妊婦のダイエット

妊婦さんの体重制限はたいへん、体重を減らすには、運動と食事管理?

待ち望んでいた妊娠。初めての産科、初めての妊婦健診。妊婦さんは心躍る気分で診察に向かわれたと思います。

担当していただいた助産師さんは、私の母子手帳を開いて、体重管理のページに、赤い線とピッと入れました。あれれ?

「体重管理は大変だから頑張ってね!」

体重管理?なんじゃらほい。そう思っていた私ですが、妊娠中期になるにつれて、体重増加が激しくなってきたので、こういういことだったのか!と合点。私もしっかり、助産師さんに体重が増えすぎだと怒られましたよ(笑)

この記事は、体重制限のたいへんさに悩む妊婦さんに向けて、まずはダイエットの考え方を整理するお話を、そして、妊婦さんの体重を減らす具体的なダイエットとして、運動や食事についての取り組みをお話して参ります。ぜひ参考にしてくださいね。

妊婦さんの体重制限はたいへん。ダイエットの考え方は?

妊娠中のダイエットは、ちょっと特別。つまり、普通の人(妊娠されていない方)が痩せたい!スレンダーになりたいと思うダイエットとは異なるもの。

妊婦さんのダイエットは、「痩せる!」というより「急な体重増えすぎと、期間中における体重増えすぎを防ぐ」という考え方をすることになります。

出産するまでの10か月間における体重管理で、一番大切なのは「急な体重増加に気を付ける」こと。1週間の体重増加を500g以下に抑えることを目指しましょう。

また、出産するまでの間の、理想的な体重増加は7kg〜12kg程度。1週間という短期と、臨月までの長い期間と、両方で管理できるといいですよね。

 

妊婦さんの体重を減らすには?運動編

妊娠中に行うダイエットの運動編、妊婦さんにとって激しいスポーツは禁物!妊娠中の運動としておすすめなのは、ウォーキングやマタニティスイミング。また、マタニティヨガやストレッチ、足踏み運動なども、有酸素運動なので良いでしょう。運動する際は、次の注意点をしっかり守ってくださいね。

妊娠中に運動をするときの注意点

安定期から始める

一般に、運動を始めてよい時期は、安定期から。普段の妊婦健診が順調であること、かかりつけ医から運動の許可が下りたら、少しずつ運動を開始するとよいでしょう。

 

①自分のペースに合わせて、ゆっくり取り組む。 

ご自分では元気なつもりであっても、妊娠中なので、ゆっくり・ゆったりペースをキープしたもの。

 

②お腹の張り等異常を感じたら、運動を控える

運動している際に、体調が悪くなったら、迷わずすぐに休むことを忘れずに。

 

③体調のよいときに、取り組む

無理をしないことが最も大事。眠たいときや疲れを感じるときの運動は、控えましょう。

 

④妊娠トラブルがあれば、必ずかかりつけ医に相談する

つわりの症状が重い、切迫早産など、妊娠トラブルがあるときには、運動前に必ずかかりつけ医に相談を。許可を得てから運動をするのが賢明です。

 

⑤母子手帳と携帯を忘れずに

何かトラブルが起きた時のために、連絡がつくよう携帯を携行するように。母子手帳もあるとよいですね。

家事を継続する

掃除・洗濯・買い物等の家事。実は運動量が大きいもの。わざわざ運動するのが苦手な人、運動するために出かけるのが億劫な人は、自宅内の家事を毎日しっかり実施することで、運動に代えるのも手です。

家事はすればするほど、終わりがないもの。掃除なども、普段は手をつけない箇所を掃除してみると、運動になると同時に、家もきれいになるので一石二鳥となること間違いなし!

 

妊婦さんの体重を減らすには?食事編

妊娠中のダイエットの食事編。極端な食事制限は、お腹の赤ちゃんに栄養が行き届かないばかりか、妊婦さんご自身も空腹による貧血になったりと、とても危険です。三大栄養素を中心に、葉酸、鉄分、カルシウムを加えた、栄養バランスのとれた食事生活を心がけて。

さて、太っていることを気にしている妊婦さんにとって、これ以上太らないための対策が必要。いくつかそのヒントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

食事の見直し

いつも自分が何を食べているのか、食事内容を明らかにしましょう。自分が食べているものが分かり、それを認識すれば、今度は食事を見直す段階に

和食中心の食生活

和食は洋食に比べ、塩分や糖分、油分が控えめで、カロリーも低いもの

サンドイッチ1個と例にとると、カロリーはおにぎり2個分に相当。脂肪分はおにぎり8個分に匹敵。

さらに、和食に多いかつお節や納豆などの発酵食品は、腸の調子を整えて便秘解消効果が高いという効果も。

一汁三菜といった和食形式は、たんぱく質に加えビタミン・ミネラルを効率よく摂取することができるのです。可能な限り、和食を取り入れるようにしてみましょう。

 

information

便秘がひどいと、赤ちゃんに不要な要素が届く可能性も!?。なかなか便秘が解消しないときは、腸内に善玉菌を増やすオリゴ糖がおすすめ。

頑固な便秘には、オリゴ糖を知り尽くした専門家監修のオリゴ糖を。7包1,080円(税込、送料無料)でのお試しは、今だけ。
『食べるスキンケア』【エンジェルオリゴ】

 

食事内容を書き出す

いつもどんなものを食べているのか、まず書き出すようにしてみて。自分の意識と実際の乖離を把握するのが目的。

これにより三食以外に食べてしまう時間がないか見直したり、摂取カロリー面から食材を調整したりすることができます。

また、食事については、カロリーを抑えるというだけでなく、これまであまり摂らずにきた不足栄養分がないか、栄養の偏りをみつけることも大切。バランスのよい食事ができているか、見直すことの意味は大きいですね。

おやつやジュースなど、思ったより食べていて意外と驚く場合も。何を食べているのかを自覚することで、食に関する意識が変わってくることを狙います。

食事時間を整える

妊娠中のダイエットにつながるのが生活習慣のリズム。夜更かしや朝食抜きなどをしていませんか?朝食が遅くなるから、ブランチにしてしまったり、朝からお菓子なんてことはありませんか?

小学生ではないですが、まずは、早寝・早起き・朝ごはんです。朝ごはんから食事を始め、三食しっかり食べることで、赤ちゃんに必要な栄養を摂るようにしましょう。

また、夜更かしは疲れがとれず、睡眠不足の原因に。体の調子が整わないと、翌日の行動にも影響を与えることが。

また、夜更かしをすればお腹が空いて、間食をしかねませんよね。生活リズムを整え、体調を万全に、規則正しい食事生活をすることがおすすめです。

 

妊婦さんに愛される、マルチ抱き枕はこちらから!5つの使い方で、妊婦さんの眠りを強力にサポートします。妊娠中から産後にと長く活躍。他社製品より安いのも魅力の1つですね。

 

妊婦さん必見! 体重管理に悩むのを終わらせるには?

妊婦さんの食事管理は、とかく気を付けることが多いもの。

  • できれば、和食
  • 塩分は控えめ
  • 栄養はあれど、低カロリーなものを
  • これらに、レコーディングダイエットや食べ順ダイエットを加えて・・・

1日3食、しかも毎日。はっきり言って、大変です・・・・。もっと簡単にできることはないかなぁと、お困りのあなたに、ぜひ試して欲しいことが。

糖質制限で、もう体重管理に悩まない!

食事から糖質だけを取り除く、だけど、たくさん食べてOK!、という”糖質制限ダイエット”は世界的にも大人気。でも、忙しい平日に、ご自分で糖質制限を行うのは、難しいもの。

なぜなら、慣れないうちは、糖質の少ない食材や調味料を選ぶのに、とても時間がかかるから。

実は、プロの管理栄養士と一流シェフによって作られた美味しい糖質制限食を、自宅まで届けてくれる“糖質90%オフの宅食サービス” があるんです。

あなたに必要なのは、“このお弁当を食べる”、たったこれだけ。それだけで、”5つの嬉しい”がかなうんです♪。

  • ご飯を作る時間が省略できて、その分、自由な時間を確保
  • 夢にまで見た、しっかり食べても太らないが実現。
  • もう、体重増えすぎの心配をしなくていい
  • ストレス解消に暴食、という”負のループ”から脱却
  • 安産を迎えることができる!

→糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH- ナッシュ」 

 

食事作りは、まるっとプロに任せ体重増えすぎのストレスから、ご自分を解放してあげましょう。そして、生まれる前にやっておきたいことを”存分に楽しむ”のが、時間とお金の”賢い”使い方

 

 

さて、妊婦が糖質制限しても大丈夫?と心配される方がちらほら。もちろん、いきなり3食すべてを糖質制限するのは、さすがに勇気がいるもの。

だから、妊婦さんは1日1回、食後の血糖値が下がりにくい夕食のみを”プチ糖質制限”するのがおすすめ。

 

ではここで、産婦人科医である宗田先生のインタビューのご紹介。すべての妊婦さんに必見の映像です。

いかがでしたか?先生は、以下のようにお話しされていましたよね。

糖質過多は太る原因。妊娠中の食生活を見直すことで、安産になる。また産後も、その食生活を継続することで、家族が幸せになる。」

 

ではもう1つ、病院の取り組みやご自身の被験データをもとに、糖質オフを提唱されている、京都の名医、江部康二先生が述べられている内容も、ご紹介しておきますね。

・「妊婦が糖質制限すると、赤ちゃんが将来生活習慣病になる」という論文は存在しない。

人間は体内で糖質を作る”糖新生”を行うもの。だから、糖質制限の結果、低血糖になるなど、心配する必要はない。

 

これまで、カロリーを気にして、食べる量を制限していたアナタ、食生活を”糖質過多”から”糖質オフ”へと改善を!。その代わり、食べる量はしっかりとって大丈夫

糖質量に気を付けるなら、外食だって、ステーキ食べ放題だって、ビュッフェまで解禁に!。これぞ、夢にまで見た、食べて痩せる!ですね。

 

最後に、産婦人科医宗田先生の、もう1つのインタビューをご紹介します。

いかがでしたか?先生は、以下のようにお話しされていましたよね。

赤ちゃんに必要なのは、肉、魚、卵等のたんぱく質。妊婦さんが好む、白米やパン、麺類、イモ類などは、赤ちゃんへの栄養が少なく、糖質ばかりが多い。

 

ですから、今日から、糖質が少なく、赤ちゃんに栄養のある、”肉、魚、卵”をたくさん食べましょう!

肉料理、魚料理はもちろん、ご自分で調理することができます。でも、自炊で気を付けなければいけないのは、塩分のとりすぎと、みりんなど調味料に入っている糖質の摂り過ぎ

和食はヘルシーと言われますが、糖質制限の観点からすると、みりんや砂糖を多く使うので、糖質過多に要注意の食事なんです。

 

糖質90%オフのNOSHには、肉料理、魚料理のメニューもたくさん砂糖不使用など、もちろん、調味料に至るまで糖質計算に配慮。新メニューも定期的に追加。だから、飽きることもありません。

 

糖質は妊婦さんの太る原因で、赤ちゃんに栄養がないもの。だから、今すぐプチ糖質制限を始めましょう!NOSHのメニューを食べることで、食べない我慢や、体重増えすぎの心配、ストレスからの暴食、そんな状況から、いち早く、ご自分を解放してあげましょう!

あなたが糖質制限を始めるのを、赤ちゃんは今か今かと待っていますよ!。

 

電子レンジでチンするだけ!平日の夫婦の夕食は糖質制限食を!1食548円から。
糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH- ナッシュ」 

 

まとめ

いかがでしたか?。

体重制限のたいへんさに悩む妊婦さんに向けて、まずはダイエットの考え方を整理するお話を、そして、妊婦さんの体重を減らす具体的なダイエットとして、運動や食事についての取り組みをお話して参りました。

体重管理は思うようにならないもの。でもできることを1つでも2つでも実践することは大事なこと。安産に向けた体重管理、ゴールは見えているのですから、あともうちょっと。あなたの体重管理を応援していますよ!

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村