妊婦のダイエット

妊娠中のダイエット方法の1つは運動。室内運動で痩せたいならこれ

お腹が大きくなってくると、動くのが億劫になりがち。妊娠中のダイエット方法の1つである運動は大事。ということで、産院から、ウォーキングをすすめられた方も多いでしょう。でも、雨が降ったり風が強かったりすると、気分が乗らないし、外出を先延ばしにしがち。その点、自宅でできる室内運動はその心配がないので、いいですよね。

また、妊娠中のダイエットで、普段は運動と認識しないもの、室内でできるものを“おすすめ”として集めました。ぜひ試してみてくださいね

妊娠中のダイエット方法の1つは運動。運動が必要な理由とは?

妊娠中のダイエットは、体重管理、食事管理、適度な運動の3つを上手に管理する必要があります。今回は、その中の1つである“運動”について、なぜ運動をすることがよいのか、取り上げてみますね。

ダイエット効果がある

運動で筋力をつけると、基礎代謝がアップするので太りにくくなります。妊娠中のダイエットを、食事制限ばかりに頼ると、筋力がつかないばかりか、ストレスばかり感じてしまうので、運動は妊婦さんにおすすめ。

冷え性が改善する

妊娠中は、ホルモンバランスの影響や血流悪化により、身体が冷えやすいもの。ここで筋肉量が低下すると、さらに身体が冷えがちに。身体の冷えは、子宮の収縮を妨げたり、難産のリスクを高めたりする大敵。運動で、冷え性を改善したいですね。

便秘防止につながる

妊娠中はホルモンバランスの影響、子宮による腸の圧迫、ストレスなどにより便秘になりがち。運動によって腹筋を鍛えることで、便秘の解消をしたいですね。

腰痛に効果がある

妊娠中は、ホルモンバランスの影響や、大きなお腹を支えるために、無理な姿勢をとりがち。そのため腰に負担がかかり腰痛に。腹筋を鍛える運動は、腰痛対策にいいとされます。

骨盤の歪みを整える

骨盤は、身体全体をささえている土台子宮を包んで守るもの。妊娠中は、出産に備え骨盤が緩みがち。運動で骨盤を支える骨盤底筋を鍛えることで、歪み改善を図ることが。

安産になりやすい

運動をすることで筋力がつくと体力や持久力もつくので、分娩時に踏ん張りがきき、お産がスムーズになりやすいもの。特に、高齢出産の場合は、筋力も体力も低下しがち。運動で筋力体力を挽回し、少しでも安産にしたいですね。

ストレスが解消される

妊娠中は、ホルモンバランスの影響や、体重管理の難しさ、出産に対する不安な気持ちからストレスがたまりがち。身体を動かすことは良い気分転換に。運動でストレスを解消し、ストレス発散に努めたいですね。

妊娠中のダイエット、室内運動で痩せたいならこれ!

妊婦さんのダイエットにおける運動は、本来体重を上手に管理するために行うもの。でも、今回はいったんそれを忘れ、運動は楽しく続けられて、安産を迎えられるために行うもの、に変更!そして、そんな運動を3つご紹介しますね。

あぐらを習慣に

出産の際は足を大きく開脚するため、股関節を柔らかくしておかなければなりません。あぐらは骨盤を広げ、柔らかくする体操の一つ、安産に繋がると言われています。

あぐらの姿勢をとり、両肘を両膝に乗せ、ゆっくりと下に押していくことで、ばっちり柔軟体操に。あぐらの姿勢のまま、左右にゆっくり揺れるだけでも柔軟ができてしまいますね。

テレビを見ながら、”ながら”で取り組める”あぐら”。今日からぜひ試してみてくださいね。

妊婦さん
妊婦さん
私も、毎日あぐらをかいていますよ~。

雑巾がけ

意外なことに、雑巾がけも、立派なストレッチに。やり方は普通の雑巾がけと変わりません。 なるべく膝を床に着けることなく、両手、両足で体重を支えながら床を掃除していきます。

毎日長時間する必要はありませんが、いつもの掃除のついでに床を拭いてみては、いかがでしょうか。

入浴時の軽い運動

入浴時に体を動かすのは、ちょっとしたアイディアですよね。浮力があるため、お腹の重みを感じることなく、体を動かすことができるのが魅力

腕を回す、足の曲げ伸ばしなど、日頃なかなか動かさない部分をストレッチしてみましょう。 湯舟で座り、お風呂に浸かったままの状態で、体を前方に折り曲げたり、体を後方に反らすストレッチも、腰痛を和らげる効果が。

腰をまわす運動

妊娠中はお腹がせり出るくるので、お腹を支える腰も無理をしています。できることなら、痛みを感じる前から腰をまわし運動を習慣に

息を吐きながら、腰を360度ゆっくり回してみましょう。 右回り、左回りとも、同じ回数ずつ、丁寧に腰で円を描くようまわしていくのが、ポイント。まずは、一日一回から、始めてみましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?。妊娠中のダイエット方法の1つに、運動がありますが、妊娠中に運動が必要な理由は7つあるので、しっかり確認をしておきたいですね。

また、妊娠中のダイエットで、普段は運動と認識しないもの、室内でできるものを“おすすめ”として集めました。安産体操に加え、家事も意外に効果が高いので、ぜひ試してみてくださいね

それは、リラックスすること。安産のためには、”いきまない”ことが大事。でも痛みに耐えかねてつい、力が入ってしまうんですよね~。ですから、思いたったらリラックスする、を思い出せるとよいですよね。

 

妊婦さんは、体重管理に頭を悩ますもの。もしあなたが、体重管理に悩んでおられるのなら、以下の記事を見てみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村