妊婦のダイエット

妊娠中、夜ご飯をさつまいも置き換えるのは、太るのを阻止するコツ?

実はこの記事を書いている季節は、秋。

まだ蝉の声が時折聞こえるものの、朝晩、確実に涼しくなってきています。お店の店頭の石焼き芋が、そろそろ美味しそうに味覚をそそる季節。

妊婦さんにとって、“さつまいも”は“おやつの代表選手”。体重管理に余念がない妊婦さんにとって、「さつまいも」と「太る」の関係性をテーマに、ご紹介を進めてまいります。

 

体重をキープする”妊婦さんだけ”が知っている、ダイエット成功の秘密は↓
これがあれば、赤ちゃんにもしっかり栄養が届く!そのアイテムはこちら!

妊娠中、さつまいもを食べると太る?食べ過ぎたらダメ?

さつまいもは炭水化物ですが、カロリー量は、パン>ご飯>さつまいもといった図式が。つまり、さつまいもは、ご飯やパンに比べ、同じ量でもカロリーが低いということ。

<参考>

  • さつまいものカロリー 約130kcal程度(100gあたり)
  • ご飯は170Kcal(100gあたり)
  • パンはそれ以上(100gあたり)。

さて、ご飯やパンに比べて、カロリーが低いといっても、食べ過ぎればやはり太る原因に大切なのは、食べる量です。あなたは、いつもどのくらい、さつまいもを食べますか?

参考:さつまいも1本あたりのサイズ(g数)とカロリーの相関

  • Sサイズ(100-200g):132kcal〜264cal
  • Mサイズ(200-350g):264kcal〜462cal
  • Lサイズ(350-500g):462kcal〜660cal

妊婦さんが妊娠後期に摂取してよいとされるカロリーは、非妊娠時+450kcalですから、さつまいもは、Sサイズ1本程度にとどめるのが無難でしょう。

ここで1つ注意が。さつまいもは密度が高いということ。いつもはMサイズ3本ぱくついていたのに、妊娠時はSサイズ1本だなんて、、、と思ってしまう方へ。

 

実は、上述の、サイズ(g数)とカロリーの相関の通り、Mサイズ3本食べると大体1kgくらいで、1200Kcal以上になるんです。

いくらご飯よりカロリーが少ないといっても、炭水化物ということは紛れもない事実。ご飯やパンであっても、1日1kgなんて、聞いただけでもカロリー多そうだと思いますよね。そりゃあ太るわけだ・・・

参考:妊娠中のおやつ、美味しいからって、さつまいもばかり食べないの!

 

さつまいもは、焼き芋にして食べるとカロリーが変わる?

サツマイモと言えば、焼き芋!手っ取り早く食べるなら「焼き芋」を買って食べてしまうという手もあるでしょう。人を寄せ付ける香りと、真ん中をほっくり開けたときの、ほくほくの甘さはやみつきに・・

焼き芋のほうが、甘味を感じるものなので、それはそのまま“太りやすい”に直結するのでしょうか?答えは、そう、Yesなのです。焼き芋は、蒸した場合に比べ、カロリーがアップするのです。

さつまいも100gあたり130kcalだったものが、焼き芋にすると、160kcalぐらいに増えてしまうのです。ですから、焼き芋を食べる時には、いつもより少なめに減らすようにしたいですね。

参考:妊婦さん、焼き芋は皮つきて食べて大丈夫?トキソプラズマの心配は?

 

さつまいもの栄養素は、ダイエットに◎

さつまいもはお芋ですので、その主成分はでんぷん(炭水化物)。ですが、その他に、各種ビタミンやミネラル類、食物繊維も豊富と、栄養満点の食材なんです。

参考:妊婦さんは焼き芋で太るもの?さつまいもばかりで、妊娠中太った?

 

さつまいも100gに対し、以下の栄養素が含まれています。

  • 食物繊維・・・1.7g
  • カリウム・・・460mg
  • ビタミンB1・・・0.1mg
  • ビタミンC・・・30mg
  • ビタミンE・・・1.3mg

 

他にも、カロチン、銅、ビタミンB6、パントテン酸、葉酸、カルシウムなども含まれています。

赤ちゃんに必要な葉酸はこちらから!1日たった60円で3つの成分が同時に摂れる、マタニティライフに欠かせないサプリです。

参考:妊婦さんには、さつまいもや小魚など、低カロリーで太らないおやつを 

 

さつまいもの効果効能

さて、そんなさつまいもには、どんな効果効能があるのでしょうか?

「セルロース・ペクチン・ヤラピン」という食物繊維が、便秘解消に効果的

さつまいもには、セルロース・ペクチンなどの食物繊維が豊富なので、腸の働きを活発化させ、お通じがよくなる効果が。

同様に、食物繊維のヤラピンは、さつまいもを切ると白くにじみ出てくる液体。妊娠中は、羊水量を一定に保つため、腸の水分吸収量が増加するもの。そのため、ヤラピンは、「水分を奪われて、硬くなりがちな便を柔らかくする」働きが。なお、ヤラピンは、特に皮に多いとされるので、皮ごと食べるのがおすすめです。

 

便秘がひどいと、赤ちゃんに不要な要素が届く可能性も!?。努力しても便秘が解消しないときは、腸内に善玉菌を増やすオリゴ糖を試してみて!

オリゴ糖を知り尽くした専門家が監修!7包1,080円(税込、送料無料)でのお試しは、こちらから→『食べるスキンケア』【エンジェルオリゴ】

 

ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE、カリウムの効能も見逃せない

 

  • ビタミンB群:赤ちゃんの細胞増殖や母体の血液の『造血作用』に関与するもの。
  • ビタミンC:妊娠中の肌荒れ改善に効果的。
  • ビタミンE:血流が良くなるため、胎盤や臍帯(へその緒)を通じた、赤ちゃんへの栄養運搬がスムーズに。
  • 豊富なカリウム:妊娠中の体重増加になりやすい『むくみ』を改善

 

さつまいもの食べ過ぎで体重が増えた人へ、酵素ドリンクのおすすめ

秋は味覚の秋。旬のさつまいもを、美味しくいただいていたら、食べ過ぎてしまった・・・という妊婦さんもおられるかもしれません。そういうときは、低カロリーながら栄養のある酵素ドリンクを使うのがおすすめ

妊婦さんの救世主!食べながら、1ヶ月で痩せ体質になる酵素ドリンクとは
安心返信保証付き!芸能人も愛用中の「優光泉」酵素ドリンク

 

酵素ドリンクは、主に野菜や果物を発酵させたもので「発酵食品」とも言えるもの。そして酵素ドリンクそのものには、バランスの取れた栄養が。妊婦さんが飲むことで、体に酵素が補給され、体内の酵素が増加するので、以下のような効果が発揮されることに。

  • 摂取カロリー抑制効果
  • 代謝向上の効果
  • デトックス効果
  • 健康の増進効果

 

酵素ドリンクについては、以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考:太る原因は基礎代謝の低さ!基礎代謝を上げる酵素ドリンク3選! 

 

さつまいもなど糖質が多いものに注意!?、忙しいアナタでも楽~にプチダイエット!

妊婦さんの食事管理は、とかく気を付けることが多いもの。

  • できれば、和食
  • 塩分は控えめ
  • 栄養はあれど、低カロリーなものを
  • これらに、レコーディングダイエットや食べ順ダイエットを加えて・・・

1日3食、しかも毎日。はっきり言って、大変です・・・・。もっと簡単にできることはないかなぁと、お困りのあなたに、ぜひ試して欲しいことが。

 

糖質制限で、もう体重管理に悩まない!

食事から糖質だけを取り除く、だけど、たくさん食べてOK!、という”糖質制限ダイエット”は世界的にも大人気。でも、忙しい平日に、ご自分で糖質制限を行うのは、難しいもの。

なぜなら、慣れないうちは、糖質の少ない食材や調味料を選ぶのに、とても時間がかかるから。

実は、プロの管理栄養士と一流シェフによって作られた美味しい糖質制限食を、自宅まで届けてくれる“糖質90%オフの宅食サービス” があるんです。

あなたに必要なのは、“このお弁当を食べる”、たったこれだけ。それだけで、”5つの嬉しい”がかなうんです♪。

  • ご飯を作る時間が省略できて、その分、自由な時間を確保
  • 夢にまで見た、しっかり食べても太らないが実現。
  • もう、体重増えすぎの心配をしなくていい
  • ストレス解消に暴食、という”負のループ”から脱却
  • 安産を迎えることができる!

→糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH- ナッシュ」 

 

食事作りは、まるっとプロに任せ体重増えすぎのストレスから、ご自分を解放してあげましょう。そして、生まれる前にやっておきたいことを”存分に楽しむ”のが、時間とお金の”賢い”使い方

 

 

さて、妊婦が糖質制限しても大丈夫?と心配される方がちらほら。もちろん、いきなり3食すべてを糖質制限するのは、さすがに勇気がいるもの。

だから、妊婦さんは1日1回、食後の血糖値が下がりにくい夕食のみを”プチ糖質制限”するのがおすすめ。

 

ではここで、産婦人科医である宗田先生のインタビューのご紹介。すべての妊婦さんに必見の映像です。

いかがでしたか?先生は、以下のようにお話しされていましたよね。

糖質過多は太る原因。妊娠中の食生活を見直すことで、安産になる。また産後も、その食生活を継続することで、家族が幸せになる。」

 

ではもう1つ、病院の取り組みやご自身の被験データをもとに、糖質オフを提唱されている、京都の名医、江部康二先生が述べられている内容も、ご紹介しておきますね。

・「妊婦が糖質制限すると、赤ちゃんが将来生活習慣病になる」という論文は存在しない。

人間は体内で糖質を作る”糖新生”を行うもの。だから、糖質制限の結果、低血糖になるなど、心配する必要はない。

 

これまで、カロリーを気にして、食べる量を制限していたアナタ、食生活を”糖質過多”から”糖質オフ”へと改善を!。その代わり、食べる量はしっかりとって大丈夫

糖質量に気を付けるなら、外食だって、ステーキ食べ放題だって、ビュッフェまで解禁に!。これぞ、夢にまで見た、食べて痩せる!ですね。

 

最後に、産婦人科医宗田先生の、もう1つのインタビューをご紹介します。

いかがでしたか?先生は、以下のようにお話しされていましたよね。

赤ちゃんに必要なのは、肉、魚、卵等のたんぱく質。妊婦さんが好む、白米やパン、麺類、イモ類などは、赤ちゃんへの栄養が少なく、糖質ばかりが多い。

 

ですから、今日から、糖質が少なく、赤ちゃんに栄養のある、”肉、魚、卵”をたくさん食べましょう!

肉料理、魚料理はもちろん、ご自分で調理することができます。でも、自炊で気を付けなければいけないのは、塩分のとりすぎと、みりんなど調味料に入っている糖質の摂り過ぎ

和食はヘルシーと言われますが、糖質制限の観点からすると、みりんや砂糖を多く使うので、糖質過多に要注意の食事なんです。

 

糖質90%オフのNOSHには、肉料理、魚料理のメニューもたくさん砂糖不使用など、もちろん、調味料に至るまで糖質計算に配慮。新メニューも定期的に追加。だから、飽きることもありません。

 

糖質は妊婦さんの太る原因で、赤ちゃんに栄養がないもの。だから、今すぐプチ糖質制限を始めましょう!NOSHのメニューを食べることで、食べない我慢や、体重増えすぎの心配、ストレスからの暴食、そんな状況から、いち早く、ご自分を解放してあげましょう!

あなたが糖質制限を始めるのを、赤ちゃんは今か今かと待っていますよ!。

 

電子レンジでチンするだけ!平日の夫婦の夕食は糖質制限食を!1食548円から。
糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH- ナッシュ」 

 

もう、食事制限や運動を頑張らなくていい!?

  1.  食事制限やウォーキングを地道にがんばるより、もっと効果のある方法が!!!!
  2. たった1ヶ月で、楽に痩せ体質になれるものとは?

 

あなたは、これまで食事制限や運動を頑張ってきましたね。でもなぜか太り続ける・・・と、日々悩んでいませんでしたか?

 

でも、もう大丈夫。これからは、あなたの体本来の力を上手にサポートすることで楽に痩せ体質になっちゃいましょう!

あなたの体本来の力をサポートする秘密のものはこちら↓
安心返金保証付き!芸能人も愛用中の「優光泉」酵素ドリンク

 

 

ところで、食事制限しても、運動しても太るのは、どうしてだと思いますか?
それは、呼吸や消化活動など、体が機能する際に使うエネルギー量(基礎代謝)が少ないため

知らなかったと思いますが、基礎代謝って、すごいんです!!
食事制限や運動をどんなに頑張っても太り続けるのに、基礎代謝の力をアップさせると、あら不思議、増え続けていた体重がストップ。体重をキープできるよう、体に変化が。

 

では、どうすればいいいの?
もう、分かりましたね。基礎代謝をアップさせればいいんです!
参考:太る原因は基礎代謝の低さ!基礎代謝を上げる酵素ドリンク3選! 

 

ダイエット専用に開発された酵素ドリンクは、代謝があがる栄養素がたっぷり。置き換えダイエットを取り入れれば、さらに代謝がアップ。”たった1ヶ月”で痩せ体質に”なれますよ。
安心返金保証付き!芸能人も愛用中の「優光泉」酵素ドリンク

 

 

 

ところで、オフィス街でのお弁当代、1食500円以上しますよね?。

おすすめの酵素ドリンクも、ほぼ同価格。これに、より美味しくいただける特典ボトルがプラス。1日500円で、痩せ体質に変身できると思うと、わくわくしてきませんか?

さらに、30日以内なら、開封済みでも”安心の返金保証付き”。まずは1ヶ月試してみると効果を実感できますよ。

 

そうそう、ポチっとしてから注文完了までとっても長いので、頑張って最後まで手続きしてみてくださいね。

信頼度No.1の酵素ドリンクは、下の公式サイトをクリック。
安心返金保証付き!芸能人も愛用中の「優光泉」酵素ドリンク

 

まとめ

妊娠中のさつまいもは、やはり食べ過ぎれば太るもの。おすすめは、さつまいもをふかして食べる方法。そして味付けはカロリーの高いバターを控え、シナモンや塩をふる方法。

戦時中はさつまいもばかりだったと聞きますが、昔ながらの食べ方は、やはりいいものなんですね。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村