妊婦のダイエット

妊娠中 トマト缶妊娠中にトマト缶を使っても大丈夫?献立に利用するのに制限はある?

ある日のこと。

中学生になった息子が、突然ある料理を作りたいと言ってきた。材料は”これ”と”あれ”と・・・(笑)。その中に、トマト缶が。しかも2つ。

我が家は夫がトマト嫌いなので、トマト缶のストックはない。ですので、仕方なしに2つ購入して本人に預け、また買い物の続きに出かけました。1~2時間後、おいしい料理を期待しつつ帰宅。

トマト缶は保存がきくので、トマトが旬でない時期の料理に活躍しますよね?いろんな料理に利用が可能で、お使いの方は多いはず。今回のテーマはトマト缶。でも心配な点があるようです。一緒に確認をしていきましょう。

妊娠中にトマト缶を使って大丈夫?

缶詰を買う時には、成分表示を確認される方は多いもの。でも、缶から溶け出す化学物質を気にする人は少ないでしょう。

缶詰の内側に塗られている環境ホルモン”ビスフェノールA”は、酸に弱いため、酸によって溶け出すという報告があるそうです。

特にトマト缶にその傾向が強いので、厚生労働省もホームページ”-ビスフェノールAがヒトの健康に与える影響について-で妊婦さんやと乳幼児に注意を喚起をしていますね。

海外製造の缶詰のビスフェノールAの溶出量

缶詰名 ビスフェノールA溶出量
フルーツ缶 検出せず
ツナ缶 0,036〜0,051ppm
トマト缶 0,023〜0,029ppm
ミートソース缶 0,013〜0,025ppm
マッシュルーム缶 0,007〜0,009ppm

 表にして比較をすると、ツナ缶とトマト缶は、ビスフェノールA溶出量が多いですね。ただし、この表は海外の缶詰の場合で、国産の缶詰は含まれません

日本では、体重が50Kgの大人の場合、ビスフェノールA溶出量2.5ppm以下(トマト缶にして100缶分!)であれば、妊婦さんでも毎日摂取しても問題ない値に。

参考までに、体重が5Kgの赤ちゃんなら0.25ppmまでが安全とされる目安。 (トマト缶にして10缶分!やはり多いですね)

なお、日本の製造・販売業者によると、日本製品の缶詰は、ビスフェノールAの使用はごく微量とのこと。缶詰の中身(水分含む)からビスフェノールAは検出されないことは、”確認済”だそうです。これで、安心してトマト缶を購入することができますね。

トマト缶はそのまま献立に?それとも制限すべき?

トマト缶が危険ではないか、という問題の発端は、トマト缶の中身ではなく、トマト缶の問題。そこで、トマト缶をやめて、缶ではないトマトの加工品を購入すれば、問題は解決するのでは?ということで、缶ではない加工品を洗い出してみました。

  • トマトの瓶詰め
  • トマトの紙パック
  • ドライトマト
  • 冷凍トマト

こんな感じでしょうか?

また、トマトをたくさん購入したときなど、「思い切って自作してしまう」というのもおすすめ。安全に気を配りたい妊婦さんならではの、大事な視点ですね。

 

トマト缶と生トマトの違い

トマト缶ということで、缶の問題が出ましたが、外国産であっても基準値より多くはなさそうなので、今度は中身について確認を。

トマト缶の方が生トマトより栄養価が高い?

トマト缶は、生のトマトより高い栄養素があります。

  • リコピンが3倍
  • うま味成分である、グルタミン酸が2~3倍

トマト缶の方が生トマトよりリコピンが多い?

生のトマトは、実は温室育ち。一方、トマト缶のトマトは、イタリア産の加工用に栽培している赤系と呼ばれる品種のホールトマトを輸入している事が多く、燦々と降り注ぐ日差しの強い気候で育っており、抗酸化物質が多く作られているから。

生トマト

日本のスーパーや八百屋、道の駅等で販売されているトマトは、ピンク系と呼ばれる品種が主。 中が淡い赤色で、生でも食べやすいように、皮が薄く、果肉が柔らか。そして、水分や甘みが多いもの。 主に温室育ちなので、リコピンは赤系の数分の1とも。 また、リコピンは脂に溶けやすい脂溶性なので、生のトマトにドレッシングを掛けたり、調理に使うと、より取り入れやすくなります。

トマト缶

生トマトより多いリコピン酸。加熱調理することによって吸収力がアップ。オリーブオイルなど油分と一緒に摂れば、吸収率はさらにアップ。トマト缶のトマトとオリーブオイルで作るトマトソースは、リコピンをより多く摂るのに理にかなっているんですね。

 

妊婦さんの体重管理、頑張っているのに効果があがらないときは

妊婦さんの食事管理は、とかく気を付けることが多いもの。和食がいい、塩分控えめ、高タンパクで低カロリーなものを・・・そして食べたものを記録したり、食べる順序にまで注意をはらう・・・これが毎日3回訪れるのだから、ムズカシイ。

食事管理が大変。もっと簡単な方法がないかなぁとお困りのあなた。そんなときは、低カロリーながら栄養のある酵素ドリンクを、おやつ代わりに使うのはおすすめ

酵素ドリンクは、主に野菜や果物を発酵させたもので「発酵食品」とも言えるもの。そして酵素ドリンクそのものには、バランスの取れた栄養が。

妊婦さんが飲むことで、体に酵素が補給され、体内の酵素が増加するので、以下のような効果が発揮されることに。

  • 摂取カロリー抑制効果
  • 代謝向上の効果
  • デトックス効果
  • 健康の増進効果

酵素ドリンクの効果についての詳細は、妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

まとめ

Sponchia / Pixabay

今回はトマト缶の危険性について、外国産の缶詰はないとは言えないけれど、基準値は下回っていること。日本産の缶詰は問題がなさそうというを確認してきました。トマトを自分で保存できれば、缶を使わなくても済むので、自作するのもあり。

さて、冒頭の息子の料理。ネーミングは分かりませんが、結果的にはラザニアができた様子。でも、このトマト缶は、非常に非常にしょっぱかった。2缶ではなく1缶しか使わなくて正解。

家族で分け合って食べましたが、食べたあとの水分の取り方が半端ない(笑)。あまりに塩辛くて、美味しかったかどうか、コメントができませんでしたとさ。残り1缶まだ残っています。はて、どうしようか・・・

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村