妊娠中の体重管理

妊婦の太りすぎのリスクは?何としても体重減らすのを成功させる!

妊娠中に体重が増えすぎてしまう・・・日本における妊婦さんにとっては、とても耳の痛いものです。ちゃんと食べて、赤ちゃんへの栄養は届けつつ、でもたくさん食べることによる体重増加はセーブして、と難易度はかなり高い。

そこで、今回は、妊婦さんに太りすぎによるリスクについて、理解を深めてもらうおうと、リスクを詳細にご説明しました。産院が体重管理にうるさいのは、このような理由があったからなのか・・・とハッとするようなことが分かるかも。

また、そのリスクを減らし、”何としても体重減らすのを成功させる!”ために、主に食事面から”おすすめで安心なダイエット法”をご紹介しています。参考にしていただけると嬉しいです。

妊婦さんの太りすぎによるリスクは?

妊娠高血圧症候群になる可能性が高くなる

症状は高血圧・尿タンパクの2つ。妊娠高血圧症候群は悪化させると、胎盤の機能が低下して、赤ちゃんにとっては深刻な栄養不足、妊婦さんにとっては、目の前がチカチカしてしまうなど大変危険。

重症の場合は、赤ちゃんの発育不全、胎児仮死、胎盤早期剥離などの事態へ発展し、さらには、早産、死産、赤ちゃんの奇形、発達障害などの深刻な問題を誘発する恐れがあるとされています。

妊娠糖尿病になる可能性が高くなる

妊娠中は尿に糖がおりやすいもの。検診で一度や二度、尿に糖が出でも、特に心配する必要はないものの、何度も糖が出てしまうようであれば、気をつける必要が。

なぜかというと、妊娠後期以降になれば、お腹の赤ちゃんも、妊婦さんの血中糖分の影響を強く受けるようになるため。血液中の血糖が非常に多かったり、高カロリーの食事によりたくさんの血糖が赤ちゃんに流れ込む場合赤ちゃんもが皮下脂肪をたくさん蓄え始め、太り気味に。

その結果、体重が4㎏を超えるような超巨大児に成長してしまい、帝王切開での出産を余儀なくされたり、体格よいものの内臓は未熟な赤ちゃんが生まれ、しばらくは入院を余儀なくされることも。

また巨大児で生まれてしまうと、生まれた後に血糖値が急降下。そのため、呼吸困難や黄疸といった、赤ちゃんが大変な思いをすることにも。

難産になるリスクが高くなる

太りすぎると、骨盤のまわりや産道の内側にまで、余分な脂肪がついてしまい、赤ちゃんが生まれるときに通る産道が狭くなってしまうことに。

また産道が狭くなると、出産のときに赤ちゃんを押し出す子宮の収縮も弱くなりがちで、赤ちゃんが子宮から降りてくるのに、かなりの時間を要することも。

その結果、赤ちゃんが酸素不足になって、最悪の場合脳に障害を負ってしまったり、それを避けるため帝王切開をしなければならなくなる事態が。

子宮の収縮が弱まることは、出血量が増えることにも関連。それは妊婦さんの体力消耗や貧血にもつながるわけで、産後の母乳の出や、産後の体の回復といったところにまで、影響があります。

体への負担が増える

出産がそもそもかなりの時間を要するもの。でも難産になれば、もっと時間が長引くもの。そうなると体へのダメージはますます大きくなるため、産後の体の回復に時間がかかってしまいます。

 

妊婦さんの太りすぎ、何としても体重減らすのを成功させる!

妊婦さんのダイエットで注意すべき点は3つ

  • 体に負荷の大きい運動ダイエットは避ける
  • 適度にダイエットを行う
  • 赤ちゃんに、栄養を届けることを最優先

マタニティダイエットは、通常のダイエットとは異なるもの。痩せて細くなることが目的ではなく、

  • 体が思うように動かない中、運動不足となるのを避ける
  • 体に余分となる脂肪をつけないようにする・減らす

ことが目標です。では、ここで安心でおすすめなダイエット法をご紹介しますね。一緒に見ていきましょう。

和食中心の食生活に

妊娠中に限らず、ダイエットの基本となるのが毎日の食事。和食は、その食事を”食べる量を減らさずに、摂取カロリーを低くできる”ため、大変心強いものです。

特に根菜類の具が多いお味噌汁は、腹持ちもよく体が温まり、食物繊維も豊富

なお、和食では、醤油や塩など、塩分が含む調味料を使うことが多いもの。ですから、妊娠中は塩分控えめを心掛けて。塩分摂取量が多いことが、体がむくむことに繋がり、体重増加の遠因になるためです。

ヘルシーなおやつ

妊婦さんはとかくお腹をすかせがち。また楽しみの一つであるおやつ。

となると、決まった時間にとる3食の他、おやつで甘いお菓子をつまんでしまいがち。でも、ここは我慢のしどころです。

どうしても耐えられないときは、ヘルシーなおやつを摂るようにしたいもの。

  • 寒天ゼリーやわらび餅
  • 便秘に効くプルーンやいちじくなどの果実、無糖ヨーグルトと合わせても◎
  • アーモンドなどの木の実類

また、甘いお菓子を絶つ方法としては1日3食の食事を5~6回に分けて少しずつ食べるという”分食”という手も。

しらたきごはんダイエット

和食中心の食事からもう一段階ダイエット効果を上げたい人には、しらたきご飯がおすすめ。作り方は、白米にしらたきの細切れを混ぜて炊飯するだけ。

妊婦さん向けではなく、通常のダイエット手法として有名になったものですが、食べる量を減らさずにカロリーだけ減らすことができるので、ストレスになりにくく、おすすめの方法です。

お米2合に対してしらたき160~200gが目安ですが、好みにもよるので、色々な比率で試してみてくださいね。

酵素ドリンク

意外に思うかもしれませんが、酵素ドリンクは腹持ちがよい食材の1つ。 酵素ドリンクには、果糖が含まれているため、摂取すると血糖値があがり満腹感が得られることに。

酵素ドリンクはカロリーが非常に低いので、◎の食材です。

酵素ドリンクについては、以下の記事を見てみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

有酸素運動を

妊婦さんの体重が増えると、妊娠中毒症などの病気になる恐れが。ウォーキングは有酸素運動なので、脂肪をしっかり燃焼する効果があり、痩せる効果が期待できますね!また、有酸素運動により、酸素がしっかりお腹の赤ちゃんに渡るため、お腹の赤ちゃんがリラックスできる効果もプラス。

 

まとめ

いかがでしたか?。

妊婦さんの太りすぎによるリスクについて、かなり詳細にご説明をした後、そのリスクを減らすため、”どうやって体重減らすのを成功させる”かについて、主に食事面から”おすすめで安心なダイエット法”をご紹介して参りました。

妊娠中の体重増加、赤ちゃんの体重が増えるに従い、妊婦さんの体重が増えるのは自然なこと。でもその増え幅がひどいと、大変恐ろしいリスクがあることが分かります。

でも、なるべく食欲のままに食べることをせずに体重をキープし、時々、よくできたね!とご自分にご褒美をあげる、といった仕組みの活用も。ストレスがたまって暴食するより、よほど効果的。

多くの妊婦さんが実践しているようなので、試してみてくださいね。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村