妊婦のダイエット

妊娠中期のウォーキング、効果のある時間帯、時間の成功例は?

妊娠中期、ご自分が妊婦さんであることにも慣れ、電車に乗っていると、座った方がいいよと席をゆずってもらえる場合などもある頃でしょうか。何度か産院に通っていると、その準備なども慣れてきた時期でもあるでしょうか。

赤ちゃんもお腹の中で動いているのが、分かる段階ですよね。赤ちゃんとの外出、待ち遠しいですね~。赤ちゃんが生まれたらどこに行きたいですか?やっぱり公園?赤ちゃんと行きたい公園に、下見に行ってみるのもいいかもしれませんね。

さて、今回は妊娠中期におすすめのウォーキングのお話。ウォーキングもれっきとした運動。ウォーキングにも効果が高いとされる時間帯や、持続時間があるんです。今回はウォーキングの効果や、効果を高めるポイントについて、お話しをすすめていきますね。

妊娠中期の妊婦さんに、ウォーキングがおすすめの理由

ウォーキングは、妊婦さんが体重管理をする際の運動の代表選手。ですから、定期健診の際に、助産師さんから運動をすすめられた方もおられるかもしれませんね。

ウォーキングのいいところは、始める際に道具を揃えたり、特別なユニフォームなどが不要で、始めたい時にいつでも始められるところ。予約なども必要ないし、体調に合わせて、自分のペースで取り組める点も。妊娠前に運動の習慣がなかったり、運動が苦手だった方でも、お散歩だと思うと始めやすいのではないでしょうか。

妊娠中期のウォーキング、その効果は?

妊娠中期のウォーキング、取り組むと以下ような効果が期待できます。

体重管理ができる

つわりが明けると食欲が増進され、体重が増えやすくなります。ウォーキングで適度に運動をすることで、体重の増加を抑えることができます。運動をすると、糖尿病の発症や血圧上昇を防ぐことができるでしょう。

体のマイナートラブルの軽減

ウォーキングにより、腰痛や頭痛、むくみなど、妊娠中に起こりやすい、マイナートラブルを軽減させることが期待できます。

安産が期待できる

ウォーキングをしている妊婦さんは分娩時間が短かったり、お腹の赤ちゃんが大きくなりすぎる前に出産の時を迎えるなど、安産になることが多いともされています。

気分転換でストレス発散

体重管理やマイナートラブル等で、気分がふさがりがちな妊婦さん。ウォーキングは外出すること同義でもあり、外出は気分転換にぴったり。ストレスをリリースすることもできて、一石二鳥ですね。

妊娠前に比べ、活動範囲が限られがちな妊娠中、家にこもっていると息がつまってしまいがち。ウォーキング中に景色がどんどん変わっていくことや、道行く人と会って会話をしたりすることで、気分が変わるのは、ちょっとした発見になるかもしれませんね。

妊娠中期のウォーキング、効果のある時間帯、時間の成功例は?

ウォーキングをする時間帯、取組時間や歩く距離の目安

ウォーキングをする時間帯

ウォーキングに効果の高い時間帯ですが、午前10時から午後2時の間は子宮収縮が起こりにくいとされているので、ウォーキングするならこの時間帯がおすすめ。

ウォーキングの取組時間

ウォーキングを始める際、最初から長時間歩き続けることはおすすめしません。最初は体への負担がないよう、5分程度から始めるといいでしょう。

「5分正しいフォームで歩き、5分休憩する」がを基本。この基本を守ることこそ、ウォーキング成功例への近道に。そうそう、歩く前のストレッチも忘れないでくださいね。

歩く時間は60分以内がよいとされていますが、長い時間ウォーキングをすることよりも、毎日続けることの方が大事なので、くれぐれも無理をしないように。

ウォーキングで歩く距離の目安

ゆっくりペースで30分歩くと、距離にして1〜2kmくらいですね。体調が急に変化する可能性も考慮し、自宅にすぐ戻れるような距離でウォーキングをする、または携帯電話ですぐに駆けつけてもらえるような場所でウォーキングするのがおすすめ。

妊娠中のウォーキング、楽しくするコツ!

妊娠中にウォーキング、ただ歩き続けるだけでは、単調でかえって苦痛を感じる場合も。そこで、ウォーキングを楽しめるコツをご紹介しますね。

ウィンドウショッピング

おしゃれなお店のショーウインドウ、アウトレットでもいですし、広いデパートでもよいのでウィンドウショッピングしつつ、ゆっくり歩き回ってみるのはどうでしょう。知らず知らずのうちに、意外な距離数を歩いているものです。

また、素敵な商品との出会いにわくわくしたり、気分があがるなど、いい気分転換にも。空調もきいているので体への負担も少ないはず。疲れたらすぐに座る場所が用意されているのも◎。

旦那さんとお散歩

旦那さんと一緒にウォーキングをすれば、会話もはずみ、素敵な時間を作ることができますね。もちろん旦那さんの健康にもいいですし、一石二鳥。

妊娠中にウォーキングをするときの注意点は?

もし、ウォーキングをしている最中に、おなかが痛い、おなかが張る、出血したなど、少しでも変化や違和感を感じたときは、すぐにウォーキングを中止して、休みましょう。

特に歩きすぎには注意が必要。妊婦さんに負担が少なめのウォーキングではありますが、歩きすぎは、おなかの張りにつながるもの。日頃から、ちょっと物足りない程度で切り上げる癖をつけておくとよいでしょう。

 

妊婦さんの体重管理、頑張っているのに効果があがらないときは

妊婦さんの食事管理は、とかく気を付けることが多いもの。和食がいい、塩分控えめ、高タンパクで低カロリーなものを・・・そして食べたものを記録したり、食べる順序にまで注意をはらう・・・これが毎日3回訪れるのだから、ムズカシイ。

食事管理が大変。もっと簡単な方法がないかなぁとお困りのあなた。そんなときは、低カロリーながら栄養のある酵素ドリンクを、おやつ代わりに使うのはおすすめ

酵素ドリンクは、主に野菜や果物を発酵させたもので「発酵食品」とも言えるもの。そして酵素ドリンクそのものには、バランスの取れた栄養が。

妊婦さんが飲むことで、体に酵素が補給され、体内の酵素が増加するので、以下のような効果が発揮されることに。

  • 摂取カロリー抑制効果
  • 代謝向上の効果
  • デトックス効果
  • 健康の増進効果

酵素ドリンクの効果についての詳細は、妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

 

妊婦さんは、体重管理に頭を悩ますもの。もしあなたが、体重管理に悩んでおられるのなら、以下の記事を見てみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

まとめ

いかがでしたか?。この記事では、妊娠中期のウォーキングについて、効果の高いとされる時間帯や、ウォーキングの取り組み時間の目安、成功例などについてお話しをしています。運動ぎらいさんも、一度歩き始めると楽しくなるウォーキング。毎日継続できたら、ご自分にささやかなご褒美をする、なんていうのもいいですよね。

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村