgまで
  • 普通の体型:7~12kgまで
  • 肥満の体型:かかりつけ医師にご相談を

ご自身の目安体重が分かりましたか?臨月まで、この数値を目安に体重管理をしていくことになるんですよ。

 

太るのが怖い、どうしたらいい?

Anemone123 / Pixabay

太りたくない妊婦さんにとって大事なのは、

  • 赤ちゃんに必要な栄養を届けることと
  • 過度に太りすぎないこと

このためには、栄養価はあってもカロリーの低いものをしっかり食べつつ、脂肪分を燃焼させるべく、しっかり運動することが大事です。

妊娠中のダイエット、気を付けたい5つのこと

「食べない」という選択をしない

食べる量が少なすぎると赤ちゃんが低体重になったり、低体重で生まれた赤ちゃんに合併症がでてしまったりというリスクが高まります。適切な量を食べて、赤ちゃんへ栄養をしっかり供給しつつ、代謝をあげることで余分な脂肪がつくのを防ぎたいですね。

体重が増えるのが、そして太るのが怖くても「食べない」ダイエットは赤ちゃんに直結して危険なので、控えるようにしましょう。

ダイエットサプリは使わない

妊娠前にダイエットサプリを使用していた妊婦さんは、妊娠後はいったん手放して。基本的に妊娠中のダイエットサプリ摂取は、ほぼどのメーカーであっても禁止。どうしてもという場合は、必ずかかりつけ医と相談してみて。

妊娠中のダイエットはサプリでなくて食事や調理法、運動で行うようにするほうが賢明です。

ちゃんと栄養を摂りましょう

妊娠中は、妊婦さんと赤ちゃんが必要とする栄養分をきちんと摂る必要が。三大栄養素に加え、ビタミン、ミネラル、鉄分、カルシウム、葉酸、これら全てが必要不可欠。カロリーを気にするあまり、栄養不足になったりしないようにしましょう。

ファーストフードやコンビニ食の利用はなるべく避け、良いとされる食品から、必要な栄養素を摂るように心がけましょう。

妊娠中はできるだけ自炊をするのがおすすめ。健康食レストランに行くのもいいかもしれません。赤ちゃんのことを考えて、ヘルシーでおいしい食事を楽しむようにしたいですね。

調理法の工夫を

しっかり栄養を摂りつつも、太りにくくするためには、GI値のコントロールは大事。特に揚げ物やファーストフード、パスタやパンなどはGI値が高く、太りやすいものです。

自炊する際は、蒸す、ゆでる、という加熱法に変更を。GI値も低く抑えられ、おいしい野菜などの栄養素をたくさん摂取することができるでしょう。

妊娠中でも運動を

妊娠中に行う運動といっても、激しいスポーツは禁物!おすすめなのは、ウォーキングやマタニティスイミング。また、マタニティヨガやストレッチ、足踏み運動なども、有酸素運動なので良いでしょう。

運動は安定期を過ぎてから、妊婦健診の経過が順調であれば、取り組んでよいでしょう。その日の体調を見極めてから行うことと、異変を感じたら無理せず中止することが大事ですよ。

妊娠中だけど太りたくない!妊娠中のダイエットについて

妊婦さんの食事管理は、とかく気を付けることが多いもの。和食がいい、塩分控えめ、高タンパクで低カロリーなものを・・・そして食べたものを記録したり、食べる順序にまで注意をはらう・・・これが毎日3回訪れるのだから、ムズカシイ。

食事管理が大変。もっと簡単な方法がないかなぁとお困りのあなた。そんなときは、低カロリーながら栄養のある酵素ドリンクを、おやつ代わりに使うのはおすすめ

酵素ドリンクは、主に野菜や果物を発酵させたもので「発酵食品」とも言えるもの。そして酵素ドリンクそのものには、バランスの取れた栄養が。

妊婦さんが飲むことで、体に酵素が補給され、体内の酵素が増加するので、以下のような効果が発揮されることに。

  • 摂取カロリー抑制効果
  • 代謝向上の効果
  • デトックス効果
  • 健康の増進効果

酵素ドリンクの効果についての詳細は、妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

 

まとめ

いかがでしたか?。体重管理に悩む妊婦さんは、いっそ体重という言葉だけ、記憶喪失になってしまいたいと思いますよね。今回の記事では、過度なダイエットは控えること、妊娠中に避けたいことがらをまとめてみました。ぜひこの体重管理を乗り越えて、かわいい赤ちゃんとのご対面を迎えて欲しいと思います。安産を応援しています!

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村

マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村