妊婦のダイエット

妊娠中、なぜ痩せない?なぜ体重減らない?ダイエット成功のコツとは

妊娠中に体重が増えすぎてしまった場合、かかりつけ医からダイエットをするよう指示があることが。

どんなダイエットをしたら良いかと、かかりつけ医からのアドバイスも、あるにはあるでしょうが、実際、ダイエットがなかなかうまくいかない妊婦さんは多く、それは出産その日までの長~い期間の悩みにつながってしまいます。

思うような結果が出ないと、食事管理やら運動やらの、モチベーションも下がりがち。でも、ご自身の健康やお腹の赤ちゃんの成長かかっているので、あきらめることもできず・・・悶々と。

ここでは、妊婦さんのなぜ痩せないのか?という疑問にお答えするべく、妊娠中のダイエットに大事とされるポイントをご紹介していきます。

 

体重をキープする”妊婦さんだけ”が知っている、ダイエット成功の秘密は↓
これがあれば、赤ちゃんにもしっかり栄養が届く!そのアイテムはこちら!

妊娠中に体重が増えすぎたら、なぜダイエットが必要なのか?

妊娠中に体重が増えすぎたら、なぜダイエットが必要なのでしょうか?

妊婦さんごとに、妊娠前の体重をもとに、増えてもよいとされる目安の体重がおおよそ決まっていますよね。

「目安の体重を超える」=「増やしてよい目安の体重に加え、脂肪や水分などを余分にとりすぎてしまう」ということで、これは妊婦さんの妊娠高血圧症候群や、妊娠糖尿病、難産などのリスクにつながる、と言われています。

助産師さん
助産師さん
太りすぎは、お腹の赤ちゃんにとっても、健やかな発育の障害や、命に関わる事態になることが。

そういうわけで、増やしてよい目安の体重を超えた場合は、正しいダイエット方法で体重コントロールする必要があるのです。

参考:肥満妊婦の体重管理、食事メニュー変更で痩せた?ダイエット成功か?

 

妊娠中のダイエット、頑張っているのに痩せない人の特徴

妊娠中のダイエット、頑張っているのに痩せない人の特徴には、どのようなものがあるでしょうか。

今から、

  • 妊娠中に体重が増えすぎてしまい、ダイエットをしなければという状況の方
  • すでにダイエットを始めているけれど、なかなか痩せなくて悩んでいる方

に向け、「ダイエットを頑張っているのに、痩せない人の特徴」をお話しますね。実は、頑張ってダイエットしているのに、なかなか痩せない人には、共通点が。それは、食事の見直しが不完全であるということ。

食事の見直しが不完全、その意味とは?

一般にダイエットのポイントは、食事と運動と言われています。食事のカロリーに気をつけること、適度に運動すること、その2つが大事であると。

でも、毎日ウォーキング、毎週ジム通いしているのに、なかなか痩せない・・・という話は、よくありますよね?その理由は、運動で消費する以上に、カロリーを摂取してしまっているからなんです。

食事の見直し、正しい方法は?

妊婦さんの献立、栄養は一日でなく1週間の食事メニューで確認をにも、詳細を掲載しているので、良かったら参照してみてくださいね。

妊娠中に摂取しておきたい3大栄養素はこれ。

  • 赤ちゃんの背帳を促す葉酸
  • 貧血予防に欠かせない鉄分
  • 骨を作るカルシウム

また、毎日の食事作りに欠かせない食材は、

  • 炭水化物
  • タンパク質
  • 無機質
  • ビタミン

毎日の食事はこれらをバランスよく組み合わせること。そして和食中心にすること。 これを続けることがとても大事です。

 

日本に古くから伝えられている和食は、取り入れるべき栄養素をバランスよく摂取できるよう工夫が。

助産師さん
助産師さん
昔は、食糧事情が悪かったにせよ、妊婦さんに、葉酸不足や鉄分不足という言葉はなかったでしょうし、ましてやダイエットを求められる妊婦さんなんて、いなかったでしょう(笑)。

和食の基本である、一汁三菜。これを配膳できるよう、食生活を改善しましょう。ただし、1点注意が。和食に使われる調味料(塩、みそ)は、実は塩分が多く含まれ、とりすぎの可能性が。できるだけ妊娠中は減塩を心がけるようにしてくださいね。

参考:妊婦さんの体重を減らす方法!食事制限せず、食事を和食に変えよう。

 

意外と知らない“中性脂肪”の基本情報

中性脂肪は、身体を動かすときのエネルギー源に。 トリグリセリドとも呼ばれており、健康診断結果に「TG」と表記されることも。

また、中性脂肪というのは元々は食べ物から摂取した脂質。エネルギー化されなかった脂質は、中性脂肪という形で内臓周辺に蓄えられてしまうことに。

脂質は、肉や魚、炒めものの油、調味料のマヨネーズ、バターに含まれるもの。揚げ物も脂質に加え、高カロリーなので控えるようにしましょう。

参考:妊婦さんの献立、栄養は一日でなく1週間の食事メニューで確認を。

 

運動の必要性は?

食事の見直しがしっかりとできていれば、運動をしなくても痩せる効果は表れるでしょう。でも、妊婦さんのダイエットでは、適度なものであれば、運動は推奨されています。

妊娠中の運動不足は、血液中の中性脂肪が筋肉や脂肪の中に取り込まれやすくなったり、筋肉量が減って体力が衰えたり、体の基礎代謝が落ちるなど、よくないことの原因に。

助産師さん
助産師さん
妊婦さんであるというだけで、太りやすい体質のところ、運動不足により、さらに太りやすくなったり、体力が落ちたりということがないようにしたいもの。

例えば、ウォーキングなどは、始めやすい運動の代表例なので、運動することを毎日の習慣にしてみて。体内の基礎代謝が向上しとエネルギーを消費しやすい体づくりをしてくださいね。

参考:その場でできる足踏みダイエットは、妊娠初期や臨月でもおすすめ?

 

今日から糖質制限、忙しいアナタでも楽~にプチダイエット!

妊婦さんの食事管理は、とかく気を付けることが多いもの。和食がいい、塩分控えめ、高タンパクで低カロリーなものを・・・そして食べたものを記録したり、食べる順序にまで注意をはらう・・・これが毎日3回訪れるのだから、ムズカシイ。

食事管理が大変。もっと簡単な方法がないかなぁとお困りのあなた。そんなときに試してみて欲しいことが。

 

忙しいあなたも、今日からプチ糖質制限!

糖質の少ない食事をとることで、太りにくい体質になるという”糖質ダイエット”は世界的にも大人気。でも、忙しい平日に、ご自分で糖質制限食を作るのは難しいもの

実は、プロの管理栄養士と一流シェフによって作られた美味しい糖質制限食を、自宅まで届けてくれる”糖質90%オフの宅食サービス”があるんです。

ご飯を作る時間が省略できて、自分の時間を確保できる!。赤ちゃんを迎える準備や、出産までに片付けておきたい事柄に時間を割くことだってできる。そして何より体重増加の心配をしなくていいなんて、妊婦さんには三拍子の嬉しいが揃ってしまうんです!

 

太らないメニューづくりに悪戦苦闘したり、頑張ったのに体重が増えて撃沈したり、ストレスから暴食に走って悔やんだり・・・こうしたストレスを溜めるよりは、プロに任せてストレスフリーになるほうが、時間とお金の”賢い”使い方。

 

プチ糖質制限をすると、体重増えすぎを、”常に気にすることから解放される”上、お腹の赤ちゃんとの時間を、”心から楽しめる”ようになる、またとない幸せな時間が過ごせますよ♪
糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH – ナッシュ」

 

 

さて、妊婦が糖質制限しても大丈夫?と心配される方がありますが、結論から言ってしまうと大丈夫!!。なぜなら糖質オフの提唱者、江部康二先生がご自身のブログや本で、以下のようにおっしゃっているから。

  • 「妊婦が糖質制限すると赤ちゃんが将来生活習慣病になる」という論文は、実際には存在していないこと
  • 糖質制限をしても、自分の体で糖質を作る”糖新生”が活発になるので大丈夫

 

とはいえ、いきなり3食すべてを糖質制限するのは、さすがに心配になりますよね。ですから、妊婦さんは1日1回、食後の血糖値が下がりにくい夕食のみを”プチ糖質制限”してみてはいかがでしょう。

糖質制限をするだけで、ステーキOK、外食解禁に!。これは食べる量を制限していた妊婦さんには、たまらない魅力ですね!

 

最初は糖質オフの食材選びに難儀するもの。普通にお弁当を買うのと同じ値段で始められる&しかも美味しい糖質制限食を、あなたも始めてみませんか?今すぐプチ糖質制限を始めて、食べちゃダメ、食べ過ぎた!のストレスから、ご自分を解放してあげましょう!

 

電子レンジでチンするだけ!平日の夫婦の夕食は糖質制限食を!1食548円から。
糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH – ナッシュ」

 

まとめ

いかがでしたか?妊娠中ダイエットをがんばっているのに、なかなか痩せない・・・という方に向け、考えられる原因や、それを踏まえた上で体重コントロール方法をご紹介してきました。

食生活の見直しは、妊娠中ダイエットに有効ですが、出産後の授乳や産後太りの抑制にも有効ですので、ぜひ妊娠期間によーく食生活を見直してくださいね。運動も、毎日同じ時間帯に取り組むようにするとよいでしょう。

妊婦さんの健やかなマタニティライフと健康な赤ちゃんの出産に、お役にたてればうれしいです。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村