妊娠中の体重管理

妊娠7ヵ月体重管理がたいへん!妊婦さんが増やしてよい体重の目安は

妊娠7ヶ月。いわゆる妊娠中期と言われる時期ですね。妊婦さんとしての生活も、そろそろ板についてきた頃でしょうか。

お腹の赤ちゃんもぐんぐん育ち、7か月の終わり頃には、体重約1kg、身長30〜35cmほどにまで成長。もはや、子供が大事にしている人形サイズ?(笑)。

一方、妊婦さんの体重も、赤ちゃんの体重増加分に加え、子宮も大きくなり、体重も順調に増えていき、体重管理がよりたいへんに。果たして増やしてよい体重の目安とはどれくらいなのでしょうか?。

今回は妊娠7ヶ月の体重管理について、妊婦さんが増やしてよい体重の目安と、体重管理の”4つのコツ”について、見ていきたいと思います。

 

妊婦さん糖質制限は、おやつから始めてみませんか?

 

妊娠7ヵ月体重管理、妊婦さんが増やしてよい体重の目安は

妊娠7ヶ月の体重管理で、妊婦さんが増やしてよい体重の目安はどのくらいになるでしょうか?

妊娠中期の体重管理、つわりが落ちつき、妊婦さん生活も慣れてきたころ。お腹の出っ張りも「ザ・妊婦さん」という出で立ちに。

妊娠後期に向けて体重管理はまだまだ中盤ではあるので、最終的に到達してよい体重の目安をしっかり把握しつつ、現在の進捗も併せて管理をしていきたいですよね。

妊娠7ヶ月での適正な体重増加

妊娠7ヶ月は、週数で言うと妊娠24〜27週目。

妊娠初期は0g、妊娠中期(妊娠5ヵ月)から体重が増え始めると仮定。妊娠5ヵ月〜妊娠7ヶ月に入る前までは8週という計算。

妊娠7か月に入る直前の体重増加は、1週間に300gだった場合2.4kg、500gだった場合は4kgという計算になります。

ここから24週目に入り、300gずつ増えていった場合を確認してみましょう。

  • 24週目 … +2.7kg
  • 25週目 … +3.0kg
  • 26週目 … +3.3kg
  • 27週目 … +3.6kg

次に、1週間に500gペースで増えた場合を確認してみましょう。

  • 24週目 … +4.5kg
  • 25週目 … +5.0kg
  • 26週目 … +5.5kg
  • 27週目 … +6.0kg

よって、妊娠7ヶ月での適正な体重増加は3.6〜6.0kgとなりますね。 おおまかに5kg前後くらいってとこですね。

出産まで残り約3ヶ月なので、ここから月1〜2kgペースで体重が増えていくと、出産時の適正体重である10kg前後の増加で出産を迎えられますね。

産院でも、体重増加は月1〜2kgまでと指導されることが多いと思います。逆算すると、妊娠7ヶ月で6kg以上体重が増えていた場合は、ちょっと増えすぎだと言えそう。

体重は妊娠後期になるほど、体重はどんどん増えるので、今のうちに手を打っておかないと、ちょっと大変かもしれません。

参考:妊娠中期、食べてないのに体重増加止まらない。体重増やさない方法は

 

妊娠7ヶ月の体重増加は、1週間に平均300〜500gが目安

妊娠7ヶ月の赤ちゃんの体重は、550g〜1100g。

8ヶ月に入る頃には1Kgほどに!妊婦さんのお腹まわりはますます大きくなり、腰痛や貧血などのトラブルが出てくる人も。

厚生労働省が発表している、妊娠中期(妊娠16〜27週目:妊娠5か月以降)以降の推奨体重増加量は、1週間に300〜500g。

妊娠初期での体重増加が0(つわりでマイナスになる人のことは、ここでは考慮せず)で、妊娠中期から1週間に300〜500g増えるとすると、妊娠40週では7.5〜12.5kg増加という計算になりますね。

妊娠中、最終的に増えてもいいとされる体重は、おおよそ10kg前後。計算的にも、やはり1週間に300〜500gとなりますね。

 

1週間で300g以上増やさない

1週間で300g~500g、1か月の増加量を1kg未満を目安としましょう。1週間で500g以上増えていたら要注意ですよ。

※本来は、妊娠中に増えても良い体重は、妊娠前の体格BMIによって異なりますが、この際は計算のみ実施しました。

参考:7か月20キロ増の妊婦は太り過ぎ?止まらない体重増加の体重管理は?

 

妊婦さんの体重管理、4つのコツ

前項では”体重の目安”を確認したので、今度は妊婦さんの体重管理について、コツを見ていきましょう。

一般にダイエットは必死に運動をするイメージが強いもの?。でも、妊婦さんのダイエットは食事管理、運動不足の解消、生活習慣全般の見直しなどが求められるもの。

決して運動だけに偏って取り組んでいればよいわけではないので、ここでは、食事、運動、生活習慣など全般の見直しについて、見ていきましょう。

コツ1:毎日体重を測る

毎日、決まった時間に体重を測ること。朝起きてトイレを済ませた後、朝食前など決まった時間に、体重を測る。毎日測定することで、「ちょっと増え過ぎかな?今日は野菜を多めに、炭水化物少な目にしよう。」など食事を調整することが可能に。また、体重測定が妊娠生活での食生活への意識づけに、有効に働くことが期待できますね。

参考:肥満妊婦の体重管理、食事メニュー変更で痩せた?ダイエット成功か?

 

コツ2:常に体を意識した食事を

妊娠すると脂肪はもちろんのこと、水分までも体に溜め込みがちに。塩分をとり過ぎるとのどが渇き、余計な水分をとることで、身体がむくんでしまうため、栄養バランスを考えながらも、塩分のとり過ぎには注意が必要です。

間食や外食も、余計塩分・カロリーが多めなので控えたいですね。

例えば1日に食べたものをノートに書き出すと、食べ過ぎ、脂っこいものを食べた、野菜が少ないなどの傾向が見える化されることに。自分が太りやすいと思う場合は、食べたものを記録することがおすすめです。

参考:妊婦さんの献立、栄養は一日でなく1週間の食事メニューで確認を。

 

コツ3:妊娠後期の食事で気を付けること

妊娠後期、おなかが大きくなり、胃が圧迫されることで、食欲不振や、胸やけなどの症状が。この時期は、赤ちゃんの発育のため、必要なエネルギー量が増える時期。食事を一日5〜6回の小分けにするなど工夫をして、栄養はしっかり摂りましょう。

妊娠後期もバランスのとれた食事をとるのが基本で、和食の一汁三菜のがおすすめ。中でも、優先して摂りたいのが、妊娠中に大切な3大栄養素。葉酸・鉄分・カルシウムの3つ

葉酸

赤ちゃんの発育のために、妊娠中を通して必要な栄養素で、水菜やほうれん草などの葉物野菜、レバー、納豆、果物に多く含まれます。でも、普段の食事のみでは不足しがちなため、サプリメントを上手に活用してもよいでしょう。

鉄分

鉄剤からではなく、基本は食べ物から摂るのがおすすめ。妊娠後期は、貧血になりやすい時期。赤ちゃんのからだに血液を送り出すために、より多くの鉄分が必要とされます。肉・魚介・豆製品・野菜やひじきや海苔などの乾物に多く含まれます。

参考:妊娠中、妊婦さんの鉄分補給はプルーンで。貧血改善のほか便秘改善も

 

カルシウム

赤ちゃんの骨を形成するために必要な栄養素です。朝食でチーズやヨーグルトを、おやつで小魚をとるなど、手軽に補うとよいでしょう。

参考:妊娠中のおやつ。小魚アーモンドを食べてカルシウム不足を解消。

便秘がひどいと、赤ちゃんに不要な要素が届く可能性も!?。努力をしても便秘が解消しないときは、腸内に善玉菌を増やすオリゴ糖を試してみて!

快適スルン

 

コツ4:出産まで適度な運動を

妊娠後期になりお腹がせり出してくると、動くのもやっと。でも自宅など屋内にこもっているとつい間食してしまって、必要以上に体重が増えてしまうという悪循環が。適度な運動や外出はよい気分転換つながります。

気分転換

妊娠中はホルモンの影響で、気分の浮き沈みが激しくなってしまうことも。家の中にいてはストレスばかり溜まがち。わずかな時間であっても、外出してウォーキングをしてみると、気分転換になりますね。

お出かけの時に気になるのが、お洋服。妊婦期間のお洋服は、サイズの変化に対応できるレンタルを使うのがおすすめ!スタイリストにサイズを伝えると、プロセンスのお洋服がご自宅に。せっかくなので、ファッションを楽しまなきゃ損ですよ!
ファッションレンタルなら「airCloset」

 

適度な運動ですが、たとえば、ウォーキング、マタニティスイミング、マタニティヨガ、マタニティエアロビクスなども良いでしょう。無理をしない、適度な運動は運動不足の解消や肥満予防になるのはもちろん、腰痛や便秘の解消、むくみの改善、血行がよくなる、十分な睡眠など、メリットがたくさん。

参考:妊婦の浮腫み、解消法は?体重増加防止と赤ちゃんのために必要なこと

 

ただ、妊娠後期は出産も近く、お腹のハリが早産につながる危険あるので、携帯電話を必ず持ち歩くか、あるいは家族と一緒に外出するとよいでしょう。

天気が悪い日などは出かけるのを控えて。家の中でもスクワットをすることでインナーマッスル強化につながります。

テレビをみながらその場足踏みするのも立派な有酸素運動に。お産には体力を必要とするので、運動はぜひしておいてくださいね。

参考:妊娠後期、体重減らすには?肥満妊婦は食事や運動でダイエット成功?

 

妊婦健診前の秘策、これで体重キープ!?

妊婦さんは月を追うごとに、体重管理が厳しくなっていきますよね。特に妊婦健診前に体重が増えすぎて、慌ててしまったことはないでしょうか?

食事制限や運動に取り組んでいても、なかなか効果がないと悩んでいるアナタ。実は、妊婦健診前日に、あることをするだけで、体重を1kg以上減らす方法があるんですhttps://www18.a8.net/0.gif?a8mat=356TN0+S2+2DDC+1TI3Z6

 

それは、“むくみを解消する”こと!

むくみとは、水や老廃物が、身体にたまった状態で、顔や手足が腫れてしまうこと。その結果軽く1kg程度、体重が増えてしまうと言われています。

むくみを解消するには、食事や運動からのアプローチも、もちろん有効ですが、即効性がなかったり、継続が難しかったりするのが難点。その点、即効性があり、しかも無理なく続けられる、あなたの強い味方が手でほぐすように圧力をかけてくれる、着圧ソックス

 

 

 

 

 

 

 

履いた瞬間から、むくみ解消のマッサージが開始。履いたまま寝ると、就寝中にマッサージが施され、翌朝はスッキリ快適!。余計な水分が身体から排出され、体が軽くなっていることを実感。

 

足は第二の心臓と言われます。この着圧ソックスのアシストにより、血液を押し出すポンプがしっかり働くので、全身の血流が改善し、体の代謝がアップ。

そのため、お腹の赤ちゃんに、より一層“新鮮な酸素と栄養”を届けられる、嬉しい効果も♪

 

むくみがなくなり代謝が上がれば、自然と太りにくくなるんです。ダイエット成功赤ちゃんが”よりしっかり育つ”、そんなハイブリッド効果のあるこのアイテムは、今や大人気!。

 

着圧ソックスの中でも、【Angellir キュッとルームソックス】が一番おすすめ。というのも、他社にはない5つのすごいを実現しているから。

  • 手でほぐすような圧力
  • むくみに最も効果のある着圧
  • 美容成分による、すべすべの触り心地と履き心地
  • すでに100万枚の販売実績で、他社製品と圧倒的な大差
  • 安心の日本製で、しっかりした編み構造

 

それから、既にこのソックスを履いている方の”嬉しい声”をご紹介しますね。

  • 寝ている間も、履いていることが気にならない履き心地でした。
  • 着圧がキツいと痛くなりますが、これは”程よい締め付け感”なので楽。
  • 気づいたら足にすき間ができていたのが、嬉しかった!
  • 妊娠後期に、足がパンパンになりましたが、これですっきりして快適です。

     

 

着圧ソックスは他にもありますが、この【Angellir キュッとルームソックス】は、研究しつくされた着圧と安心の日本製。すぐに破れたりせず、産後のむくみ解消にも使えるので、無駄になることもありません。結局は長持ちでお得なんです。

 

まだ持っていない方は、今度の健診までに必ずゲットして、ご自分を“健診行きたくない病”から解放してあげましょう。体重管理のストレスが、スーッっと消えていきますよ♪。

そうそう、今から持っておくと、産後ダイエットは、あなたが一番乗り。あなたの産後太りを食い止められるのは、ほかでもない、”今の”あなたなんですよね!。

 

むくみを解消して、赤ちゃんにしっかり栄養を届ける秘密のアイテムはこちら↓
はくだけ-7cm着圧ソックス!【Angellir キュッとルームソックス】

 

今日から糖質制限、忙しいアナタでも楽~に体重キープ

妊婦さんの食事管理は、とかく気を付けることが多いもの。和食がいい、塩分控えめ、高タンパクで低カロリーなものを・・・そして食べたものを記録したり、食べる順序にまで注意をはらう・・・これが毎日3回訪れるのだから、ムズカシイ。

食事管理が大変。もっと簡単な方法がないかなぁとお困りのあなた。そんなときに試してみて欲しいことが。

妊婦さんは、体重管理に頭を悩ますもの。もしあなたが、食事管理に悩んでおられるのなら、以下のインフォメーションを見てみてくださいね。

 

糖質制限で、体重管理がストレスフリーに

食事から糖質だけを取り除く、だけど、たくさん食べて大丈夫!、という”糖質ダイエット”は世界的にも大人気。でも、忙しい平日に、ご自分で糖質制限食を作るのは難しいもの

実は、プロの管理栄養士と一流シェフによって作られた美味しい糖質制限食を、自宅まで届けてくれる”糖質90%オフの宅食サービス”があるんです。

あなたに必要なのは、このお弁当を食べる、たったこれだけ。それだけで、”3つの嬉しい”が揃っちゃいます♪

  • ご飯を作る時間が省略できて、自分の時間を確保できる!
  • 赤ちゃんを迎える準備や、出産までに片付けておきたい事柄に、時間を割くことができる。
  • そして何より体重増加の心配をしなくていい
 
ところで、あなたは今、こんなお悩みを抱えてはいませんか?
 
  • 太らないメニューづくりに悪戦苦闘したり
  • 頑張ったのに体重が増えて撃沈したり
  • ストレスから暴食に走って悔やんだり・・・

いっそのこと、プロにメニュー作りを任せてしまって、さっさとストレスから解放され、ご自分の時間を存分に楽しむのが、時間とお金の”賢い”使い方。

 

妊婦健診が憂鬱だったあなた、もう体重増えすぎを気にしなくていいんです。体重管理という大きなストレスがなくなれば、これからは、お腹の赤ちゃんとの時間を存分に楽しめるようになりますね♪。
糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH – ナッシュ」

 

 

さて、妊婦が糖質制限しても大丈夫?と心配される方がありますが、結論から言ってしまうと大丈夫!!。

なぜなら、病院で取得したデータやご自身の被験データをもとに、糖質オフを提唱されている、名医の江部康二先生が、以下のようにおっしゃっているから。

  • 「妊婦が糖質制限すると、赤ちゃんが将来生活習慣病になる」という論文は、実際には存在していないこと
  • 糖質制限をしても、自分の体で糖質を作る”糖新生”が活発になるので、低血糖になる心配は全く不要

 

とはいえ、いきなり3食すべてを糖質制限するのは、さすがに心配。ですから、妊婦さんは1日1回、食後の血糖値が下がりにくい夕食のみを”プチ糖質制限”してみてはいかがでしょう。

「1日1食であっても、糖質制限の効果は望める。」と江部先生はおっしゃっています。糖質量さえ守れば、外食OK、ステーキ食べ放題、ビュッフェだって解禁に!。

これはカロリーを気にして、食べる量を制限していた妊婦さんには、たまらない魅力ですね!

 

普通にお弁当を買うのと同じ値段で始められる&しかも美味しい糖質制限食を、あなたも始めてみませんか?

今すぐプチ糖質制限を始めて、食べちゃダメ、食べ過ぎた!のストレスから、ご自分を解放してあげましょう!

 

電子レンジでチンするだけ!平日の夫婦の夕食は糖質制限食を!1食548円から。
糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH – ナッシュ」

 

まとめ

いかがでしたか?。妊娠7ヵ月の体重管理について、妊婦さんが増やしてよい体重の目安を1か月単位と週単位とで見てまいりました。また、体重管理については、運動、食事、体重管理が大事なので、”4つのコツ”と題して、ご紹介をしてまいりました。

妊婦さんにとっての体重とは、良好な妊娠の経過観察や安産を迎えるために、見逃せない指標。でも体重管理にばかりとらわれていては、せっかくのマタニティライフが楽しめないことに。気を付けることはしっかりおさえつつ、ぜひストレスを減らし、楽しんでみる方向に舵を切ることも大事。その方が赤ちゃんも気持ちよく妊婦さんおお腹で過ごすことができるはずですよ!

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村
マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村