妊娠中の体重管理

妊娠中、体重が増えすぎたらダイエットして減らす、この方法はOK?

妊娠中期をすぎると、おなかの赤ちゃんがぐんぐん大きくなりますね。それに伴い、ママの体重もどんどん増加。ただし、妊娠期間を通して、”増えてよいとされる体重”や“摂取カロリー”には、望ましいとされる目安があるんですよ。

体格指数(BMI)の計算式を使って、まず、ご自身の体格指数を確認。そして妊娠中に”増えてよいとされる目安の体重”を押さえておきましょう。

 

体重をキープする”妊婦さんだけ”が知っている、ダイエット成功の秘密はこちら↓
はくだけ-7cm着圧ソックス!【Angellir キュッとルームソックス】

 

妊娠全期間を通して、”増えてよいとされる体重”の目安

BMI=妊娠前の体重(kg)÷身長(m)÷身長(m) 例:身長160cmで妊娠前の体重が55kgであれば、BMI=55÷1.6÷1.6=21.49となります。

<体格指数、妊婦さんの体型、”増えてよいとされる体重”の目安>

  • 体格指数(BMI)18.5未満:低体重(やせ):9~12kg
  • 体格指数(BMI)18.5~25.0未満:普通 7~12kg
  • 体格指数(BMI)25.0以上:肥満:医師に要個別相談

 

妊娠中期以降における、1週あたりの、”増えてよいとされる体重”の目安

  • 体格指数(BMI)18.5未満:300~500g
  • 体格指数(BMI)18.5~25.0未満::300~500g
  • 体格指数(BMI)25.0以上:医師による個別対応

参考:妊娠中期、食べてないのに体重増加止まらない。体重増やさない方法は

 

妊娠期間中を通して、”増やしてよいとされる摂取カロリーの目安”

妊娠前の1日の摂取ネルギー量は、年齢や活動量によって異なります。このエネルギー量に、妊娠時期ごとに増加分をプラスして、妊娠期間中に摂取してよいとされるエネルギー量とすることができます。

<女性の1日のカロリー量>

  • 18~29(歳):1,650kcal~2,200kcal
  • 30~49(歳):1,750kcal~2,300kcal

<妊娠中の1日の摂取カロリーの目安>

  • 妊娠初期の場合:妊娠前+50kcal
  • 妊娠中期の場合:妊娠前+250kcal
  • 妊娠後期の場合:妊娠前+450kcal

妊娠中の体重管理は、これら目安の範囲で、体重やカロリーを上手に調整することが求められます。

参考:肥満妊婦の体重管理、食事メニュー変更で痩せた?ダイエット成功か?

 

助産師さん
助産師さん
妊娠中の体重管理は、これら目安の範囲で、体重やカロリーを上手に調整することが求められます。

 

妊娠中、体重が増えすぎたら、どんなリスクがある?

妊娠中に体重が増えすぎてしまうと、妊婦さんの妊娠中の病気や赤ちゃんの成長、出産娩時の大変さといった面で、母子ともによくない影響があるので、体重管理は一層必要になりますね。

参考:妊娠後期、体重減らすには?肥満妊婦は食事や運動でダイエット成功?

 

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群は、高血圧や蛋白尿、むくみなどがでる病気。悪化すると赤ちゃんにも影響が。 また、重症化すると胎児発育遅延や常位胎盤早期剥離、子癇などの合併症を併発する可能性があります。

妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群に見られる浮腫み(むくみ)。浮腫んでいるだけでは、病気とされないけれど、油断は禁物。赤ちゃんに栄養が届けられていないかも!?

参考:妊婦の浮腫み、解消法は?体重増加防止と赤ちゃんのために必要なこと

 

赤ちゃんに、しっかり栄養届いてない!?

妊娠後期や臨月の妊婦さんは、体重管理に悩んでいるもの。食べていないのに体重が増える原因は、体のむくみが原因である可能性が

むくみの解消には、食事や運動からのアプローチも有効。でも即効性がなかったり、継続が難しかったりするのが難点。その点、即効性と無理なく続けられる、あなたの強い味方が、手でほぐすように圧力をかけてくれる、着圧ソックス

 

 

 

 

 

 

 

履いた瞬間から、むくみ解消のマッサージが開始。履いて寝ると、翌朝はスッキリ快適!。足は第二の心臓と言われます。この着圧ソックスのアシストにより、血液を押し出すポンプがしっかり働くので、全身の血流も改善し、むくみ解消に。

これで、赤ちゃんに新鮮な酸素と栄養を届けられますね♪

 

むくみがなくなり代謝が上がれば、自然と太りにくくなるんです。ダイエット成功赤ちゃんが”よりしっかり育つ”、そんなハイブリッド効果のあるこのアイテムは今や大人気に!。

 

着圧ソックスの中でも、【Angellir キュッとルームソックス】が一番おすすめ。というのも、他社にはない5つのすごいを実現しているから。

  • 手でほぐすような圧力
  • むくみに最も効果のある着圧
  • 美容成分による、すべすべの触り心地と履き心地
  • すでに100万枚の販売実績で、他社製品と圧倒的な大差
  • 安心の日本製で、しっかりした編み構造

 

それから、既にこのソックスを履いている方の”嬉しい声”をご紹介しますね。

  • 寝ている間も、履いていることが気にならない履き心地でした。
  • 着圧がキツいと痛くなりますが、これは”程よい締め付け感”なので楽。
  • 気づいたら足にすき間ができていたのが、嬉しかった!
  • 妊娠後期に、足がパンパンになりましたが、これですっきりして快適です。

     

 

着圧ソックスは他にもありますが、この【Angellir キュッとルームソックス】は、研究しつくされた着圧と安心の日本製ですから、すぐに破れたりせず、産後のむくみ解消にも使えるので、無駄になることもありません。結局は長持ちでお得なんですよ。

まだ持っていない方は、今すぐ、履いて寝る習慣を!。今から持っておくと産後ダイエットは、あなたが一番乗りできちゃいます♪。

 

むくみを解消して、赤ちゃんにしっかり栄養を届ける秘密のアイテムはこちら↓
はくだけ-7cm着圧ソックス!【Angellir キュッとルームソックス】

 

妊娠糖尿病

妊娠中の血糖値が上がってしまう病気。4000グラム以上の巨大児が生まれる可能性や、早産、上記の妊娠高血圧症候群が起こりやすくなります。

 

 

忙しいあなたも、今日からプチ糖質制限!

糖質の少ない食事をとることで、太りにくい体質になるという”糖質ダイエット”は世界的にも大人気。でも、忙しい平日に、ご自分で糖質制限食を作るのは難しいもの

実は、プロの管理栄養士と一流シェフによって作られた美味しい糖質制限食を、自宅まで届けてくれる”糖質90%オフの宅食サービス”があるんです。

ご飯を作る時間が省略できて、自分の時間を確保できる!。赤ちゃんを迎える準備や、出産までに片付けておきたい事柄に時間を割くことだってできる。そして何より体重増加の心配をしなくていいなんて、妊婦さんには三拍子の嬉しいが揃ってしまうんです!

 

太らないメニューづくりに悪戦苦闘したり、頑張ったのに体重が増えて撃沈したり、ストレスから暴食に走って悔やんだり・・・こうしたストレスを溜めるよりは、プロに任せてストレスフリーになるほうが、時間とお金の”賢い”使い方。

 

プチ糖質制限をすると、体重増えすぎを、”常に気にすることから解放される”上、お腹の赤ちゃんとの時間を、”心から楽しめる”ようになる、またとない幸せな時間が過ごせますよ♪
糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH – ナッシュ」

 

 

さて、妊婦が糖質制限しても大丈夫?と心配される方がありますが、結論から言ってしまうと大丈夫!!。なぜなら糖質オフの提唱者、江部康二先生がご自身のブログや本で、以下のようにおっしゃっているから。

  • 「妊婦が糖質制限すると赤ちゃんが将来生活習慣病になる」という論文は、実際には存在していないこと
  • 糖質制限をしても、自分の体で糖質を作る”糖新生”が活発になるので大丈夫

 

とはいえ、いきなり3食すべてを糖質制限するのは、さすがに心配になりますよね。ですから、妊婦さんは1日1回、食後の血糖値が下がりにくい夕食のみを”プチ糖質制限”してみてはいかがでしょう。

糖質制限をするだけで、ステーキOK、外食解禁に!。これは食べる量を制限していた妊婦さんには、たまらない魅力ですね!

 

最初は糖質オフの食材選びに難儀するもの。普通にお弁当を買うのと同じ値段で始められる&しかも美味しい糖質制限食を、あなたも始めてみませんか?今すぐプチ糖質制限を始めて、食べちゃダメ、食べ過ぎた!のストレスから、ご自分を解放してあげましょう!

 

電子レンジでチンするだけ!平日の夫婦の夕食は糖質制限食を!1食548円から。
糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH – ナッシュ」

 

妊婦さん
妊婦さん
妊娠中の糖尿病は、甘いもの食べちゃいけないだけだと思ってました。糖尿病になる原因て、そんな甘いものではないんですね・・・赤ちゃんに影響があるなら、この病気にならないように気を付けないと。 

参考:肥満妊婦さんのダイエット、体重減少成功の鍵は食事メニューと運動

 

神経管閉鎖障害

妊娠初期にはおなかの赤ちゃんのさまざまな器官が作られますが、この時期に葉酸の摂取量が不足するほか、糖尿病や肥満などによって神経管閉鎖障害が起こります。

 

腰痛

体重増えすぎに伴い、体の重心が移動。お腹の部分のみ背骨が前のほうに曲がってしまったり、お腹も大きくなるので、腰が反ってしまったり。そのため足腰に負担がかかり、腰痛や膝痛を抱えがちに。

妊婦さん
妊婦さん
私も、最近腰が反り気味。ちょっと威張って歩いている感じです。腰痛にならないようにしたいなぁ。。。。 

 

妊娠線ができやすい

妊娠線とは、皮膚の奥、真皮が裂けてできる断裂線のこと。一夜にして妊娠線ができてしまう妊婦さんもあるようです。筆者のお腹にも、しっかり妊娠線が・・・。

妊婦の50~60%に妊娠線ができるものと言われており、太りすぎの妊婦ならなおさら、妊娠線ができる確率は高くなる可能性が。

 

妊娠中は赤ちゃんの成長に伴ってお腹が大きくなったり、、おしり、太もも、二の腕などに脂肪が付いたりした際に、皮膚が急に伸びることが、妊娠線ができる原因妊娠線は、その結果、赤紫色の線状班が現れてしまう症状を指します。

妊婦さん
妊婦さん
妊娠線の写真を見ると、ぞっとします。おへその下は見えないから、できているかどうかわからないなぁ。 

 

主に妊娠線ができる場所は、こちら↓。

  • お尻
  • 太もも
  • 二の腕
  • 乳房

 

お腹が大きくなるほど妊娠線ができやすくなるので、肌の保湿を心がけ、保湿能力が高い”妊娠線防止クリームを活用して予防とケアを。

妊婦さん
妊婦さん
私も、毎晩風呂上りに、せっせとクリーム塗ってますよ~ 

 

↓このクリームは、真皮の層までうるおい浸透!無料サンプルもこちらから。

妊娠中、体重が増えすぎたら、出産時にどんなリスクがある?

肥満妊婦さんにおける、妊娠中に体重が増えすぎてしまうと、妊娠中および出産時そして、出産後にさまざまなリスクを抱えることになります。

以下にその例を挙げますので、これらの症状に注意を払いつつ、体重管理を進めるようにしたいですね。

難産

脂肪が産道につくことで、赤ちゃんがでずらく難産になることも。その結果、緊急で帝王切開になってしまうことも。

妊婦さん
妊婦さん
お友達の実話ですが、通常分娩で出産に臨んでいたのに、陣痛促進剤を使ってもうまくいかず、出産の途中段階で帝王切開に切り替わったと聞いたことがあります。 

微弱陣痛

陣痛とは、出産の際に子宮が収縮し、赤ちゃんを外へ押し出そうとすること体の働きのこと。肥満のために、子宮の周りに余分な脂肪がついてしまうと微弱陣痛となってしまうことが。その結果分娩がうまく進まないと、陣痛促進剤や帝王切開術などの緊急措置となることに。

児童回旋異常(じどうかいせんいじょう)のリスク

出産のとき、赤ちゃんは産道の形にあわせて頭の向きを変えながら進みますが、太りすぎると、この頭の回旋がうまくいかなくなる可能性が

産後ダイエットが成功しにくい

妊娠中に太ることは仕方のないことですが、必要以上に体重や脂肪が増えると、産後に体型を戻すのが大変に。ダイエットに時間がかかったり、そのまま元の体型には戻れない可能性も。

妊婦さん
妊婦さん
妊婦さんの体型のままなんて、嫌だなぁ。妊娠中についてしまった脂肪はそっくり落としたい!

chat face=”ninpu.png” name=”妊婦さん” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 太ったまま、元の体型に戻れないなんて、嫌だなぁ。 [/chat]

Information

産後1ヶ月。やっと体が戻ってきた頃から、産後のママを悩ませ始めるのは、出産に使われた筋肉がそっくり脂肪に変わってしまう下半身太り。

育児や授乳で体力を使うから痩せるだろう・・・と最初は淡い期待を持っていても、世の中の産後ママを見ていれば、結局は私も産後太りの仲間入り・・・とむなしくなるもの。

 

でも本当は「出産した体に見えないね!」と、一度でいいから言われてみたい!。

その期待に応えるには、苦しいダイエットに励むより、出産でグラついた骨盤を、骨盤ショーツでケアするのが、最も早くて確実。

出産した体に見えないって言われる!?産後の体の回復を早めるアイテム
Youtuberてんちむ愛用!マジカルシェリー骨盤ショーツ!

 

もちろん、骨盤ショーツでなくても、運動や食事制限という根気と時間を使って、産後ダイエットに成功することは可能です。

でも、ダイエットを途中であきらめてしまう一番の原因は苦しい努力の割りに、望んだ数値に至らない挫折感や、やっかいなリバウンドがあるから

あれやこれやと様々なダイエットを繰り返してしまったり、”これこそが最後の一手!”と奮起したものの効果が表れずじまい・・・なんてことも。そして、結局”私にはダイエットが難しいんだ”と落ち込むのがいつものパターン。

 

だから産後すぐに、骨盤ショーツで、出産でグラついた骨盤を矯正してしまい、体の代謝を高めることが、手っ取り早くて長続きする秘訣

骨盤ショーツは、産後に脂肪になった”お腹のお肉”を引っ込め、ヒップアップができてしまうといった、早々に、目に見える効果が得られるのが、嬉しいポイント。

 

 

 

 

 

今回おすすめする骨盤ショーツは、骨盤矯正のプロが作ったマジカルシェリー。

他の骨盤ショーツには無い、段階調節機能ベルトつき。食後や授乳時は、腹囲の締め具合をゆるめるといった調整ができるんです。骨盤ケアを続けられる秘訣は、着用しても苦しくないこと!

 

骨盤ショーツは、赤ちゃんのお世話に慣れてきた”産後1ヶ月”頃から着用しましょう。産後ダイエットをずるずると先延ばしにしていると、基礎代謝も時間とともに落ちるので、増々太りやすく戻りにくい体になりかねません。

 

だから、時間のある産前のうちに準備しておく必要が。スムーズに産後ダイエットを始めることで、”太る”という大きな悩みが1つ解決できるだけでなく、効果もないのに様々なダイエットに手を出してしまう、今後の”時間とお金”のムダをしっかりセーブすることができますよ。

 

実はこの商品、TVで紹介されたことから売り切れが出てしまう可能性が。そのため、本気で、産前の体系に戻りたいと思う人だけ、今すぐ以下の公式サイトにアクセスしましょう。
Youtuberてんちむ愛用!マジカルシェリー骨盤ショーツ!  

 

妊娠中、体重が増えすぎたら過度なダイエットして減らす、この方法はOK?

妊娠中に体重が増えすぎたらよくないと産院で指導を受けるものの、だからといって無理なダイエットをすることで、妊婦さんの体重がまったく増えないというような場合には、妊婦さんおよび赤ちゃんともに、よくない影響が。

妊娠中はお腹の赤ちゃんを育てている意識を忘れず、無理なダイエットや体重の落としすぎは控えましょう。 

妊娠中の過度なダイエットのリスク。

  • 低出生体重児が生まれやすい:赤ちゃんは身体機能が未熟で、合併症が起こりやすい。
  • 切迫早産・早産:早産しやすい状態に。
  • 貧血:無理なダイエットで貧血が進行することも。

参考:妊婦さんの暴食、食べ過ぎた翌日は、不足栄養素を食べてリセットを!

 

妊娠中、安全に体重をコントロールするには

運動編

おすすめの代表選手は、ウォーキング

ウォーキングは、安定期に入ったらぜひとり入れたいマタニティーダイエットの一つ。 コストがかかることなく、気軽に始めやすいのが最大のメリット。まずは、散歩のつもりで家の近所を歩くことから始めてみて。

妊婦さん
妊婦さん
ゆっくりウォーキングすることは、景色や新しい発見を楽しむことにもなり、気分転換が楽しめそう。お母さんが楽しんでいれば、きっとお腹の赤ちゃんも楽しい気分を味わっているのでは。

また、ウォーキングは有酸素運動なので、代謝がアップして脂肪が燃焼されやすいと言われています。1日30分程度続けて行うと、全身の血行がよくなることで、肩こりや腰痛の緩和、便秘解消と嬉しいおまけつき。

ただし、長くても30分を限度に。今は体調がよいから、体重を減らしたいからと続けてしまうと、妊婦さんへの負担が大きく、かえって逆効果。また、5分歩いたら5分休憩するくらい、ゆっくり楽しむつもりでウォーキングを。

参考:臨月の妊婦さんのダイエット、体重減らす方法はウォーキングにあり!

 

そうそう、ウォーキングを始める前に、事前にかかりつけ医に報告を。

助産師さん
助産師さん
ウォーキングの最中にお腹が張るなど、少しでも異変を感じたら、すぐにやめて、必ず体調の異変を医師に伝えるようにしましょう。

この他にも、以下記事で、おすすめの運動を紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

参考:マタニティダイエット 運動で体重を減らす方法、その5つとは?

 

食事、食生活編

日々の食事を和食にする

食べる量を減らすことなく摂取カロリーを抑えられる和食は、 特に根菜類をたっぷり含んだお味噌汁は、腹持ちがよく体を温め食物繊維も豊富です。

一汁三菜を基本にすれば、栄養をバランス良く摂ることができます。 和食は、調理の過程で油をあまり使わないので、その点においてもおすすめ。

参考:妊娠中のレシピノートは鍋ばかり。ヘルシー妊婦鍋でダイエット成功!

 

薄味にする

肉類へのソース、ハンバーグへのケチャップ・・・

濃い味付けのおかずは、ごはんがすすむ原因に。つい食べ過ぎるとせっかくのダイエットが台無しに。濃い味付け=塩分が多く含まれていることから、塩分の摂り過ぎで体に水分が過剰に溜め込まれてしまい、妊婦さんのむくみの原因に

むくみを解消して、赤ちゃんにしっかり栄養を届ける秘密のアイテムはこちら↓
はくだけ-7cm着圧ソックス!【Angellir キュッとルームソックス】

 

塩分とりすぎへの対処としては、

  • 和食により出汁をしっかり取る
  • 香味野菜、香辛料を使い味付けを変える
  • 計量スプーンを使ってきっちり塩の分量を量って料理

などできる対策はありそうです。ぜひ“脱塩分とりすぎ”を目指しましょう。

参考:妊婦さんの献立、栄養は一日でなく1週間の食事メニューで確認を。

 

この他にも、食べる順序をかえる、食べたものを記録するなど、栄養をきちんと取りながら体重を落とす工夫を、以下の記事でたくさん紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

参考:妊娠中の太りすぎ、ダイエットで痩せたい人向け“成功のコツ”

 

まとめ

妊娠中の体重管理は、母子の健康にとって望ましい体重増加量の範囲内におさめることが最大の目的です。体重を減らすのではなく、コントロールするという考え方のほうが合っていますね。そのことを忘れず、無理のない体重コントロールを実践してください。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村