妊娠中の体重管理

妊娠中の体重管理に疲れた、妊娠後期、体重減らすにはどうしたら?

妊婦さんは体重管理に必死になっていると思います。できるならば安産で出産に臨みたいもの。でも、体重管理こそ思うようにコントロールできない、そんな気がしています。もしかしたら、これは私の個性?赤ちゃんが必要としているから?そんな思いが頭をよぎったりするかもしれませんよね。

この記事では、妊娠中の体重管理に疲れ、体重が増える理由が分からない、いろいろ実践しているのに効果が分からない、と悩む妊婦さん向けに、その理由について、もしかしらこの理由があてはまるのかも?というご提案、また体重減らす方法をご紹介して参ります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

妊娠中の体重管理に疲れた、どうして体重が増えるのか、ぜんぜん分からない・・・!?

妊娠中の体重管理、一生懸命取り組んでいるつもりなので、なかなか効果が実感できない・・・

体重管理にもう疲れた。どうして体重が増えるのか、ぜんぜんわからない!?という妊婦さん、そういう思いを持つのは、決してあなただけではありません。

以下はどうして体重増加が止まらないか、不思議に思う妊婦さん向けのチェック項目です。以下に当てはまるものがあるかどうか、まずはチェックしてみてくださいね。

食生活・生活習慣チェック項目

  • 栄養バランスがとれた、食生活を送っていますか?
  • カロリーの高いお菓子やフルーツを食べていませんか?
  • 夜は20時までに食べ終えていますか?
  • 腹八分目を超えて食べていませんか?
  • 適度な運動をしていますか?

いかがでしたか?この結果を受けて、運動が足りていない方があれば(私はこちらに○でした)と、食事管理をもう少しきちんとした方がよい方、どれにもあてはまらない方とに分かれるのかもしれませんね。

では、以上の内容確認をしたうえで、体重が増えてしまう理由に、以下内容であてはまるものがないか、ちょっと見ていきましょう!

赤ちゃんの体重が増えている!

運動もしている、食事管理も実践している、でも太る・・・体重が増える理由は実は赤ちゃんの分なのでは?

妊娠中期は、赤ちゃんが妊婦さんのお腹で過ごす最後の時期。赤ちゃんも、生まれた後にちゃんと生活できるよう、体を完成に近づけ、身長も体重も新生児と変わらない大きさに。

赤ちゃんの体重は最終的には3kg前後に近づいていくので、赤ちゃんの体重が増えた分だけ、妊婦さんの体重も増えるのは当然のことですよね。

妊娠後期のつわり明けからの、食欲の回復

もう1回、妊娠後期に、つわり明けの食欲回復がやってきます。食事制限をしている妊婦さんには、ちょっとツライもの。

「妊娠後期のつわり」とは、およそ妊娠8ヶ月以降に、吐き気などの症状が見られること。 子宮が赤ちゃんの成長に伴って広がり、胃を持ち上げたり圧迫したりするために起こるとされています。胃とともに腸も圧迫され、便秘が悪化して吐き気につながることも。

このつわりは、臨月近くになると赤ちゃんがお産に向けて少しずつ下へ降りていくことにより、胃を圧迫していた子宮も下へ下がりことから、胃が楽になり食欲が増えてしまうことによるもの。

心して乗り切りたいですね。

むくみ

妊娠中は女性ホルモンの働きにより、体に水分が蓄積されやすいため、むくみが生じることに。食べていないのに体重が増える原因は、塩分の摂りすぎという可能性も、むくみの解消法は、以下の5つがおすすめです。

  • 塩分を控える
  • 運動する
  • むくみ解消ソックスをはく
  • 体を締め付けない洋服を着る
  • 寝る時は、足を少し高くする

 

運動不足

お正月、年末年始、GW、3連休・・・これらの期間、じっと自宅にこもっていると、知らず知らずのうちに、運動不足に

赤ちゃんの成長に伴って、お腹が大きくなると、動きづらくなりますね。それに伴って、運動不足になってしまうことも。

転んでしまうかも、家にいた方が安全かも・・・といろいろ心配のあまり、自宅にこもりがちで、出かけたり動いたりすることをしぶる方があるかもしれません。

でも、安静にしすぎるとエネルギーが消費されず、体重増加となってしまうことがあるので、気分転換も兼ねて外出してみることも大事です。

睡眠不足

体重管理に疲れてしまうほど、ストレスを感じている妊婦さん。大きなストレスにより起こる症状として不眠症が。体重管理がうまくいかないストレスによって、イライラや悩みが頭の中をぐるぐる巡り、眠れなかったり、寝ても熟睡できないといったことはありませんか?

このストレスによる睡眠不足も、太る原因に。本来、熟睡することで分泌される成長ホルモンが、熟睡できないことにより、十分に分泌されず、脂肪の分解や、筋肉を成長さえる働きが阻害されている可能性があるかもしれません。

妊娠後期、体重減らすにはどうしたら?

妊娠後期、体重を減らすにはどうしたらいいでしょう?

妊婦さんですから、減量をするといっても、一般的なダイエットとは異なり、無理をするのは禁物。減量の方法について、以下一緒に見ていきましょう。

食事内容の見直しが最優先

体重増加の原因は主に、食事内容にあることが多いもの。ですから、これまでの食生活を振り返ることは有効です。

チェックポイントは、主に以下の4つ。

  • 油っぽいものばかり食べていないか
  • 塩分が多くないか
  • 栄養バランスは整っているか
  • 腹八分を超えて食べていないか

実際にチェックをしようと思ったら、よく思い出せないことってありませんか?そういうときは、レコーディングダイエットの出番。今からでも遅くないので、昨日の分から”食べたものを記録”していくことをおすすめします。

参考:妊娠中の太りすぎ、ダイエットで痩せたい人向け“成功のコツ”

調理法の見直し

減量においては、調理方法もチェックしましょう。

  • たくさんの油を使う、揚げ物や天ぷらなどを食べていないか
  • 炒め物が主菜、副菜に多くないか

確認が必要です。油ものをする際は、クッキングペーパーやオーブンなどを活用するのもいいでしょう。また、よりヘルシーな料理にするためには、焼く、煮る、以外に、”蒸す”もレパートリーに加えましょう。

間食をカロリーの低いものに変える

安定期がすぎると食欲が再開。それまで思うように食べられなかった反動もあり、小腹がすいた=間食となってしまう妊婦さんも。

ですが、実は間食は、思いのほか体重増加につながりがち。そのため、間食回数を減らしたり、カロリーを低いものを食べるようにするなど、工夫をした方がよいでしょう。

便秘の改善に取り組む

便秘は肥満のもと便が腸にとどまると、腸内環境が乱れ、排出されるはずだった毒素が血液に溶け込み全身をめぐるなど、体に良くない影響が。便秘の状態では、減量もうまくいかないもの。

便秘を解消し、代謝をあげてや排出をスムーズにするためには、腸内環境を整え、しっかりと老廃物が排出することが必要です。これにより、太りにくい体を作り、無理をせず、妊婦さんは減量することができるでしょう。

水分をたくさん摂る

水分不足により、便秘になりやすい状態に。水分が不足すると、体内の代謝も低下するため、食べたものがエネルギーにならず、そのまま蓄積されてしまうことに。

水分をこまめに摂って、代謝の良い体にしていきましょう。水分摂取は、空腹感を紛らわせることにもつながるので、食べ過ぎ防止にも役立ちます。

有酸素運動を取り入れる

ウォーキングをはじめ、マタニティヨガやマタニティスイミングなど運動を上手に取り入れることも必要。有酸素運動は体への負担を抑え、消費カロリーを増やす運動です。継続することで、代謝をアップさせ、自然な減量が望めるでしょう。

参考:マタニティダイエット 運動で体重を減らす方法、その5つとは?

十分に睡眠をとる

体重管理にストレスを感じている妊婦さん、体はストレス対抗ホルモンである、コルチゾールを欲しているはず。

実は、このコルチゾール。ストレス対抗の他にもダイエットホルモンとしての役割が。コルチゾールが大量に分泌されるのは、深夜から明け方にかけて。

つまり十分に睡眠時間を摂ると、適切な量のコルチゾールが分泌されるので、ストレスに耐えやすく、太りにくい体質になるわけです。コルチゾールの分泌をとめないためにも、十分な睡眠をとりたいですね。

 

 

妊婦さんは、体重管理に頭を悩ますもの。もしあなたが、体重管理に悩んでおられるのなら、以下の記事を見てみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

まとめ

いかがでしたか?

妊娠中の体重管理に疲れ、体重が増える理由が分からない、いろいろ実践しているのに効果が分からない、と悩む妊婦さん向けに、その理由について、もしかしらこの理由があてはまるのかも?というご提案や体重減らす方法をご紹介して参りました。

この記事を読んで、体重が増える理由に納得したり、体重を減らすための手法を見つけていただければと思います。

妊娠後期、あと少しでかわいい赤ちゃんとのご対面ですね。残された期間、ぜひ楽しい妊婦さん生活を過ごされ、赤ちゃんとの対面を迎えられますことを応援していますよ!

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村