妊娠中の体重管理

妊娠中、体重を増やさない方法は?体重増やさない食事や生活習慣とは

妊娠中や気を付けていても、体重が増えてしまうもの。増えてしまう理由は、赤ちゃんや羊水や胎盤の重さに加え、出産を頑張る筋力が、そのベース。それ以上の体重分は妊婦さんの脂肪として蓄積されてしまうもの

急な体重増加や体重の増えすぎは、この脂肪が悪さをする原因に。ですから、未然に、体重を増やさない対策をとりたいもの。

今回の記事では、妊娠中の、体重を増やさない方法として、食事や生活習慣について、ご紹介をしていきたいと思います。一緒に見ていきましょう!

 

体重をキープする”妊婦さんだけ”が知っている、ダイエット成功の秘密はこちら↓
はくだけ-7cm着圧ソックス!【Angellir キュッとルームソックス】

 

妊娠中、体重が増えすぎてしまうと、どんなリスクが?

妊婦健診に行くと、医師からも助産師からも「体重の増えすぎに注意するように。増えすぎてしまうと、出産が大変になりますよ」と脅されたことはありませんか?

妊娠中に体重が増えすぎてしまうと、妊娠中や出産時さらには、出産後にさまざまなリスクを伴うことが多いもの。

以下確認をしていきましょう。

体重増えすぎによるリスク(妊娠中編)

妊婦さんの体重が増えすぎると、妊婦さんや赤ちゃんに以下のようなリスクが。

妊娠高血圧症候群

血圧が高くなってしまうわけですから、体がむくむなど、妊婦さんの身体に負担がかかります。それだけにとどまらず、お腹の赤ちゃんに酸素や栄養が届きにくくなる病気です。

参考:妊婦の浮腫み、解消法は?体重増加防止と赤ちゃんのために必要なこと

 

赤ちゃんに、しっかり栄養届いてない!?

妊娠後期や臨月の妊婦さんは、体重管理に悩んでいるもの。食べていないのに体重が増える原因は、体のむくみが原因である可能性が

むくみの解消には、食事や運動からのアプローチも有効。でも即効性がなかったり、継続が難しかったりするのが難点。その点、即効性と無理なく続けられる、あなたの強い味方が、手でほぐすように圧力をかけてくれる、着圧ソックス

 

 

 

 

 

 

 

履いた瞬間から、むくみ解消のマッサージが開始。履いて寝ると、翌朝はスッキリ快適!。足は第二の心臓と言われます。この着圧ソックスのアシストにより、血液を押し出すポンプがしっかり働くので、全身の血流も改善し、むくみ解消に。

これで、赤ちゃんに新鮮な酸素と栄養を届けられますね♪

 

むくみがなくなり代謝が上がれば、自然と太りにくくなるんです。ダイエット成功赤ちゃんが”よりしっかり育つ”、そんなハイブリッド効果のあるこのアイテムは今や大人気に!。

 

着圧ソックスの中でも、【Angellir キュッとルームソックス】が一番おすすめ。というのも、他社にはない5つのすごいを実現しているから。

  • 手でほぐすような圧力
  • むくみに最も効果のある着圧
  • 美容成分による、すべすべの触り心地と履き心地
  • すでに100万枚の販売実績で、他社製品と圧倒的な大差
  • 安心の日本製で、しっかりした編み構造

 

それから、既にこのソックスを履いている方の”嬉しい声”をご紹介しますね。

  • 寝ている間も、履いていることが気にならない履き心地でした。
  • 着圧がキツいと痛くなりますが、これは”程よい締め付け感”なので楽。
  • 気づいたら足にすき間ができていたのが、嬉しかった!
  • 妊娠後期に、足がパンパンになりましたが、これですっきりして快適です。

     

 

着圧ソックスは他にもありますが、この【Angellir キュッとルームソックス】は、研究しつくされた着圧と安心の日本製ですから、すぐに破れたりせず、産後のむくみ解消にも使えるので、無駄になることもありません。結局は長持ちでお得なんですよ。

まだ持っていない方は、今すぐ、履いて寝る習慣を!。今から持っておくと産後ダイエットは、あなたが一番乗りできちゃいます♪。

 

むくみを解消して、赤ちゃんにしっかり栄養を届ける秘密のアイテムはこちら↓
はくだけ-7cm着圧ソックス!【Angellir キュッとルームソックス】

 

妊娠糖尿病

妊婦さんの血中の糖分が、そのまま赤ちゃんに移行してしまうので、出生体重が4kg以上の巨大児が生まれる可能性が。

 

糖質制限で、体重管理がストレスフリーに

食事から糖質だけを取り除く、だけど、たくさん食べて大丈夫!、という”糖質ダイエット”は世界的にも大人気。でも、忙しい平日に、ご自分で糖質制限食を作るのは難しいもの

実は、プロの管理栄養士と一流シェフによって作られた美味しい糖質制限食を、自宅まで届けてくれる”糖質90%オフの宅食サービス”があるんです。

あなたに必要なのは、このお弁当を食べる、たったこれだけ。それだけで、”3つの嬉しい”が揃っちゃいます♪

  • ご飯を作る時間が省略できて、自分の時間を確保できる!
  • 赤ちゃんを迎える準備や、出産までに片付けておきたい事柄に、時間を割くことができる。
  • そして何より体重増加の心配をしなくていい
 
ところで、あなたは今、こんなお悩みを抱えてはいませんか?
 
  • 太らないメニューづくりに悪戦苦闘したり
  • 頑張ったのに体重が増えて撃沈したり
  • ストレスから暴食に走って悔やんだり・・・

いっそのこと、プロにメニュー作りを任せてしまって、さっさとストレスから解放され、ご自分の時間を存分に楽しむのが、時間とお金の”賢い”使い方。

 

妊婦健診が憂鬱だったあなた、もう体重増えすぎを気にしなくていいんです。体重管理という大きなストレスがなくなれば、これからは、お腹の赤ちゃんとの時間を存分に楽しめるようになりますね♪。
糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH – ナッシュ」

 

 

さて、妊婦が糖質制限しても大丈夫?と心配される方がありますが、結論から言ってしまうと大丈夫!!。

なぜなら、病院で取得したデータやご自身の被験データをもとに、糖質オフを提唱されている、名医の江部康二先生が、以下のようにおっしゃっているから。

  • 「妊婦が糖質制限すると、赤ちゃんが将来生活習慣病になる」という論文は、実際には存在していないこと
  • 糖質制限をしても、自分の体で糖質を作る”糖新生”が活発になるので、低血糖になる心配は全く不要

 

とはいえ、いきなり3食すべてを糖質制限するのは、さすがに心配。ですから、妊婦さんは1日1回、食後の血糖値が下がりにくい夕食のみを”プチ糖質制限”してみてはいかがでしょう。

「1日1食であっても、糖質制限の効果は望める。」と江部先生はおっしゃっています。糖質量さえ守れば、外食OK、ステーキ食べ放題、ビュッフェだって解禁に!。

これはカロリーを気にして、食べる量を制限していた妊婦さんには、たまらない魅力ですね!

 

普通にお弁当を買うのと同じ値段で始められる&しかも美味しい糖質制限食を、あなたも始めてみませんか?

今すぐプチ糖質制限を始めて、食べちゃダメ、食べ過ぎた!のストレスから、ご自分を解放してあげましょう!

 

電子レンジでチンするだけ!平日の夫婦の夕食は糖質制限食を!1食548円から。
糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH – ナッシュ」

 

腰痛悪化、疲労倦怠、妊娠線ができやすい

妊娠線とは、皮膚の奥、真皮が裂けてできる断裂線のこと。一夜にして妊娠線ができてしまう妊婦さんもあるようです。筆者のお腹にも、しっかり妊娠線が・・・。

妊娠中は赤ちゃんの成長に伴ってお腹が大きくなったり、体全体に脂肪が付いたりした際に、皮膚が急に伸びることが、妊娠線ができる原因

 

皮膚は、表面層は伸びて体の変化に対応することができますが、奥の真皮や皮下組織の一部は、急激な伸びに耐えられず断裂してしまうもの。妊娠線 は、その結果、赤紫色の線状班が現れる症状のことを指します。

  • お尻
  • 太もも
  • 二の腕
  • 乳房

などが、主に妊娠線ができる場所です。

 

お腹が大きくなるほど妊娠線ができやすくなるので、肌の保湿を心がけ、保湿能力が高い”妊娠線防止クリームを活用して予防とケアを。

妊婦さん
妊婦さん
妊娠線の写真を見ると、ぞっとします。おへその下は見えないから、できているかどうかわからないなぁ。 

↓このクリームは、真皮の層までうるおい浸透!無料サンプルもこちらから。

体重増えすぎによるリスク(出産編)

妊婦さんの体重が増えすぎると、出産時に以下のようなリスクがあります。

難産になる傾向が

体重が増えすぎると、産道にも皮下脂肪がついて、赤ちゃんが通りにくくなる傾向があります。その際は、帝王切開や微弱陣痛の可能性も。

 

弛緩出血(しかんしゅっけつ)のリスク

産後の子宮収縮が悪くなってしまい、胎盤が出た後に大量に出血する可能性が。

 

微弱陣痛になりやすい

微弱陣痛のため、分娩がなかなか進行しない可能性が

 

児童回旋異常(じどうかいせんいじょう)のリスク

出産のとき、赤ちゃんは産道の形にあわせて頭の向きを変えながら進みますが、太りすぎると、この頭の回旋がうまくいかなくなる可能性が

 

体重増えすぎによるリスク(産後編)

妊娠中に体重が増えすぎてしまうと、産後以下のようなリスクが高まります。

  • 出産後、妊娠前の体型に戻りにくくなる
  • 会陰切開、会陰裂傷の傷が治りにくくなる

妊婦さんである間に、必要以上に体に脂肪がついてしまうと、産後に体型を戻すのに時間がかかるのは自明の理。

赤ちゃんに母乳を与えるために、体にある程度の脂肪があることが必要ですが、その前に、出産におけるトラブル防止に備え、脂肪の増えすぎは抑えておきたいものです。

 

産後の下半身太り、事前に対策を打っておこう!

 

産後1ヶ月。やっと体が戻ってきた頃から、産後のママを悩ませ始めるのは、出産に使われた筋肉がそっくり脂肪に変わってしまう下半身太り。

育児や授乳で体力を使うから痩せるだろう・・・と最初は淡い期待を持っていても、世の中の産後ママを見ていれば、結局は私も産後太りの仲間入り・・・とむなしくなるもの。

 

でも本当は「出産した体に見えないね!」と、一度でいいから言われてみたい!。

その期待に応えるには、苦しいダイエットに励むより、出産でグラついた骨盤を、骨盤ショーツでケアするのが、最も早くて確実。

出産した体に見えないって言われる!?産後の体の回復を早めるアイテム
Youtuberてんちむ愛用!マジカルシェリー骨盤ショーツ!

 

もちろん、骨盤ショーツでなくても、運動や食事制限という根気と時間を使って、産後ダイエットに成功することは可能です。

でも、ダイエットを途中であきらめてしまう一番の原因は苦しい努力の割りに、望んだ数値に至らない挫折感や、やっかいなリバウンドがあるから

あれやこれやと様々なダイエットを繰り返してしまったり、”これこそが最後の一手!”と奮起したものの効果が表れずじまい・・・なんてことも。そして、結局”私にはダイエットが難しいんだ”と落ち込むのがいつものパターン。

 

だから産後すぐに、骨盤ショーツで、出産でグラついた骨盤を矯正してしまい、体の代謝を高めることが、手っ取り早くて長続きする秘訣

骨盤ショーツは、産後に脂肪になった”お腹のお肉”を引っ込め、ヒップアップができてしまうといった、早々に、目に見える効果が得られるのが、嬉しいポイント。

 

 

 

 

 

今回おすすめする骨盤ショーツは、骨盤矯正のプロが作ったマジカルシェリー。

他の骨盤ショーツには無い、段階調節機能ベルトつき。食後や授乳時は、腹囲の締め具合をゆるめるといった調整ができるんです。骨盤ケアを続けられる秘訣は、着用しても苦しくないこと!

 

骨盤ショーツは、赤ちゃんのお世話に慣れてきた”産後1ヶ月”頃から着用しましょう。産後ダイエットをずるずると先延ばしにしていると、基礎代謝も時間とともに落ちるので、増々太りやすく戻りにくい体になりかねません。

 

だから、時間のある産前のうちに準備しておく必要が。スムーズに産後ダイエットを始めることで、”太る”という大きな悩みが1つ解決できるだけでなく、効果もないのに様々なダイエットに手を出してしまう、今後の”時間とお金”のムダをしっかりセーブすることができますよ。

 

実はこの商品、TVで紹介されたことから売り切れが出てしまう可能性が。そのため、本気で、産前の体系に戻りたいと思う人だけ、今すぐ以下の公式サイトにアクセスしましょう。
Youtuberてんちむ愛用!マジカルシェリー骨盤ショーツ!  

 

妊娠中、体重を増やさない方法は?体重増やさない食事や生活習慣とは

体重増やさない食事

和食中心の献立にする

妊娠中のダイエットでは、バランスのとれた食生活を心がけること。 ダイエットという意味では、カロリーを抑え、適量の食事をとることが基本になるのですが、それ以上に食生活のバランスが大事。それには、やはり和食がよいと言われますよね。 和食は洋食に比べて塩分・糖分・油分・カロリーが控えめで、食物繊維が豊富。

和食の基本といわれる「一汁三菜」(ご飯に、汁物と3つの菜 (おかず)を組み合わせた献立)は、ビタミン、ミネラル、たんぱく質を効率よく摂取できる上、食事の満足度も高めてくれるもの。

ちょっとしたコツ

  • お味噌汁には、根菜類をたっぷりと
  • 主食を玄米や五穀米に
  • 揚げ物は控えめに

妊婦さん生活の間は、ご自身とお腹の赤ちゃんのために、そして出産後は質のよい母乳育児をするために、体によい和食を取り入れてみましょう。

ご飯茶碗を、子供サイズに変更する

白いご飯は、小さいサイズのお茶碗に盛りましょう。というのも炭水化物のとりすぎは、体重増加に直結。ご飯茶碗をひと回り小さいものにすることで、食べ過ぎを防止できますね。

ちょっとしたコツ

炭水化物をは減らすために、ご飯にしらたきの細切れを混ぜて、一緒に炊いてしまうなんてワザも。 白米の食べる量を減らさず、カロリーのみ減らすことができるので、おすすめですよ。

ジュースは控えて。ノンカフェインの飲み物、麦茶などに変更を

果物ジュースや野菜ジュースは、例え100%表示があったとしても控えましょう。すべて高カロリー。飲み物は果糖や甘味料など糖分がないもの、そしてノンカフェインのものを選んで。

野菜をたくさん摂る

野菜は1日でお皿3皿分を摂ることを目標に。生野菜ではなく、煮びたしにしたりボイルしたりすると、自然とたくさんの量を食べることができますよ。たまには、冷凍野菜を利用するのも手です。

肉類は、脂身の少ないものを

肉類には脂質が多いので、鶏ササミや、赤身肉など、脂肪分の少ないものに変更しましょう。

妊婦健診でも、たんぱく質摂取の必要性を教わりますね!

体重増やさない生活習慣

1日3食、規則正しい時間に食べるようにする

規則正しく、栄養バランスのよい食事を、よく噛んで食べること。間食もできれば控えて。早寝早起きに適度な運動・・基本的な事ですが、妊婦の体重を増やさない方法として有効です!くれぐれも、ダラダラ食いなどしないように。

夜遅い時間に食事をしない

できれば、夜20時までに食べ終えるとよいでしょう。残業などで帰宅が遅く、食事もとれないことが予想される場合には、夕食を2回に分けましょう。

まず、炭水化物、カロリーの多いものを、20時前に口に入れてしまうこと。そして帰宅後はおかず類や消化のよいものをとるなど、工夫をしてみて。

食べたものをメモしておく

レコーディングダイエット。何を食べたかを記録することで、栄養バランスがとれているか、食べ過ぎはないかを、振り返ってチェックするのに役立ちます。振り返るだけでなく、今後は栄養バランスをとるために、何をどれくらい食べるか、しっかり対策も立てたいもの。

体重を測って、記録しておく

体重は、毎日計るのが基本。妊婦アプリなどを使ったり、グラフ化するしたりするのもおすすめ。記録を振り返ることで、体重の増えすぎチェックが可能であると共に、急な増えすぎを発見した場合は、その原因を考えてみる機会にしましょう。

半身浴で汗をかく

水分をとった後に、ゆっくり半身浴を。汗が出ることにより、体も温まることから体の代謝も高まるので、体重増加のストップが期待できるので、おすすめです

 

妊婦さんは、体重管理に頭を悩ますもの。もしあなたが、食事管理に悩んでおられるのなら、以下のインフォメーションを見てみてくださいね。

 

忙しいあなたも、今日からプチ糖質制限!

糖質の少ない食事をとることで、太りにくい体質になるという”糖質ダイエット”は世界的にも大人気。でも、忙しい平日に、ご自分で糖質制限食を作るのは難しいもの

実は、プロの管理栄養士と一流シェフによって作られた美味しい糖質制限食を、自宅まで届けてくれる”糖質90%オフの宅食サービス”があるんです。

ご飯を作る時間が省略できて、自分の時間を確保できる!。赤ちゃんを迎える準備や、出産までに片付けておきたい事柄に時間を割くことだってできる。そして何より体重増加の心配をしなくていいなんて、妊婦さんには三拍子の嬉しいが揃ってしまうんです!

 

太らないメニューづくりに悪戦苦闘したり、頑張ったのに体重が増えて撃沈したり、ストレスから暴食に走って悔やんだり・・・こうしたストレスを溜めるよりは、プロに任せてストレスフリーになるほうが、時間とお金の”賢い”使い方。

 

プチ糖質制限をすると、体重増えすぎを、”常に気にすることから解放される”上、お腹の赤ちゃんとの時間を、”心から楽しめる”ようになる、またとない幸せな時間が過ごせますよ♪
糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH – ナッシュ」

 

 

さて、妊婦が糖質制限しても大丈夫?と心配される方がありますが、結論から言ってしまうと大丈夫!!。なぜなら糖質オフの提唱者、江部康二先生がご自身のブログや本で、以下のようにおっしゃっているから。

  • 「妊婦が糖質制限すると赤ちゃんが将来生活習慣病になる」という論文は、実際には存在していないこと
  • 糖質制限をしても、自分の体で糖質を作る”糖新生”が活発になるので大丈夫

 

とはいえ、いきなり3食すべてを糖質制限するのは、さすがに心配になりますよね。ですから、妊婦さんは1日1回、食後の血糖値が下がりにくい夕食のみを”プチ糖質制限”してみてはいかがでしょう。

糖質制限をするだけで、ステーキOK、外食解禁に!。これは食べる量を制限していた妊婦さんには、たまらない魅力ですね!

 

最初は糖質オフの食材選びに難儀するもの。普通にお弁当を買うのと同じ値段で始められる&しかも美味しい糖質制限食を、あなたも始めてみませんか?今すぐプチ糖質制限を始めて、食べちゃダメ、食べ過ぎた!のストレスから、ご自分を解放してあげましょう!

 

電子レンジでチンするだけ!平日の夫婦の夕食は糖質制限食を!1食548円から。
糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH – ナッシュ」

 

まとめ

いかがでしたか?。

妊娠中に体重が増えてしまうと、どんなリスクがあるかについて、妊娠中、出産時、産後に分けてお話をしてきました。また妊娠中に体重を増やさない方法として、食事や生活習慣についての具体的でかつおすすめの内容をご紹介しています。

体重増えすぎのリスクは大きいもの。ですから、食事や生活習慣を気を付けることで何とか乗り切ってほしいと思います。出産後は良質の母乳を出すため、この食事に気を付ける習慣はキープできるよう、今が練習だと思って取り組めるといいですよね。

つらい思いをしつづけると、うまく続かないもの。ときどきご自分のご褒美デーを作るなどして、褒めてあげるようにするのもおすすめ。あなたの体重管理を応援しています!

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村