妊婦のダイエット

妊娠中のダイエット、痩せたいなら!食事レシピ変更と酵素ドリンクを

体重管理に悩んでいる妊婦さんの、何とかならないかなぁという思い、分かります。私も、”食べるものを、特に変更していない”のに、”カロリーの高いものを食べていない”のに、体重が増えてしまうことに悩んでいました。赤ちゃんの体重が増えるから、増えてしまうのは仕方がないのですが、すでに目安の体重に到達しているために、増えてほしくない!と思ってしまうんですよね

体重管理の方法は、いくつかあります。体重を毎日測ること、運動をすること、食事管理をすること・・今回は、痩せたいと思う妊婦さん向けに、食事レシピを変更する方法、酵素ドリンクを取り入れる方法について、お話しをしています。早速見ていきましょう!

妊娠中のダイエット、痩せたいなら!食事レシピの変更を!

和食中心の食事にする

一般に洋食もののパスタやピザなどは、単品料理はカロリーが高いこと、一皿であるため早食いになりがちといったデメリットが。

それにひきかえ、和食は一汁三菜で品数も多く、早食いになりにくいゆっくり食べることができる上、洋食や中華料理に比べてカロリーが低いというメリットが。

塩分を控えた食事を心がける

味付けの濃いものを食べていると、体が塩分濃度を薄めようと、水分を溜め込みやすくなり、体がむくみがち

特に妊娠後期は何を食べても太りやすい時期。塩分の多いものを摂ることで、さらに太りやすくなることは、何としても避けたいもの。ですから、濃い味付を控えることはとても重要

塩分の摂取1日当たり10g以下にしたいものですね。

塩分を控えるなら、その代わりに

  • レモン汁
  • 香味野菜
  • スパイス

なども取り入れるのがおすすめ。とにかく味付けを薄くする工夫をしていきましょう。そうそう、和食の塩分が心配な人は、味噌や醤油などの、減塩タイプを選ぶなどもいいですよね。

食事におからを取り入れる

おからは食物繊維が豊富、おまけに低カロリー食物繊維が多いため、便秘の解消に役立つ優秀な食材です。

おからをご飯代わりにして、カレーライスならぬカレーおからにしてみたり、ポテトサラダのじゃがいもの半分をおからに変えてみたりするのも、おすすめです。
 

おやつを工夫する

妊婦さんは、とかくお腹を空かせがち。どうしてもおやつが食べたくなったら

  • 寒天ゼリー
  • ふかし芋
  • おにぎり
  • おからクッキー

など、食事の代わりになるようなものか、噛む回数が増えて満腹感を感じやすい煮干しなどのおやつを取り入れると良いでしょう。

食物繊維を多く含む食品をとる

妊婦さんは、妊娠中、女性ホルモンの変化や子宮の圧迫などにより、腸のぜんどう運動が弱まってしまい、便秘がちに

元々便秘がちの人は、さらに便秘がひどくなることも。便が長く腸にたまっていると良いことはないので、食物繊維を含む食品をたくさん摂るようにして、便秘を解消するよう心がけましょう。

食物繊維の多い食品例

  • 穀類:オートミール、ライ麦パン、そば、中華麺、うどん
  • 野菜類:切干大根、ごぼう、モロヘイヤ、グリーンピース
  • 豆類:いんげん、あずき、えんどう、大豆、きなこ
  • きのこ類  きくらげ、干ししいたけ
  • 海藻類  ひじき、焼きのり、わかめ、昆布

 

妊娠中に痩せたいなら、酵素を使おう!

便秘で太ることが分かったところで解決策を打ちましょう。解決策はこの記事のテーマ“酵素”を摂ることです。

消化酵素が活躍!?

消化酵素は体内の食べ物の消化をサポートする役割が。妊娠初期のころは、妊婦さんの多くはつわりで、思うように食べられない状態に。そんなときに酵素を摂ると、食品の消化スピードが上がるため、胸のむかつきを軽減させることが可能。

妊娠後期など、子宮に胃や腸が圧迫される時期に、思うように食べられない際も、消化をサポートするので、つわりの際と同様、楽になることができます。

また、酵素を摂ることによって腸の消化機能も活性化。そのため、便秘の改善も期待できますね。妊婦さんは妊娠後期になるにつれ、便秘に悩む方が多くなるので、酵素を摂るメリットが高いと言えるでしょう。

代謝酵素が活躍!?

前述したとおり、食物酵素を摂ることで、消化機能が向上するため、体内の消化酵素を節約することができる。そのため、使うことのできる代謝酵素を増加させることが。 代謝酵素が増えると、特段運動をしなくても代謝のよい体質になることから、痩せやすい体質に。

既に体重が増えすぎて困っている妊婦さんなら、食べる量を少し抑え、酵素を摂取することで体重を減らすことができるのです。

また、食欲が抑えられずに困っている妊婦さんについては、酵素を飲むと満腹感が得られるとともに、代謝酵素を減らさずに消化酵素を使うことができるので、太りにくい体質になることが。

ダイエットというと、食べ物の調整、食べ方の調整、そして適度な運動とすることが沢山あって、てんてこまい。そんな妊婦さんにとって、酵素は嬉しい存在ですよね。

酵素を摂取する際の注意点

妊娠中は赤ちゃんに必要な栄養素を、できる限り食べ物から摂りたいもの。酵素を飲めば、栄養は全部摂取できるものと勘違いしている方がいますが、妊婦さんに必要な栄養素は、1日3食の食事でしっかり補給することが、まず大切。

酵素は代謝を上げたり、消化吸収の働きの補助をするものであって、栄養素の代替になるものではありません。

痩せやすい体質を作りサポートはするものの、酵素≠痩せる食品。ファスティングという言葉に乗せられて、酵素を摂ってあとは何も食べないという極端なダイエットをしてしまう・・・

そんなことがあれば、妊婦さんにとっても悪影響ですし、赤ちゃんにも栄養が届かず発育に影響するので、決して行わないようにしましょう。

 

酵素ドリンクについての、飲み方等についての詳細は、妊娠中のダイエットには酵素ドリンクがおすすめ。その飲み方とは?で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考:妊娠中のダイエットには酵素ドリンクがおすすめ。その飲み方とは?

 

まとめ

いかがでしたか?この記事では、妊娠中に痩せたい!と願う妊婦さん向けに、食事レシピの変更のご提案や、便秘になりがちな妊婦さん向けに、その解消法のご案内、痩せたい!願いの解決法の1つとして、酵素を取り上げ、酵素ドリンクを利用することについても取り上げました。体重管理に悩んでいる、妊婦さんのダイエットの一助になれば幸いです。

でも一番大事なのは、できることをやったら、ちょっとリラックスしてみましょう。もしかしたら、ストレス太りになっているかもしれません。妊婦さんである時期は、長い人生から見たら、ほんの一時期。ぜひ楽しいマタニティライフを過ごして欲しいと思ています。あなたの体重管理、応援していますよ! 。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村