妊婦のダイエット

その場でできる足踏みダイエットは、妊娠初期や臨月でもおすすめ?

妊婦さんの運動の中で、最もポピュラーな運動である「ウォーキング」。 母子手帳にも記載がありますし、産婦人科で受ける妊婦教室などでも案内がありますよね。

妊娠中、天候がすぐれないとき、夏や冬などウォーキングに適していないときは、ウォーキングを室内バージョンにして、足踏みダイエットをするのはどうでしょう。

今回の記事では、足踏みダイエットをご紹介。足踏みダイエットは、その場でできる上、他にもメリットが。

なお、妊娠初期や臨月での妊婦さんにも負担が少なく、効果も高いことについてもご紹介しています。最後にそのやり方。その場で足踏みするだけではなあく、手の動きを加えるとより脂肪が燃焼されやすいとのことです。ぜひ運動をしてみてくださいね。

その場でできる足踏みダイエットには、たくさんのメリットが

やりたいときにすぐ出来る

足踏みダイエットの一番のメリットは、「始めたいと思ったら、その時に、すぐ取り組める」という点。これは大きいですよね! 道具も準備も不要ですし、それこそ起き抜けの格好のままで着替えをせずにできる。その場ですぐに運動を始めることが出来るんです。 つまり必要なのは、その人の”やる気”だけ、というわけ。

非常に手軽にできるため、面倒くさがりな方でも、忙しくて運動時間をとりづらい方でも、隙間時間を活用して手軽にダイエットすることが出来ますね。

お金がかからない

ダイエットをするうえで意外と重要なのが、”お金”。 いくら痩せたくても、お金がかかるとなれば、二の足を踏む人もおられるでしょう。高価なダイエット器具の購入や、シューズを揃えたり、ジムに通ったりなどは、なかなかのハードルに。

その点足踏みダイエットでは、場所も選ばず道具も不要で始められる。つまり、お金がかからないので、精神的にもお財布的にもお手軽に始めることができますね。

もちろん専用の器具を使えば、運動効果はアップするもの。でも足踏みダイエットの場合は、専用器具なしに行うだけでも十分なダイエット効果が得られるので、お金をかけずに痩せたい方にはぴったりのダイエット法ですね。

天気や季節の影響を受けない

継続して行うことが大切なダイエットにおいては、寒い冬や暑すぎる夏、雨などの悪天候は、気分も下がるし、運動ができない大きな要因に。ウォーキングやジョギングなどは、こういった季節や天候の影響をもろに受けるため、やる気はあるのに”やれない”というパターンもしばしば。

運動は、毎日の習慣が一番効果的なところ、いったん休むきっかけが出来てしまうことで、ついついズルズルと休みがちになってしまうのが一番のリスクですよね。

しかし、室内で行うことが出来る足踏みダイエットでは、こうした心配がありません。

常に安定した環境で出来るため、運動習慣が崩れることもなく、しっかりと習慣化され、効率よくダイエットに取り組むことが出来ますね。

人目が気にならない

当然といえば当然ですが、室内で行える足踏みダイエットは、人目を気にせずに済むというメリットも

運動を始めたばかりで、慣れていない時って、なんだか自分が運動している姿が不格好に思えてしまい、何だか恥ずかしい思いを持ってしまいがち。その点、人目を気にせずできるという点は、ダイエットを始める上でも、継続する上でも大きなメリットになりますね。

妊娠初期や臨月でもおすすめの足踏みダイエット、その効果は?

”ウォーキングの室内バージョン”とも呼ばれる足踏みダイエットは、ジョギングやウォーキングと同様の有酸素運動

軽い運動を一定時間継続することで、カロリーを消費し、脂肪燃焼に繋げるというダイエット法ですね。 激しい運動ではないし、難しくもないので、妊娠初期や臨月の妊婦さんでも取り組めます。運動慣れしていない人でも始めやすく、また継続しやすいのが魅力。

またこの足踏みダイエットは、定期的な運動による、新陳代謝の向上といった効果も得られるんです。 程よい運動で体を温めることにより、血行が促進され、新陳代謝の向上により、体脂肪の燃焼効率も向上することに。 そのため、この運動を始める前よりも、より痩せやすく、同時に太りにくい体質へと”体質改善”ができてしまうのも嬉しいポイントですね。

足踏みダイエットのやり方

足踏みダイエットの方法は、その名の通り、その場で足踏みをするだけなので、とっても簡単。 足踏みダイエットをより効果的なエクササイズとするための方法をお伝えします。

まず、事前準備として、全身のストレッチをしっかり行ってください。この運動は、アキレス腱を利用するので、腱を切るなどのケガ予防をしておきたいですね。準備運動自体がすでに有酸素運動なので、もう脂肪燃焼は始まっているんですよ。

入念にストレッチができたら、後はいよいよ、その場で足踏みをするだけ。 その時、ポイントが2つあります。

足を直角にしっかりと上げること

具体的には、立った状態で片足の膝を直角に曲げ、そのまま水平に引き上げます。 しっかりと足を曲げた状態で、引き上げることができたら、一旦元にもどしてバランスを整えます。その上で、今度は反対の足でも、同様のことを動作をしましょう。

足を直角にしっかりと上げるポイント

姿勢がふらついていると、足を直角に曲げることができないので、慣れるまでは、一旦足を下ろして両足を地面につき、体幹を保つ練習をしましょう。それが安定してできるようになってから、反対の足を上げるようにするとしっかりと足を上げることができますよ。

足を直角に上げる動作に慣れてきたら、今度は動きをリズミカルにすることに挑戦してください。これは決して速い動きをする必要はありません。ゆっくりでもいいので、リズムを刻んで取り組むようにすると、ご自身にとってもわかりやすく、やる気もでますよね。

膝は上げるだけでなく、着地も意識して取り組むようにしましょう

足を下ろすときは、そのまま「ズドン」と下すのではなく、バレリーナが地面に着地するときのように、踵からしっかりと着地するようにします。そして、着地の際には膝裏や脚の裏側の筋が、しっかり伸びているか意識して確認するようにしましょう。

軸足にも注意して

下ろす方とは反対の足、軸足についても、しっかり意識を。曲がった状態で立っているのではなく、軸足もピンと伸ばしておくようにしましょう。

これらの動きを行うことにより、インナーマッスルといわれる、腸腰筋(ちょうようきん)や、腰椎と大腿をつなぐ大腰筋(だいようきん)を鍛えることができます。そして、このインナーマッスルを鍛えると、姿勢改善や腰痛緩和にも効果が現れるんですよ。

 

妊娠後期や臨月の妊婦さんは、体重管理に悩んでいるもの。食事でも運動でもなかなか効果が得られない場合は、以下の記事を見てみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

まとめ

足踏みダイエットには、その場でできるメリットに加え、他にもメリットがたくさん。まず、メリットのご紹介をしています。また、足踏みダイエットは、妊娠初期や臨月でも取り組めるもの、またその効果について触れています。

最後に、足踏みダイエットのやり方について、具体的にご案内をしています。簡単な上に運動する効果は大きい。こうなれば、やらない手がありませんね?あなたも、体重で注意されることから開放され、素敵なマタニティライフを送って欲しいと思います。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村