妊娠中の体重管理

妊娠中の太りすぎ、ダイエットで痩せたい人向け“成功のコツ”

妊婦になれば、大事な赤ちゃんを育てるのに、栄養をたくさん摂らなくてはと思いがち。

もちろん、羊水や胎盤が構築され、出産に耐えるためのエネルギーを身体に蓄えるために、ある程度の体重増加は必要なのですが、病院からダイエットの指導受けるほど、太ってしまう妊婦さんがいるのも事実。

この記事では、妊娠中の太りすぎに困り、ダイエットして痩せたい人に向けた“成功するコツ”をお伝えします。

妊娠中の太りすぎ、その原因とは?

妊婦さん
妊婦さん
妊娠前は細くてきれいだった方が、妊婦さん時代に大変太って、出産後もそのまま(太ったまま)という人、いますね・・・
助産師さん
助産師さん
どうやら、その原因は、妊娠中に太りすぎてしまったことと関係があるようです。一緒に見てみましょう。

食べづわり

妊娠中は、ホルモンバランスの変化などにより、”気持ち悪い、吐き気をもよおす”といった、いわゆる”つわり”の症状が出ます。その仲間には、空腹感を感じると気持ち悪くなる「食べづわり」も。

妊婦さん
妊婦さん
始終食べていない気持ち悪くなってしまうんですよね・・

食べ続けた結果体重が増えてしまい、また出産後も痩せることなく、そのまま体重を維持・・・なんて方も。食べづわりへの対処としては、食事以外においては”カロリーのより低いものを食べる”に変更すること。これで体重コントロールが容易になるでしょう。

 

一方、妊娠中につわりにより食べられなかった人は、一般には安定期に入るとつわりが治まる傾向があるものの、その後の食欲が妊娠前と同じか、それを超えて強まることも。

助産師さん
助産師さん
「食べづわりと同様、“食事以外において摂取するカロリーを、より低いもの変更する”で対処しましょう。

運動しない生活

妊婦さんは、妊娠後期になるにつれ、お腹が急に大きくなるために、動くのが億劫になります。そのため、そのまま動かない生活をしていれば、やはり太る原因に

助産師さん
助産師さん
「ここで食べてしまうと、体重増加まっしぐら。

また里帰り、産休に入る/退職するなどがあれば、太るに拍車がかかります。里帰りの場合、妊婦さんのお母さまが「体を大事にして休んでいなさいね」「家事は無理して手伝わなくてよいから」と”娘を妊婦様に”扱いをしてしまうと、さらに体を動かさなくなるなんてことも。

動かない生活への対処は、やはり適度な運動をすること。用事があってもなくても、1日1回はお散歩に出かける、雨の日は足踏みをするなどして、体を動かすようにすれば、体重コントロールが可能になることでしょう。

妊娠中にダイエットで痩せたい人向け 成功のコツ(5つ)

毎日体重測定する

体重を計る際は「なるべく同じ条件で計測する」が鉄則。

朝と夜では体の状態も異なるので、測定できる体重そのものにばらつきが。できれば朝と夜の2回体重を計り、その両方の体重変化を記録するのが理想です。朝起きたらトイレを済ませ、朝食前に、そして毎日決まった時間に計測しましょう。

 

そして、測定した体重のデータを、確認しないと意味がありません。1か月や1週間に1度、妊娠月数ごとの理想的な体重増加の目安と、ご自分の体重増加とを比較してみてください。

その目安の範囲に収まっていれば安心してよいでしょう。

助産師さん
助産師さん
もし急激な体重増加がみられたら、その原因を考えて。これまでの食生活の見直しや、ウォーキング等の適度な運動がおすすめです。

食事時間を決める

妊娠後期に入ると、子宮が大きくなるため、胃が押されてしまい、1回に食べられる量が減ることが。そのため、食事の回数を増やす人も出てきますね。

ダラダラと食べ続けると、 余分なカロリーを摂ってしまうばかりか、胃腸が休まることがないので、代謝が落ちるデメリットも。食事の回数が増えたとしても、食事をとる時間はしっかり決め、規則正しい生活を送ることが大切です。

食べる順序を変更する

「食べ順ダイエット」で知られる、食べる順番を変えるというシンプルの方法。食事の食べる順序を意識するだけで、ダイエット効果が現れるので、とても手軽に取り組めます。

助産師さん
助産師さん
野菜をまず最初に食べることで、以下の3つの効果が期待できるんですよ。

  • 血糖値の上昇を抑える
  • 炭水化物の食べ過ぎを防ぐことができる
  • 栄養バランスが整う

食べたものを記録

今日は何を食べたか、食べたもののカロリーがどれくらいなのかを記録するもの。記録を俯瞰することで、一日の量が総じて食べ過ぎでないか、カロリーはオーバーでないかを知ることができ、その振り返りが次に生かされ、自然とやせていくメカニズム。

記録をとることで、量やカロリー面からしっかり管理できるようになるので、特に、食べづわりの人に効果が高いかもしれませんね。

助産師さん
助産師さん
記録をとる=食事管理を行うなので、リバウンド防止効果も高いです。妊娠前だけでなく、出産後も継続して取り組むとよいでしょう。

1日の総カロリーのチェック

目を背けたい気持ちはわかりますが、やはりカロリーのとりすぎは、太ることに直結。 妊娠中の太りすぎを防ぐには、1日の総カロリーのチェックが欠かせません。

ダラダラ食べ続けてしまう習慣がある人は、食事時間を決め、1日の総カロリーチェックをすれば、 これだけで、ダイエット成功が目の前に来ていることになります。ぜひ取り組んでくださいね、

まとめ

妊婦さんが痩せるためのコツはいかがでしたか?始めやすいものが多かったことと思いますが、毎日続けるのはちょっとだけ大変・・・。体重チェックや食べたものの記録については、アプリを使うと管理しやすいでしょう。ご自分にあったアプリを探してみるのもよいかもしれませんね。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村