妊娠中の体重管理

妊娠中期、妊婦は顔太るもの?太っていく自分が嫌になる!対策ある?

最近、朝起きて、自分の顔を見るとなんだかむくんでいるような。昨日夜遅かったからかなぁ。最近仕事が大変だからなかなぁなどと思いつつも、これといった対策をしてこなかったあなた。実は私もそうでした。

妊婦さんのお腹には、今赤ちゃんがいるので、身体によくないむくみをぜひ取り除いて、身体も心もすっきりした状態でマタニティライフを送って欲しいもの。今回の記事では、顔が太る症状は原因やその対策についてお話しをすすめています。一緒に見ていきましょう!

妊娠中期の妊婦さん、顔太るもの?その症状とは?

むくみとは、血液中の水分が体内に溜まること。全身に水分が溜まる場合もあれば、顔や手、足などの体の一部分に水分が溜まる場合も。むくみの症状をみていきましょう。

腎性浮腫

尿が出にくくなり、顔、手足がむくむ症状です。塩分の摂りすぎには注意が必要。

妊娠高血圧症候群

むくみがひどい場合には、この病気の症状が原因の可能性が。早めに医師に相談しましょう。

顔が太っていく自分が嫌になる、その原因とは?

妊娠中期とされる妊娠12週目頃から、血しょう(水分量90%以上と多い)を含む血液が体内に増えるため、むくみやすくなります。

また、体が冷えると血流が悪くなりがち。血流が滞ると、体内の水分がうまく排泄されず、水分が溜まり、妊娠中期のむくみの原因となるわけです。

疲労や睡眠不足

顔のむくみの原因の多くは、疲れとされています。朝起きたとき、疲れが残っていると顔のむくみはひどかったりしますよね。

仕事

働く妊婦さんも増えていることは、妊娠中期のむくみにも影響。デスクワークなど同じ姿勢を続けていることが多いと、血流が悪くなりがちです。これが妊娠中期のむくみの原因に。

また、仕事の疲れやストレスが直接、むくみの原因になることも。

塩分過多

塩分のとりすぎむくみの大きな原因に。人は体液の塩分量は一定であるため、塩分を摂りすぎると、塩分濃度を薄めようと、身体が動きます。

そのため身体が水分を欲しがりのどが渇くことに。その結果、体内に水分が増え、むくむ原因に。

妊娠中期の顔太り対策とは?

顔やせエクササイズの方法

まず、ペットボトルを用意します。できれば、少し柔らかいタイプのペットボトルがよいでしょう。(いろは○など)。

では、小顔にするためのエクササイズの方法をご説明しますね。

  1. 口を『“お”の形』に開け、唇でペットボトルの口をくわえる
  2. 口角とペットボトルの口の間にすき間を作らないようにしっかりくわえる
  3. この状態をキープしつつ、ペットボトル内の空気を吸い出すよう、頬をへこませる
  4. 頬をへこませたまま、5秒間キープ
  5. 息を吐いて楽にする

この①~⑤の動きを1セットとして、1日3~5セット行いましょう。このエクササイズは、表情筋を鍛えるので、顔痩せにいいですよ。

妊娠中の小顔づくりに美顔器がおすすめ

体の筋肉と同じように、顔の筋肉も使い続けないと、年齢とともに衰えることに。皮膚や脂肪を支えきれなくなるとシワやたるみの原因になってしまいます。

ローラー美顔器は、顔の上で転がすことによって、普段使わない表情筋に働きかけ、リフトアップ効果が期待できるもの。 リンパの流れも促進され、たるみやむくみの解消に。

妊娠中はむくみは、特に顔に出やすく、鏡を見るたびに自分が嫌いになるかもしれません。でも、ローラー美顔器を使ってフェイスラインがすっきりさせれば、気持ちのリフレッシュとストレス解消ができますね。

妊娠中の体はとてもセンシティブ。ローラー美顔器は、あくまでも顔だけの使用にとどめ、身体やお腹にコロコロするのは控えて。 そして、ローラー美顔器を使う前には、乾燥による摩擦を防止するために、必ず保湿ケアを。

塩分を控える

塩分が多いと、身体の塩分濃度を保とうとして、身体が水分を溜め込もうとします。そのため、身体の水分量が多くなり、むくみに繋がるのです。塩分を控えるよう指導があるとは思いますが、今一度チェックしましょう。

糖分を控える

糖分も、塩分同様、身体の中に水分を蓄える働きがあるため、甘いものを食べすぎると、身体がむくむことに。糖分の摂り過ぎはには注意。

しっかり水分補給する

身体が水不足に陥っていると、体の細胞は水分を排出しようとせず、細胞に水を溜めこもうと働きます。血液の約50%は水分なので、身体の水不足が、血液がドロドロとなる結果を招きさらに血液の流れが悪くします。

細胞に水分は溜まる上、血流の悪さから老廃物の排泄がされにくいというダブルパンチ。むくみを改善するには、常温の水や湯冷ましを用いて、小まめな水分補給をするようにしましょう。

温冷刺激を与える

まず、水で濡らしたタオルを電子レンジで温め、ホットタオルを作って顔に乗せてみて。次に、冷たいタオルを顔に乗せ、次に再びホットタオルを、とホットタオルと冷たいタオルを交互に当てることで、顔に温冷刺激を与えるの方法です。

これにより、血管の拡張と収縮を促進することから、余分な水分の排出が期待できます。最後は「冷たいタオル」で終了するのがポイント。

お風呂ではお湯に浸かる

暑い季節は風呂ではなくシャワーで済ましがち…、ですが、湯船のお湯にゆっくりと浸かるのも、むくみ対策にオススメ。お風呂はリラックス効果も高いので、ストレスの溜まりやすい妊婦さん、ゆっくりお湯タイムを過ごすとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?妊娠中期の妊婦さんの顔太りは、疲れやむくみが原因。顔が太っていくので、鏡を見るたびに、自分が嫌になってしまうようなこのむくみ、その原因について、さらに、顔太り対策についてのご紹介をしてきました。

妊婦さんは疲れやすいので、十分な休息を。また、摂取するものに気を付ける点や生活習慣に至るまで、むくみを防ぐ対応をとるといいですね。むくみがとれると身体も心もすっきりすることとも思います。ぜひ素敵なマタニティライフを過ごしてくださいね!

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村