妊婦のダイエット

妊婦さんがそのまま食べる”いりこ”、栄養あるけど、食べすぎに注意

妊婦さんに必要なカルシウムを、小魚で補うのは常套手段ですね。

でも、「栄養素を余すところのなく摂りたい」と「食べすぎると、塩分摂りすぎになり良くない」これらは、一見相反するのですが(笑)、今回はそんな”いりこ””煮干し”に関する内容を、ご紹介していきます。

“いりこ”とは

“いりこ”は、近海でとれる小魚を、茹でてから干したもの

  • カタクチイワシ
  • ウルメイワシ
  • マイワシ
  • イカナゴ
  • キビナゴ
  • マアジ

小魚には、いくつか種類があります。また、”いりこ”と”煮干し”は、本来同じもの。関西ではいりこ、関東では”煮干し”と、呼び方に違いがあるようですが、指している内容は同じです。

“いりこ”は、大きさによって、出汁にも違いが

”いりこ”にも規格があり、サイズの違いによって使用用途が異なってきます。大振りの”いりこ”は、頭と腸をとると濃厚な出汁が小振りの”いりこ”は、そのまま食べることができる上、とってもやわらかい味の出汁が出るんですよ。

“いりこ”の栄養素

いりこの栄養素は以下の通り。

妊婦さん
妊婦さん
小さな体に、栄養素がぎっしり!

  • カルシウム
  • DHA
  • EPA
  • ビタミン
  • 鉄分
  • マグネシウム
  • イワシペプチド
  • タウリン
  • 亜鉛

カルシウム

カルシウムには、骨や歯を強くしたり、血液の凝固を防いだり、心を落ち着かせたりする働きがあります。

いりこ”は、カルシウムを含む食品群において、常に上位をキープする、大変優良なカルシウム補給源と言えるでしょう。

鉄には、主に赤血球中のヘモグロビンに取り込まれ、全身に酸素を運ぶ働きがあります。不足すると全身に酸素が行き渡らず、めまいや貧血、慢性疲労、頭痛などの不調が起こることに。

助産師さん
助産師さん
鉄は、カルシウムと共に、不足しがちな栄養素の1つ。妊婦さんは、妊娠後期に貧血が起こりやすいので注意が必要ですね。

“いりこ”の食べ合わせ

カルシウムの吸収を促進する栄養素

”いりこ”に含まれるカルシウムを、より吸収させやすくするには、他の栄養素の力を借りる必要があります。 そんな栄養素を紹介しますね。

マグネシウム

  納豆、ヒジキ、玄米、カキ、帆立などに含まれ、骨にカルシウムを吸収させやすくする働きが。

ビタミンD

 干し椎茸、木くらげ、きのこ類、魚介類などに含まれ、カルシウムの吸収を助ける働きが。

タンパク質

 肉、魚、卵、豆製品、乳製品などに含まれ、カルシウムの吸収を助ける働きが。

有機酸、ビタミンC 

 果物類、野菜類、お酢、梅干しには、カルシウムの吸収を高め、丈夫な骨を作る働きが。食べる前に、”いりこ”をお酢で戻しておくと、柔らかくなり、おすすめです。

イソフラボン

 大豆、大豆製品には、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ働きが。妊娠中妊婦さんは、とかくカルシウムが不足しがち。

赤ちゃんに渡すべきカルシウムが十分にないと、妊婦さんの骨や歯から、カルシウムが削られて赤ちゃんに運ばれることに。イソフラボンはそれを防ぎます。

カルシウムの吸収を阻害する栄養素

シュウ酸

 ほうれん草などのえぐみ(アク)は、カルシウムと結合することで、吸収されるのを阻害する働きが。下茹でして、アクをとってから食べるようにすれば、問題はないでしょう。

リンやナトリウム

 ウインナーや練り物などの魚肉加工品、加工食品、インスタント食品に主に含まれています。リンやナトリウムが、カルシウムより量が多い場合は、吸収されにくくなってしまいがち。

コーヒーや紅茶のカフェイン、アルコール

 リンやナトリウム同様、カルシウムが吸収されにくくなってしまう原因に。コーヒー紅茶、アルコールについては、取りすぎに注意。

佃煮等、砂糖を含む小魚の佃煮はおすすめしない

 砂糖が体内で分解される際に、カルシウムとビタミンB1等を消費することが分かっています。

 少量の白砂糖なら血中カルシウムだけで対処できるものの、多量の砂糖を分解する際は、分解に必要なカルシウムを、妊婦さんの骨や歯から削る形で持ってくることに。

 これにより、せっかくカルシウムを摂取しても、砂糖と一緒に摂取すれば、カルシウムが吸収されないばかりが、逆に流出してしまう事態に。

妊婦さんが、”そのまま食べる”タイプの”いりこ”について

”いりこ”は、単に出汁をとるだけに使うのでは、もったいない。できれば、丸ごと食べて、その栄養素を丸ごと摂取してしまいたいもの。

そのまま食べるられるタイプの商品があれば、文字通りそのまま食べてしまうのがおすすめ。妊婦さんの手軽なおやつとして大活躍。

一方、通常の”いりこ”であれば、乾煎りしてカラカラにすると、サクサクしてとても食べやすくなります。アーモンドなどのナッツ類を合わせた、おやつもおいしいですよね。

そして、乾燥したものを、粗挽きしてふりかけを作ってみるのもおすすめ。乾燥の方法ですが、電子レンジで2分チンするほか、フライパンでじっくり焙煎するのも良いですね。フライパン焙煎の方が甘味を感じるかもしれませんね。

この乾煎りしたものを、今度は戻して出汁をとると、甘味と香ばしさが加わるので、大変美味しくなりますよ。お試しあれ。

 

栄養があっても、塩分が多め。煮干しの食べすぎには注意!

煮干しは妊婦さんにもうれしい栄養がたっぷり含まれている一方、塩分を多く含むという難点が。 妊娠中に塩分を摂りすぎるとむくみの原因や、妊娠高血圧症になるリスクが高まることに。 実際、煮干し100gには、およそ4.3gの塩分が含まれています。

妊婦の1日の塩分摂取目安量は7g程度。そのため、煮干しの食べ過ぎは、1日の塩分摂取量を軽く超えてしまいがち。

煮干しは1日に30-50gを目安にしましょう。小さなお皿に食べる分だけを取り出すなど工夫して、食べ過ぎることのないように。

また、味噌汁のダシに煮干しを使う場合は、煮干しの塩分を加味して、味噌の量を少し少な目にしたいですね。

 

妊婦さんの体重管理、頑張っているのに効果があがらないときは

妊婦さんの食事管理は、とかく気を付けることが多いもの。和食がいい、塩分控えめ、高タンパクで低カロリーなものを・・・そして食べたものを記録したり、食べる順序にまで注意をはらう・・・これが毎日3回訪れるのだから、ムズカシイ。

食事管理が大変。もっと簡単な方法がないかなぁとお困りのあなた。そんなときは、低カロリーながら栄養のある酵素ドリンクを、おやつ代わりに使うのはおすすめ

酵素ドリンクは、主に野菜や果物を発酵させたもので「発酵食品」とも言えるもの。そして酵素ドリンクそのものには、バランスの取れた栄養が。

妊婦さんが飲むことで、体に酵素が補給され、体内の酵素が増加するので、以下のような効果が発揮されることに。

  • 摂取カロリー抑制効果
  • 代謝向上の効果
  • デトックス効果
  • 健康の増進効果

酵素ドリンクの効果についての詳細は、妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

まとめ

いかがでしたか?。関東圏で育った私は、スーパーでみかける商品に、”煮干し”と書いてあるのを見て育ちました。ですが親はそれを見て、”いりこ”と言うのです。それが長年不思議でしたが、今回同じものだと分かり、すっきり!

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村