妊娠中の体重管理

妊娠中の体重管理はストレス、朝夕の体重差に注目して一喜一憂脱出!

毎日体重管理は、妊婦さんがとても神経質になりがち。中には毎日体重計に乗るのに飽き足らず、1日に何度も乗って確認する方も。それだけ、気になっているということなんですよね。分かりますよ、その気持ち。私もかつては妊婦さんで、同じように体重管理に苦労をしましたから。

さて、その体重計の指す数値。同じ一日なのに、朝になると前日の夜より低い数値になっているってご存知でしたか?日に何度も測る方はご存知だったかもしれませんね・・・

この記事では、ちょっと変わった体重管理についてご紹介をします。毎日の体重増減に一喜一憂するのではなく、1日の体重差に目を向け、その差を管理していく手法です。ちょっと気になる方は、ぜひ覗いていってくださいね。

朝の体重が一番軽いメカニズム

朝の体重が一日の中で一番軽いメカニズムを見ていきましょう。

朝の体重が一番軽いわけ

「朝の体重の方が、夕方の体重より1kg~2kgほど軽い」というのはよくあること。そして、これは何も妊婦さんに限ったことではありません。

人は起きている時間に、食事や水分を摂取すると、その分体重が増えることに。一方、夜寝ている間に汗をかいたり、食事で摂取したものを消化するため、朝は体重が軽くなっています。

つまり、水分や食べ物の摂取と汗や便・尿などによる排出によるもの。ですから、朝の体重が軽いというのは、普通のこと。

朝夕の体重差

朝夕の体重差は、個人差があり、体格や代謝などに左右されるものなので、人によってもまちまち。とはいえ、目安としては500g~1kg程度が普通と言われていので、一応の目安にしておきましょう。

朝と夕の体重差の目安

前述の通り、朝と夕の体重差の目安は、朝夕の体重さは、夕方の体重 > 朝の体重+500g~1kg程度。この目安から大きく異なってくると、それは体からの何らかのサイン。ちょっと見ていきましょう。

夕方の体重 > 朝の体重+2kgの場合

前日に食べすぎたり塩分の摂り過ぎがなかったか、振り返ってみましょう。また、便秘がちになっていませんか?

前日に食べすぎたとしても、前日に食べたものが即翌日体の脂肪になってしまうわけではないので、心配をしすぎないようにしましょう。

食べ過ぎた自覚がある場合は、翌日や翌々日の食事をカロリーが低い食品を選ぶなどして控えめにして、3日単位で調整をするようにするのがおすすめです。

また、妊娠後期には、むくみが原因で体重が増えることがあるので、朝夕の体重差が大きく続くような場合は、かかりつけ医に相談してみるとよいでしょう。

朝の体重 > 夕方の体重の場合

生活習慣の乱れ、基礎代謝が落ちているのかもしれません。その疑いがない場合は、夜水分を摂り過ぎたり、むくむがないかをチェックしてみて。

このような時は、この状態が続くようなものなのかどうか、しばらく様子を見た上で、かかりつけ医に相談をすることをおすすめします。

体重の記録をつけよう

体重の記録をつけるようにすることで、見えてくるものがあります。体重を毎日測ることをおすすめしている理由はここにあり!

毎日体重を測る

妊娠中は、毎日体重を測るようにしましょう。

朝起きて、トイレに行った後に、体重を測る習慣をつけてしまうと楽。日決まった時間、決まった条件で計測するようにしましょう。

そして体重計のそばにノートを置くか、カレンダーへの書き込みで記録をとることでもOK。毎日体重を測っていると、体重管理の意識が習慣化されるというおまけもついてきますね。

急な体重増加または減少に早く気づけるよう、体重の計測は毎日続けることが大切です。朝いちばんに体重を把握することができれば、体重増加に気づいたタイミングで、その日の食事や活動内容を調整しやすくなります。

なお、週ごとに体重を管理する習慣をつけておくとより長い期間にて、振り返りができるのでよいですね。

体重管理アプリの利用

体重は毎日測ったら、その結果を記録する必要がありますね。体重管理をすることが重要だと分かっていても、めんどくさいと思ってしまう場合も

そんなときに便利なのが妊婦さん向けの体重管理アプリ。ほとんどのアプリが無料でインストールできます。無料のアプリなので、気軽にインストールすることができます。グラフや表などでデータを残してくれたりするので、手軽に体重管理が行えますね。

最近は、単なる体重管理ツールというだけでなく、出産までのカウントダウン、妊娠・出産に関するお役立ちコンテンツなど配信されるものもあるので、いろいろ調べてみるのもいいですよね。

 

妊婦さんは、体重管理に頭を悩ますもの。もしあなたが、体重管理に悩んでおられるのなら、以下の記事を見てみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

まとめ

いかがでしたか?。

この記事では、ちょっと変わった体重管理についてご紹介をしてきました。毎日の体重増減に一喜一憂するのではなく、1日の体重差に目を向け、その差を管理していく手法です。朝の体重が一番軽いメカニズムや、朝夕での体重差の目安などをご紹介して参りました。

この記事が1gでもダイエットしたい、体重増加を抑えたいという妊婦さんの思いに応えることができたら、大変うれしいです。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村

マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村