妊娠中の体重管理

妊娠後期の体重を増やさないコツ、体重管理と太らない食事や食べ物! 

妊娠生活も終盤。あとちょっとで待望の赤ちゃんと会うことができますよね。これまで短いような長いような妊娠生活、振り返れば体重管理に振り回された時間だったかもしれません。

あと少し。あと少し。もうちょっと辛抱すれば赤ちゃんに会えることを励みに、切り抜けて欲しいなぁと思います。

この記事では、妊娠後期の体重を増やさないコツと称して、体重管理と太らない食事や食べ物について、お話を進めていきます。ぜひ参考にしてくださいね。

妊娠後期に体重が増えてしまう理由

妊娠後期になって、急に体重が増えてしまい焦ってしまうことはよくあるもの。でも、なぜ急にこんなに増えてしまうのでしょうか。妊娠後期に体重が増える理由を3つご紹介しますね。

ホルモンバランスの乱れによるイライラ

妊娠後期の体重増加は、ホルモンバランスが乱れたことでイライラし、食欲が増してしまったことが理由の1つ。

妊娠中は赤ちゃんを育てるために、プロゲステロンというホルモンが増加します。妊娠を維持するために必要なホルモンであるものの、妊婦さんの精神面に影響を与える可能性が。

「理由もなくイライラする」「なんとなく気分が落ち込む」といったマタニティブルーの症状が出るのはこのホルモンが増加したためなのです。

イライラした時は、ついつい甘いものに手にしやすいもの。でも甘いものを食べすぎると血糖値の急激に上昇するため、気持ちが余計に不安定になりやすいもの。

そして、そのイライラを解消しようと、甘いものに走る・・・という悪循環では、体重が増えてしまうものも頷けますよね。

お腹が大きくなって動きにくい

妊娠後期はお腹が大きくなって動きが鈍くなるため、運動不足から太りやすいというのが、2つ目の理由。

妊娠後期に入ると、赤ちゃんが急に大きく成長するため、妊婦さんのお腹が目立ってきますよね。妊婦さんは足元が見えなくなるくらいお腹せり出しているため、お腹が邪魔して動作がゆっくりに。

結果として、一日の消費カロリーが少なくなり、太ってしまうのです。

出産に備えて脂肪を蓄えようとしている

妊娠後期は、体が脂肪を蓄えやすい状態となっているため、生理的な体重増加が起こることが。
出産は思った以上に体力を消耗するもの。ですから体の方でも、自然と、脂肪や水分を蓄えようと、出産に備え準備が開始に

そのため、どうしても、出産前の妊娠後期に、体重が増えやすくなるのです。体重増加が許容範囲内にあり、病院で指導されるほどの増加でなければ、気にし過ぎないようにしてもいいでしょう。

 

妊娠後期の体重を増やさないコツは、体重管理と”太らない食事や食べ物”!

妊娠後期の体重増加は、出産時に悪影響。そのため、出産に向けて体重をしっかり管理していく必要が。

とはいえ、妊娠中の無理なダイエットは、赤ちゃんの成長を妨げる要因になるので、食事や生活に気を付けつつ、できるだけ体重をキープするように心がけましょう。

妊娠後期の体重を上手に管理するための方法をご紹介しますね。

体重管理では、生活習慣も大事にして

家事をきっちりこなす

妊娠後期は足元が見えなくなるほど、お腹が大きくなるので、動くのがおっくうになりがち。でもだからといって座ってばかりいるのも体重増加の元

日常の家事をしっかり行うだけでも運動量は増えるので、不用品の片づけなどは、赤ちゃんが生まれる前の今のうちにやってしまい、赤ちゃん用品をいろいろ置けるスペースを作っておくのもおすすめ。

でも体調の悪い時やお腹が張る時には無理しないでくださいね。

身体を温めて血行を促す

お風呂にゆっくりつかるなどして、体を温め、血行を良くすると、基礎代謝が上がると共に、むくみも改善されるのでおすすめです。基礎代謝があがれば、普段の生活上でも、エネルギーがより多く消費され、体重が増えにくくなりますね。

湯たんぽなどで、体の外部から温められると気持ちもリラックス。一方、白湯を飲むと体の中から温まり、手足の冷えの改善にも。たらいを使った簡単フットバスや半身浴などもオススメですよ。

運動で体を動かす

軽い運動によりエネルギーを消費することで、太りすぎが予防できます。

動きづらい臨月の妊婦さんなので、運動量が少ないとしても、可能な限り毎日運動を行って、体重増加を防ぎ、かつ出産に向けた体力作りを行いたいですね。

ウォーキングは体重管理といった側面以外に、股関節を動かすことによる、安産を期待できる運動として、病院から薦められることがあるかもしれません。

無理をしてしまうと、お腹の張りなどを感じることがあるので、すぐに運動を中止するようにしましょう。妊婦さんご自身の体調に合わせ、買い物がてらウォーキングをするなど、ちょっとした散歩をしてみてはいかがでしょうか。

太らない食事や食べ物とは

太らない食事とは、食べ過ぎに注意すること

妊娠後期の体重増加を予防するには、まず、今食べている食事量の見直しを一番にするとよいでしょう。

厚生労働省が発表した「日本人の食事摂取基準(2015年度版)」によると、妊娠後期に必要な推定エネルギー量は、妊娠前+450キロカロリーとなっています。

普通に生活している20代から30代の女性が、一日に必要とするエネルギー量は約2000キロカロリー。そのため、妊娠後期のエネルギー量は、2450キロカロリーとなりますね。

もし、カロリー面で、今まで食べ過ぎていたことに気づいた方は、食生活を見直してみるといいでしょう。

妊娠後期に入ると赤ちゃんが下がるため、胃の圧迫感が取れ食欲が増す妊婦さんも。体重が増え気味の方は、一日の摂取カロリーが、2450キロカロリー内に収まっているかどうか、チェックすると共に、食欲のまま食べることのないようにしてくださいね。

太らない食べ物9選!

ダイエットにおいて、カロリーが少なく太りにくいとされている食べ物を9つご紹介します。これらを組み合わせること、また、これらをよく噛んで食べることで、妊娠後期の体重増加を少しでも抑えるようにしたいですね!

  • 具だくさん味噌汁
  • 海藻類
  • しらたき
  • 春雨
  • 大豆製品
  • 無糖ヨーグルト
  • オリーブオイル
  • 雑穀

 

妊婦さんは、体重管理に頭を悩ますもの。もしあなたが、体重管理に悩んでおられるのなら、以下の記事を見てみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

まとめ

いかがでしたか?。

妊娠後期に体重を増やさないコツとして、妊娠後期に体重が増えてしまう理由を確認しつつ、妊娠後期の体重管理で、欠かすことのできない、

  • 太らない食事・食べ物
  • 生活習慣

についてお話をして参りました。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村