妊婦のダイエット

妊娠中のウォーキング、妊娠中期からでも痩せた?その時間の目安は?

妊娠中期、お腹の赤ちゃんの胎動を感じ始める頃でしょうか。初めて胎動を感じたときは、胎動なのかな?ほんとかな?と半信半疑の感触だったのに、だんだんよく動くようになりますよね!。

赤ちゃんが元気だと妊婦さんも元気がでますよね。だから、妊婦さんも元気であって欲しい。体重管理で気持ちがしずみがちなら、外の空気を吸いにお散歩にでも出かけましょう!。

さて、今回は体重管理に悩む妊婦さんに、運動のおすすめです。妊娠中期は、運動を始めるのにちょうどよい時期、この記事ではウォーキングのおすすめとともに、注意すること、その効果について、お話しを進めていきます。

 

体重をキープする”妊婦さんだけ”が知っている、ダイエット成功の秘密はこちら↓
はくだけ-7cm着圧ソックス!【Angellir キュッとルームソックス】

妊娠中のウォーキング、妊婦さんにおすすめの理由

妊娠中のウォーキングが、妊婦さんにおすすめの理由を挙げてみますね。

道具や場所を選ばない

ウォーキングの魅力は、何といっても道具が不要すぐに始められること特別な装備も必要ないし、どこか特別な場所に行く必要もありません。ちょっと時間を作れば、簡単に取り組むことができる点が魅力。

 

妊娠中の運動不足の解消にちょうどいい

妊娠中はお腹が大きくなるので、運動を始めるのに、なかなか一歩を踏み出せないもの。また、さまざまなマイナートラブルがあったり、お腹が重くて動きづらかったりなどがあるかもしれません。

無理は禁物ですが、健やかなマタニティライフを送るには、適度な運動を取り入れるのがおすすめ。その運動に、ウォーキングはもってこい!。妊婦さんの有酸素運動として最もポピュラーなんですよ。

参考:臨月の妊婦さんのダイエット、体重減らす方法はウォーキングにあり!

 

運動を始めるのに、予約が不要。時間にしばられない

妊娠中は、体調が良い日、悪い日と、体調の浮き沈みはあるもの。ご自分の体調の良い日や体調の良い時間に、事前に特別な準備をせずにウォーキングを始められるというのは、嬉しいですよね。

 

自分のペースで休憩を取ることができる

ウォーキング中は、疲れたなと思ったときに、その時点で休憩をとることが

休憩中に、お腹の赤ちゃんに、「きれいなお花だね~」「今日はお天気がいいね。雲が一つもないね」と声をかけてみるのもいいでしょう。

 

妊婦さんのわくわくがきっと伝わります。ご自分のペースでゆっくり歩いたり、適宜休憩をとったりしましょう。

参考:妊娠中のウォーキング、効果的に痩せるための目安はどれくらい? 

 

自分のペースで運動量を調整できる

妊娠中に新しく運動を始めるのは、身体面でも精神面でも、ちょっとしたハードルが。でも、ウォーキングは歩くだけなので、今まで運動の習慣がなかった人でも、その日の体調ややる気に応じて行うことができますね。

1日に多くの運動量をこなすより、毎日少しずつ続けることが大切。

 

妊娠中のウォーキングは、妊娠中期からで大丈夫?注意点はある?

妊娠中のウォーキングは、妊娠中期から始めるのでも大丈夫でしょうか?また、始めるにあたっての注意点はあるのでしょうか?

妊娠16週ごろが、ウォーキング開始の目安

妊婦さんが運動してよいかどうかは、妊娠の順調な経過や体調によって、かかりつけ医が判断すること。目安としては、妊娠安定期に入る16週頃にウォーキングを始めてよいと言われています。

 

かかりつけ医に、あらかじめ許可を取る

安定期になると、つわりが明けて、体調が安定する妊婦さんが多くなるでしょう。しかし、自己判断で運動を始めるのはおすすめできません。

体調が良いとしても、念のためかかりつけ医に、ウォーキングを初めてよいか相談し、許可を得てから始めるようにしましょう。

 

切迫早産、合併症などがある場合は注意を

切迫早産や重度の妊娠高血圧症候群などの場合は、ウォーキングは控えるよう、指示がある場合が。念のためかかりつけ医に、ウォーキング開始の許可を得てから、運動に取り組み始めるようにしましょう。

参考:妊婦の浮腫み、解消法は?体重増加防止と赤ちゃんのために必要なこと

 

妊娠中のウォーキング、痩せたいけどその効果は?

妊娠中のウォーキングをすることで、痩せたいと思うけど、その効果はあるのでしょうか?

体重管理ができる

ウォーキングは有酸素運動。有酸素運動は、十分に酸素を体内に取り込み、脂肪を燃焼させ、エネルギーに変えることができます。

また、有酸素運動をすると食欲が抑えられるというメリットもあるのだとか。安定期に入ってから食欲と戦っている妊婦さんには、朗報ですね。

 

骨盤の筋肉を鍛える

昨今、骨盤周りの筋肉を使う機会が極端に減っているといわれています。骨盤は、赤ちゃんや内蔵を支える大切な器。次第に大きく成長していく赤ちゃんを支えるためにも、骨盤周りの筋肉を鍛えておく必要がありますね。

ウォーキングは、骨盤周りの筋肉強化に最適な運動です。仙骨をしっかり立て、正しい姿勢に気をつけながらウォーキングしてみてくださいね。

 

血行を良くする

血のめぐりを良くすることで、身体の冷えや肩こり、浮腫み(むくみ)、恥骨痛といった妊娠中のトラブル解消に役立つといわれています。

参考:妊婦の浮腫み、解消法は?体重増加防止と赤ちゃんのために必要なこと

なお、血行がよくなると代謝があがりますね。代謝があがれば、太りにくい効果が期待できますよね!

 

赤ちゃんに、しっかり栄養届いてない!?

妊娠後期や臨月の妊婦さんは、体重管理に悩んでいるもの。食べていないのに体重が増える原因は、体のむくみが原因である可能性が

むくみの解消には、食事や運動からのアプローチも有効。でも即効性がなかったり、継続が難しかったりするのが難点。その点、即効性と無理なく続けられる、あなたの強い味方が、手でほぐすように圧力をかけてくれる、着圧ソックス

 

 

 

 

 

 

 

履いた瞬間から、むくみ解消のマッサージが開始。履いて寝ると、翌朝はスッキリ快適!。足は第二の心臓と言われます。この着圧ソックスのアシストにより、血液を押し出すポンプがしっかり働くので、全身の血流も改善し、むくみ解消に。

これで、赤ちゃんに新鮮な酸素と栄養を届けられますね♪

 

むくみがなくなり代謝が上がれば、自然と太りにくくなるんです。ダイエット成功赤ちゃんが”よりしっかり育つ”、そんなハイブリッド効果のあるこのアイテムは今や大人気に!。

 

着圧ソックスの中でも、【Angellir キュッとルームソックス】が一番おすすめ。というのも、他社にはない5つのすごいを実現しているから。

  • 手でほぐすような圧力
  • むくみに最も効果のある着圧
  • 美容成分による、すべすべの触り心地と履き心地
  • すでに100万枚の販売実績で、他社製品と圧倒的な大差
  • 安心の日本製で、しっかりした編み構造

 

それから、既にこのソックスを履いている方の”嬉しい声”をご紹介しますね。

  • 寝ている間も、履いていることが気にならない履き心地でした。
  • 着圧がキツいと痛くなりますが、これは”程よい締め付け感”なので楽。
  • 気づいたら足にすき間ができていたのが、嬉しかった!
  • 妊娠後期に、足がパンパンになりましたが、これですっきりして快適です。

     

 

着圧ソックスは他にもありますが、この【Angellir キュッとルームソックス】は、研究しつくされた着圧と安心の日本製ですから、すぐに破れたりせず、産後のむくみ解消にも使えるので、無駄になることもありません。結局は長持ちでお得なんですよ。

まだ持っていない方は、今すぐ、履いて寝る習慣を!。今から持っておくと産後ダイエットは、あなたが一番乗りできちゃいます♪。

 

むくみを解消して、赤ちゃんにしっかり栄養を届ける秘密のアイテムはこちら↓
はくだけ-7cm着圧ソックス!【Angellir キュッとルームソックス】

 

ストレス解消

妊娠中は好きなものをたくさん食べてはいけない、運動はしなさいよ、などなど妊娠前に比べて行動制限が多くて、なかなかリフレッシュできないと悩んでいる人もいるかもしれません。ウォーキングしながら、素敵なカフェ探しをしたり、近所の公園開拓をする、気になるお店を覗いてみたりと自由に過ごすことは、気分転換につながるかもしれませんね。

参考:妊婦、食べてないのに体重が増えるのはなぜ?むくみやストレスかも? 

 

妊婦さんの体重管理、頑張っているのに効果があがらないときは

妊婦さんの食事管理は、とかく気を付けることが多いもの。和食がいい、塩分控えめ、高タンパクで低カロリーなものを・・・そして食べたものを記録したり、食べる順序にまで注意をはらう・・・これが毎日3回訪れるのだから、ムズカシイ。

食事管理が大変。もっと簡単な方法がないかなぁとお困りのあなた。そんなときに試してみて欲しいことが。

 

糖質制限で、体重管理がストレスフリーに

食事から糖質だけを取り除く、だけど、たくさん食べて大丈夫!、という”糖質ダイエット”は世界的にも大人気。でも、忙しい平日に、ご自分で糖質制限食を作るのは難しいもの

実は、プロの管理栄養士と一流シェフによって作られた美味しい糖質制限食を、自宅まで届けてくれる”糖質90%オフの宅食サービス”があるんです。

あなたに必要なのは、このお弁当を食べる、たったこれだけ。それだけで、”3つの嬉しい”が揃っちゃいます♪

  • ご飯を作る時間が省略できて、自分の時間を確保できる!
  • 赤ちゃんを迎える準備や、出産までに片付けておきたい事柄に、時間を割くことができる。
  • そして何より体重増加の心配をしなくていい
 
ところで、あなたは今、こんなお悩みを抱えてはいませんか?
 
  • 太らないメニューづくりに悪戦苦闘したり
  • 頑張ったのに体重が増えて撃沈したり
  • ストレスから暴食に走って悔やんだり・・・

いっそのこと、プロにメニュー作りを任せてしまって、さっさとストレスから解放され、ご自分の時間を存分に楽しむのが、時間とお金の”賢い”使い方。

 

妊婦健診が憂鬱だったあなた、もう体重増えすぎを気にしなくていいんです。体重管理という大きなストレスがなくなれば、これからは、お腹の赤ちゃんとの時間を存分に楽しめるようになりますね♪。
糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH – ナッシュ」

 

 

さて、妊婦が糖質制限しても大丈夫?と心配される方がありますが、結論から言ってしまうと大丈夫!!。

なぜなら、病院で取得したデータやご自身の被験データをもとに、糖質オフを提唱されている、名医の江部康二先生が、以下のようにおっしゃっているから。

  • 「妊婦が糖質制限すると、赤ちゃんが将来生活習慣病になる」という論文は、実際には存在していないこと
  • 糖質制限をしても、自分の体で糖質を作る”糖新生”が活発になるので、低血糖になる心配は全く不要

 

とはいえ、いきなり3食すべてを糖質制限するのは、さすがに心配。ですから、妊婦さんは1日1回、食後の血糖値が下がりにくい夕食のみを”プチ糖質制限”してみてはいかがでしょう。

「1日1食であっても、糖質制限の効果は望める。」と江部先生はおっしゃっています。糖質量さえ守れば、外食OK、ステーキ食べ放題、ビュッフェだって解禁に!。

これはカロリーを気にして、食べる量を制限していた妊婦さんには、たまらない魅力ですね!

 

普通にお弁当を買うのと同じ値段で始められる&しかも美味しい糖質制限食を、あなたも始めてみませんか?

今すぐプチ糖質制限を始めて、食べちゃダメ、食べ過ぎた!のストレスから、ご自分を解放してあげましょう!

 

電子レンジでチンするだけ!平日の夫婦の夕食は糖質制限食を!1食548円から。
糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH – ナッシュ」

 

まとめ

いかがでしたか?体重管理に悩む妊婦さん向けに、妊娠中の運動に、ウォーキングがおすすめであること、始める時期は妊娠中期がちょうどよいこと、ウォーキングをする上で注意すること、ウォーキングの効果に体重管理があることなどについて、お話しをしています。

ウォーキングの効果を知ってしまったら、ちょっと外に出てみたくなりましたか?妊娠中期は赤ちゃんとの対話が始まった時期。ぜひ赤ちゃんにも、外の景色を見せてあげて欲しい。赤ちゃんに色や形をイメージで伝えながら、この先の妊婦さんライフを楽しんでくださいね。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村