妊婦のダイエット

妊婦さんのダイエット、妊娠中に痩せたい!成功する方法は酵素。

最近よく耳にする酵素。酵素の力を借りて、ダイエットできるのかなぁなんて、漠然と思ったりしていませんか?。健康にいいことなら、ぜひぜひいろいろ試してみたいと思う、妊婦さん向けに、今回は多いことと思います。

妊婦さんのダイエット、最近よく聞く酵素はいったい何?

酵素は大きく分けて、種類が3つ。そして以下のような特徴が。

  • この3つの酵素は役割が異なること
  • 酵素の量に相関関係があるものがある
  • ある酵素は別の酵素をサポートする役割を持つ

では、早速、3種類の酵素を見ていきましょう。

消化酵素

消化酵素は食べたものを体が吸収しやすい形に変える(消化する)もの。たとえば、デンプンの分解はアミラーゼ、たんぱく質の分解はプロテアーゼ、脂肪の分解はリパーゼという酵素が。これらの消化酵素によって分解された栄養素は、小腸で吸収され、エネルギーとなって使われていきます。

代謝酵素

代謝酵素とは、消化酵素によって作られた栄養素を、体の中で働かせるサポートをするもの。運動、呼吸、脳の回路、老廃物の排出、病気との闘い、肌の新陳代謝・・・と生命活動で必要なあらゆる活動のサポートが、代謝酵素によって行われます。

消化酵素と代謝酵素は相互関係。食べすぎなどにより、体内の消化酵素が大量に使われてしまうと代謝酵素が減り、病気などで代謝酵素を多く使うと消化酵素が減るという仕組みになっています。

食物酵素

より健康を維持するためには、消化酵素をなるべく節約し、使用可能な代謝酵素の量を増やすことが大切。実は食物酵素は、代謝酵素をサポートする役割が。

酵素とは栄養素ではなく、あくまでも生命活動を継続させるための、体の中の化学反応の触媒なのです。

酵素が不足すると代謝が低下し、痩せにくい体質に。体外から酵素を補給すると 、より痩せやすい体質になることができるんですよ。

妊娠中に痩せたいなら、便秘を解消することが成功する方法!

ここでひとまず、太る原因と便秘の関係について、ちょっと押さえておきましょう。 便秘で太る原因は、大きく分けて4つ。

  • 食べた物の消化吸収が悪くなる
  • 代謝が落ちる
  • 腸内環境の悪化
  • 食欲の増加

1つ1つ見ていきましょう。

便秘で太る原因その①:食べた物の消化吸収が悪い

便秘で太る原因の一つに「消化吸収の悪化」が。本来であれば体外へ排出されるべきものが、まだ腸内に滞留し続けている状態。消化のスピードも遅いため、余計な糖や脂質を腸が吸収してしまうことに。排便がスムーズ出来ないために、太りやすくなっています。

排出すべき便が溜まっている状態で体重計に乗れば、その分重くなりますよね。排出できれば、便の分がそっくり軽くなりますね!。

便秘で太る原因その②:代謝が落ちている

古くなった食べ物達が腸内に残ると、腸内で腐敗し、血液までドロドロになる事態に。そのため、血流の流れが悪くなって代謝が落ちるという仕組み。

ドロドロになった血液をキレイにするため、肝臓が頑張ってくれるのですが、本来代謝に使われるはずのエネルギーが肝臓の頑張りに使われれば、代謝の能力は落ちてしまいますよね。

便秘で太る原因その③:腸内環境の悪化

便秘で腸内に溜まった便の中に、脂肪が。本来は速やかに排出されるはずの便から、わざわざ脂肪が吸収され、皮下脂肪として体に蓄えられてしまうことに。この脂肪、一度定着すると落とすのがなかなか難しいもの。腸内環境の悪化は皮下脂肪が付く原因に。ですから、太りやすいということ。

便秘で太る原因その④:食欲の増加

便秘によるストレスが自律神経を乱して、食欲増加の原因に。なかなか排便しないという精神的なストレスに、身体的なストレスも加わるため、予想以上に大きなストレス負荷が。。便秘中の食欲増加は偽りの食欲のため、注意したいですね。

妊娠中に痩せたいなら、便秘を解消するために酵素を使おう!

便秘で太ることが分かったところで解決策を打ちましょう。解決策はこの記事のテーマ“酵素”を摂ることです。

消化酵素が活躍!?

消化酵素は体内の食べ物の消化をサポートする役割が。妊娠初期のころは、妊婦さんの多くはつわりで、思うように食べられない状態に。そんなときに酵素を摂ると、食品の消化スピードが上がるため、胸のむかつきを軽減させることが可能。

妊娠後期など、子宮に胃や腸が圧迫される時期に、思うように食べられない際も、消化をサポートするので、つわりの際と同様、楽になることができます。

また、酵素を摂ることによって腸の消化機能も活性化。そのため、便秘の改善も期待できますね。妊婦さんは妊娠後期になるにつれ、便秘に悩む方が多くなるので、酵素を摂るメリットが高いと言えるでしょう。

代謝酵素が活躍!?

前述したとおり、食物酵素を摂ることで、消化機能が向上するため、体内の消化酵素を節約することができる。そのため、使うことのできる代謝酵素を増加させることが。 代謝酵素が増えると、特段運動をしなくても代謝のよい体質になることから、痩せやすい体質に。

既に体重が増えすぎて困っている妊婦さんなら、食べる量を少し抑え、酵素を摂取することで体重を減らすことができるのです。また、食欲が抑えられずに困っている妊婦さんについては、酵素を飲むと満腹感が得られるとともに、代謝酵素を減らさずに消化酵素を使うことができるので、太りにくい体質になることが。

ダイエットというと、食べ物の調整、食べ方の調整、そして適度な運動とすることが沢山あって、てんてこまい。そんな妊婦さんにとって、酵素は嬉しい存在ですよね。

酵素を摂取する際の注意点

妊娠中は赤ちゃんに必要な栄養素を、できる限り食べ物から摂りたいもの。酵素を飲めば、栄養は全部摂取できるものと勘違いしている方がいますが、妊婦さんに必要な栄養素は、1日3食の食事でしっかり補給することが、まず大切。

酵素は代謝を上げたり、消化吸収の働きの補助をするものであって、栄養素の代替になるものではありません。

痩せやすい体質を作りサポートはするものの、酵素≠痩せる食品。ファスティングという言葉に乗せられて、酵素を摂ってあとは何も食べないという極端なダイエットをしてしまうと、妊婦さんにとっても悪影響ですし、赤ちゃんにも栄養が届かず発育に影響するので、決して行わないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

酵素と一口にいって、3つ種類があり、相互に関係があること。酵素は量が定まっていて、1種類を多く使うと、その他の種類が少なくなってしまうこと。

太る原因に便秘を取り上げましたが、便秘の原因と酵素による問題解決は、すごくマッチしていることが分かりますよね。

ぜひ、酵素をうまく使い、体内の健康維持をしておきたいですね!

 

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村