妊婦のダイエット

妊婦さんの体重管理は厳しすぎる、体重を減らすにはどうしたらいい?

妊娠が分かってから、短いような長いような妊婦さん生活。その生活において切っても切れないのが、体重管理。あなたは、毎日体重を測っていますか?

何を隠そう、私は毎日測っていませんでした・・・でも、その代り暴食をしないよう、とても気を付けていました。でも、ひとたび暴食をしてしまうと、体重への影響が気になるもの。1日に何回も体重計に乗ってしまうこともありますよね。

でも、体重管理にうるさいのは、実は日本だけのよう。今回は妊婦さんの体重管理について、厳しすぎるのでは?といった点についての考察と、体重を減らすためにどうしたらいいか、についてもご案内をしてまいります。ぜひ一緒に確認をしていきましょう。

妊婦さんの体重管理は厳しすぎる、どう考えたらいい?

妊婦さんが増やしてよいとされる体重の目安は、おおよそ7kg~12kg。どうやらこの基準は日本だけのようです。海外の病院では特に体重管理はされないとのこと。では、日本ではなぜこんなに、体重管理が厳しいのでしょうか。

妊婦さんと赤ちゃんの体調管理および出産を安産にするため、というのが主な理由。私が妊婦さんだったときは、「母子手帳に8kgまでね!」と助産師さんに言われるとともに、母子手帳に“ピッ”と赤線が引かれたのを今でも鮮明に覚えています。

妊娠初期の頃は、体重増加なんて余裕!?と思っていましたが、妊娠中期から意図に反してどんどん増えていくので、なんだか慌ててしまって・・・。私はしっかり助産師さんに注意をされましたよ(笑)

日本の病院で出産をするのであれば、体重管理から、当面は逃れられないかもしれません。。。ただ、病院も低体重が増えていることに危機感を持っているので、もしかしたら、言葉のトーンが若干柔らかくなる可能性はあるかもしれません。

妊婦さんとしてできることは、できるだけ、体重について必要以上に思いつめないこと。ストレスも太る原因になるので。また、お産は何が起こるか分からないもの。体重増加が順調であっても、いざ出産になるとうまくいかないケースだってあるでしょうし、逆に、体重増えすぎと言われたからとて、100人が100人安産できないと決まったわけではないですし。貴重なマタニティライフ、できれば楽しんで過ごしたいですね。

妊婦さんの体重を減らすには、ウォーキングがおすすめ

出産を乗り切るには、体力と、体の柔軟性(特に股関節)が大事。特に初産の場合、急激な体重増加は難産の原因とも言われ、適度な運動が欠かせません。

ウォーキングは安定期頃から少しずつ習慣づけをして、妊娠後期には60分程度歩けるようになっているのが理想ですね。

臨月になったら、もしもの時に備えて、携帯電話、健康保険証、母子手帳、診察カードなどをあらかじめ携帯してからウォーキングに出かけるようにしましょう。

散歩やウォーキングの効果は?

妊婦さんのダイエット、ウォーキングの効果には、以下のようなものがあります。意外に思う方もおられるかもしれませんが、結構たくさんありますよね?

  • 下半身・骨盤の筋肉強化
  • 股関節の動きをスムーズに、子宮口を開きやすくする
  • 血行促進により冷え性改善・むくみ解消
  • 足がつる症状を解消
  • 妊娠高血圧症候群の予防
  • ストレス解消・リフレッシュ
  • 出産時に必要な体力がつく
  • 体重増加が抑えやすくなる

 

妊婦さんのウォーキング、取り組み方や目安とは?

妊娠中の運動は、妊娠前のように積極的な筋力・体力アップを狙うことが目的ではなく、出産に向けた体力、筋力の維持と精神面でのリフレッシュを目的に、散歩やウォーキングに取り組むことを頭に入れておきましょう。

1.ウォーキングの効果を高める4つのポイント!

せっかくウォーキングをするのですから、高い効果を出したいですよね。ここでは4つの大切なポイントをご紹介します。

①事前のストレッチをしっかりと
ウォーキングを始める前に、

  • 足首回し、
  • アキレス腱伸ばし、
  • 屈伸

などのストレッチを行うこと。ケガの予防になるばかりでなく、運動効果を高めることも。

②正しいフォームを意識して
ウォーキングといえど、間違ったフォームで歩き続ければ、体への負担は大きく、ケガをしやすくなるもとに。

ウォーキングをする際は、

  • あごを引いて背筋を伸ばす
  • 目線は少し先を見るように
  • 肘は軽く曲げ
  • 腕は付け根の肩から大きく振る

といったことを意識しながら、歩くようにしましょう。

③足の裏全体を使って歩く
足はしっかりと地面と蹴り上げ、足を伸ばして歩くようにしたいもの。“かかとから着地、つま先で蹴り上げる“を意識するだけでも、足の筋肉を効果的に使うことができますよ。

 
2.ウォーキングするのにおすすめの時間帯はあるの?

ウォーキングするには、どの時間帯がおすすめ?

①朝のウォーキング、メリットは?
朝日を浴びて運動をすれば、体が目覚め、1日を元気に過ごすことができますす。脂肪の燃焼効果が夜よりは高いので、体重を落としたい人には嬉しい時間帯。

時間管理の観点から、大事にしたいことは、朝の早い時間帯に予定を入れてしまうといいとも言いますね。

ウォーキングは、明るくなり日差しが強すぎない朝に、おすすめですね。だだし、目覚めてすぐは体が柔軟とは言えず、ケガをしやすいとも言える時間帯。十分にストレッチをして、水分や糖分を補給して後に、ウオーキングを始めるよう心がけましょう。

②昼のウォーキング、メリットは?
脂肪の燃焼効果が朝より高いので、体重を落としたい人には嬉しい時間帯。子宮収縮も朝10時~午後2時の時間帯はおこりにくいとも言われます。

そういうわけで、ウォーキングは昼間もおすすめ。ただし、夏の暑い時期のウォーキングは日射病などの可能性が高くなるので、おすすめしません。

③夜のウォーキング、メリットは?
夜にウォーキングをすると、睡眠の質が高まる効果が期待できます。ウォーキングで体温が上がり、その数時間後に体温が下がったときが、睡眠への移行に入りやすく、深い眠りへといざないます。

また、1日の最後に歩くことは、気持ちのリセットを促し、ストレス解消にも役立つことが。

どうしても夜しかウォーキングできない場合を除き、夜は視界が悪いので、妊婦さんのウォーキングには不向きと言えるでしょう。

 

妊婦さんは、体重管理に頭を悩ますもの。もしあなたが、体重管理に悩んでおられるのなら、以下の記事を見てみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

まとめ

いかがでしたか?。妊婦さんの体重管理が厳しすぎるという意見に対し、筆者なりのコメントを掲載してみました。また、体重を減らしたい妊婦さんに向けて、運動としておすすめであるウォーキングについてご案内をしてきました。

ウォーキングといえど、フォームがあるのは驚きでしたか?効果を高めるために、気を付けるべき点はたくさんありましたよね。全部できそう?いや、ウォーキングしている最中に忘れそう・・・(笑)

妊婦さんが元気であれば、赤ちゃんもきっと元気なお子さんのはず!ぜひ気候のよい時間帯に、楽しんでウォーキングしたりなど、それぞれの妊婦さん生活を楽しんでくださいね。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村