妊娠中の体重管理

妊婦検診で体重増えすぎを怒られる!前日の絶食、体重減らす効果は?

妊婦検診はあまり足が進まないもの。検診で、男の子?女の子?などエコーを見ながら教えてもらうのは、とても楽しみなのですが、一方で、気が進まない理由がやはり体重。

明日になるのが嫌だなぁ、検診に行くのが億劫だなと思うことが多かったです。

体重が増えすぎてしまうと、怒られるのではないか?であったり、前回注意をされたけれど、改善していないなど、検診にいきづらい要因は個々にありますよね。

そこで、この記事では、妊婦検診で体重増えすぎを怒られる理由と検診前日の絶食などが体重を減らす効果があるか、を扱ってみました。一緒に見ていきましょう。

妊婦検診で体重増えすぎを怒られるのはなぜ?

妊娠中は、赤ちゃんの成長に伴い、妊婦さんの体重が増えていくのは自然なこと。ですが、体重が増えすぎると肥満とされ、妊娠高血圧や妊娠糖尿病などのリスクが高まることに。

また、肥満が過ぎると余分な脂肪が産道についてしまい、赤ちゃんがスムーズに産道を通れず難産になってしまう可能性も。安産で赤ちゃんを迎えるためにも、体重を適正な値に収めるようにしましょう。

一般的な妊娠中の体重増加は7~12kg

生まれる間際の赤ちゃんの体重はおよそ2.5~3.5kg、羊水や胎盤の重さが約3~4kg。普通体型の妊婦さんが、妊娠することで増える体重は、赤ちゃんの体重と羊水や胎盤を合わせて、最低でも7kgは増加するもの。

ですから、妊娠前のBMIなどにもよりますが、一般的な体型である妊婦の妊娠中の体重増加は、前述の7kg程度に、出産を頑張る体力分を加味しておよそ7~12kgが良いとされています。

妊娠中に必要なのは体重増加を抑えるダイエット

妊娠中に行うダイエットは、一般的なダイエットの「痩せること」が目的ではありません。安産を目指すため、また赤ちゃんの健やかな成長と妊婦の健康のために、体重管理をするのが目的になります。冒頭でも述べましたが、つわり明けで、食欲が旺盛になってきた頃からが要注意。

妊娠中の体重増加は、最終的に帳尻合わせができればよいわけでなく、急な体重の増えすぎなど体重増加の過程も重要。短期間に体重が増加すると、妊娠高血圧などのリスクが。特に臨月は1週間で1kgなど増える可能性があるので、注意をしたいもの。

妊婦検診で、体重増加を怒られるてしまうのは、体重増えすぎや、急な体重増えすぎを抑えることで、適切に体重管理を行い、無事安産を迎えるためなんですね。

妊婦検診前日の絶食、体重減らす効果は?

妊婦検診を迎えるのあたり、体重を何とか、前回の数値に近づけようと、いろいろ画策しようと考える妊婦さんはおられるもの。

私は冬に妊娠後期を迎えたので、カーディガンを2枚重ねするなど厚着をしていき、体重を測るときだけ、上着をできるだけ脱いで薄着になり、体重を測るようにしていました。少しでもと思うので、妊婦帯をトイレで脱いだりしたことも(笑)

妊婦さんの中には、妊婦検診前日に絶食するというダイエットを実践する方がおられますね。これについて見ていきましょう。

検診前日「何も食べない」ことは、妊婦さんにどう影響?

「妊娠中に太り過ぎないように」と心配し、食事制限を行ってしまう妊婦さんは少なくありません。しかし、妊娠中の過度なダイエットは、赤ちゃんに栄養が十分に届かない、赤ちゃんが十分に成長できない等よくない影響をおよぼすことがあるため避けましょう。

ただし、1つだけ方法が。それは”プチ断食”。すぐに体重を落とす効果はないものの、長期的に見るとファスティング効果が狙えるというもの。

その方法は、夕食を18時までに食べ終えてしまい、翌朝は酵素ドリンクのみを摂るという方法。これにより、前日の18時から、翌日の昼12時まで、18時間以上なにも食べないことで、胃の中は空っぽにすることが。胃腸の活動も休ませることにつながるわけです。

プチ断食を行うことで、胃腸を休ませる。腸にたまった宿便、細菌や毒素を排出しやすくなる効果を狙うと共に、ダイエット効果も狙えるあるようです。

参考:妊娠中のダイエットには酵素ドリンクがおすすめ。その飲み方とは?

検診前日「何も食べない」ことは、赤ちゃんへどう影響?

検診前日「何も食べない」食事制限ですが、一般のダイエットで、一部効果があるとされているものの、妊婦さんにはおすすめできません

なぜなら、妊婦さんは赤ちゃんに栄養を届けるために、1日3食とることが基本。必要なカロリー賄えているものの、すべての栄養素を3食で摂取しきれていないという現実が。ですから、不足分の栄養素を補う意味で、おやつや分食があるのです。

食べずにダイエットをすることを考えるよりは、基礎代謝を上げることで、すでについてしまった脂肪を燃焼させる方が赤ちゃんにも妊婦さんにもよいと言えるでしょう。

効果的に燃焼させるには、適度な運動酵素ドリンクを利用する方法がおすすめです。

赤ちゃんが低体重になりやすい

妊娠中に食事制限をしてしまうと、赤ちゃんが2,500g未満で生まれる「低出生体重児」となる可能性が。妊婦さんの食事制限ダイエットにより、低体重児が生まれてしまう割合は、近年増加傾向にあるとされています。

低体重の赤ちゃんは合併症のリスクが高い

低体重の赤ちゃんは、合併症のリスクが高いことから、発達が遅れがちであったり、感染症にかかったりするケースが。また、最近では低体重出生児が成人後にメタボリックシンドローム(メタボ)を発症するという指摘も。

生まれてくる赤ちゃんのためにも、妊婦さんの過度な食事制限ダイエットは避けたいですね。

酵素ドリンクの効果についての詳細は、妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

 

まとめ

いかがでしたか?。

妊婦検診で体重増えすぎを怒られるのはなぜか、体重増加は最終的に帳尻合わせができればそれでよしではなく、急激な増え方をしていないか、その過程も見る必要もあること、体重増加が何のバロメータであるかなどをお話してきました。また、妊婦検診前日に絶食をすrなどは、赤ちゃんや妊婦さんにどのような影響があるかをお伝えしてきました。

体重増加を気にする妊婦さんは、きっと体重管理に真剣に取り組む優秀な妊婦さん。あなたなら、きっと大丈夫ですよ。安産で元気な赤ちゃんと対面できることを願っています!

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村