妊婦のダイエット

妊娠後期ダイエット方法、エアロバイクはいい?運動時間の目安は?

妊婦さんにとって、運動はちょっとだるいもの。お腹が大きいので動くのがとても大儀。できるならばサボってしまいたい。運動よりは睡眠、あるいはゆっくりしていたい・・・その気持ちよく分かります。

妊婦さんの運動は、何もダイエットのためだけではありません。運動をすることの効果は、妊娠中であってもなくてもあるもの。運動後は気分がすっきりするし、運動している間は、悩み事から離れることができる、そんなこともありますよね?

今回の記事は、妊娠中の運動について、ダイエットに限定せずにお話しをしています。またエアロバイクについて、そのメリットや取組時間の目安についても、お話しをしていますので、ぜひ読んでみてくださいね

妊娠中の運動について

妊娠中の運動の目的はズバリ出産に向けた体力をつけること。出産は安産であっても10時間前後と大変長い時間かかるものです。その間しっかり頑張ることが出来る体力を予めつけておかないと、出産はもちろんのこと、その後の育児に影響が。

妊娠中に運動をすることは腰痛や便秘など妊娠中のマイナートラブルの軽減や、体重増えすぎを要因とする、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などの予防につながります。マタニティライフをより快適に過ごせるよう、また出産に向けての身体の準備も兼ねて、意識して身体を動かすようにしましょう。

妊娠中の運動の種類

妊婦さんは、お腹が大きいという体型、ホルモンの影響で筋肉や関節が弛緩していることから、激しい運動は避けるべき。

妊娠中におすすめのスポーツとしては、マタニティスイミング、マタニティヨガ、マタニティエアロビクスなどマタニティスポーツと呼ばれるものの他に、ウォーキングや妊婦体操、自宅でできるエアロバイク、足踏み、スクワットなどがあります。

妊娠中の運動については、妊娠中の経過が順調であるか、妊婦さんに負担の少ない運動であるかを、かかりつけ医に判断してもらってから、始めるようにしましょう。

マタニティスポーツの期待できる効果

運動の種類にもよりますが、以下のような効果が期待できます。

  • 筋肉を強化することができる。
  • 血行を促進することができるので、浮腫や静脈瘤の予防が期待できる。
  • 体重の増えすぎを防止する。
  • 安産に好影響。
  • 気分転換やストレス解消。

集団タイプ運動であれば、同じような不安や悩みを話したり、共有したりする仲間ができるため、出産後の孤独な育児ストレスの軽減などが期待できますね。

妊娠後期のダイエット方法にエアロバイクはいい?運動時間の目安は?

私の友人は大のエアロバイク好き。ほぼ毎日実施しては、カレンダーに○×つけて、管理をしているよう。あなたのご自宅にエアロバイクがあるのであれば、妊婦さんであっても、気軽に漕ぎ漕ぎできそうですよね!

エアロバイクのメリット

天候に左右されることなく排気ガスを吸うこともなく、ご自宅で、やりたい時に自分の体調や自分のペースで行うことができるのがいい点。そして、周りの目を気にする必要がないので、寝起きの格好やすっぴんでもOKなところも◎。

エアロバイクは、出産に向けて足腰を強くして体力をつける、とてもよい有酸素運動です。

おまけですが、出産後のダイエットにも、エアロバイクは利用が可能。自宅にエアロバイクがあれば、忙しい育児の合間でも、隙間時間を縫って運動することができますよね。

ママは育児でストレスが溜まりもの。でも、エアロバイクで運動することにより、気分転換溜まったストレス解消ができてしまうんです!

エアロバイクは転倒のリスクが少ない

 

妊娠したら注意しなくてはいけないことの1つに、転ばないということが。転びにくくするため、サンダルはダメだなど、よく聞きますよね。特に運動をすると、転倒しやすいリスクがあるので、注意をする必要がありますね。

自転車は、デコボコの道を走るとお腹に衝撃が加わり、衝突や転倒の危険性が。一方そのような危険性は、エアロバイクにはないですよね。

エアロバイクは自転車と違い、器具が固定されているため、転倒するリスクは大変小さいですし、自転車や車との衝突・接触事故もありません。そのため、妊婦さんでも安心してエアロバイクをすることができます。

エアロバイクの乗り降りには注意を!

 

固定されている自転車型のサドルに座ってハンドルを掴み、ペダルを漕ぐだけなので、十分に注意していれば転倒の可能性は大変少ないはずですが、エアロバイクの乗り降り時に、衣服などが引っかかったり、バランスを崩す可能性が少なからずあるので、注意をしたいところ。

ですが、注意していれば転倒を防ぐことはできます。転倒をしてお腹を打ったら大変。転倒するリスクが少ないエアロバイクでも十分注意して乗り降りするようにしましょう。

エアロバイクは膝への負担が少なく、軽い運動なので、妊婦向き

 

エアロバイクは軽い負荷で始めることができ、自分のペースでゆっくりペダルを漕ぐことができるのがいい点ですね。

エアロバイクの運動自体、お腹に大きな負担がかからないものなので、妊婦さんの運動としても問題はなし。

また、エアロバイクは膝関節にかかる負担が少ない運動なので、肥満タイプの妊婦さんや臨月の妊婦さんであっても膝への負担が少ないことが評価できるポイントに。

妊娠中、エアロバイク取組時間の目安は?

エアロバイクの取り組み方

エアロバイクを始める時期の目安

安定期に入ってから始めるのがおすすめです。

※これまでの妊婦健診で特に異常がなければ、基本は取り組んでOKですが、念のため、かかりつけ医に相談し、ご自身が運動に取り組むことに問題がないかあらかじめご確認ください。

負荷(心拍数)の目安

最初は強度を低めに設定すること。そして徐々に強度をあげていき、“ややきつい”と思う少し手前におさえるとよいでしょう。心拍数の目安は150/分程度で30分~40分程度継続したら、その日はおしまいに。“もう少しできる”の1つ手前でおさえること。

 

 

まとめ

いかがでしたか?妊娠中の運動がよい点について、ダイエットという観点にとらわれず詳しくとりあげてみました。その中でも今回取り上げるエアロバイクは、自転車のデメリットと比較したメリットを挙げています。エアロバイクがご自宅にあるのなら、ぜひ運動の習慣に取り入れてみてくださいね。産後の身体の引き締めやストレス発散にも利用できそうですよね!

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村