妊婦のダイエット

7か月20キロ増の妊婦は太り過ぎ?止まらない体重増加の体重管理は?

妊娠7か月・・・つわりが落ち着き、安定期に入ってしばらく経った頃。胎動も日々強く感じられ、妊婦さんであることに慣れてきた頃でしょうか。

もしかしたら、体の変化に、心が落ち着いていない方もあるかもしれません。妊婦になったことで、食べたいものが食べられないストレスを、ぶつけられなくて、しんどさを感じている方もあるかもしれませんよね。

この記事では、妊婦さんの体重増加についての考え方、BMIや体重増加の目安、太り過ぎのリスクや体重管理の方法について、ご案内を致します。

 

体重をキープする”妊婦さんだけ”が知っている、ダイエット成功の秘密はこちら↓
はくだけ-7cm着圧ソックス!【Angellir キュッとルームソックス】

妊娠中の体重増加は、BMIによって異なるもの

全妊娠期間中の体重増加量は、妊娠していないときのBMIの値によって異なります。

  • BMIが18.5未満の痩せ型の人は+9~12kg
  • BMIが18.5~25.0のふつう体型の人は+7~12 kg
  • BMIが25.0以上の肥満の人は+5~7 kgが目安

痩せ型に近い人は上限12Kgを目指し、肥満に近い人は下限5Kgを目指すイメージでよいでしょう。著しい肥満の場合には、かかりつけ医と一緒に、個別に目安の体重増加量を設定するとよいでしょう。

参考:肥満妊婦の体重管理、食事メニュー変更で痩せた?ダイエット成功か?

 

妊娠7ヶ月の体重増加は、1週間に平均300~500gが目安

体重測定は、ぜひ日課にしましょう。

例えば、朝起きてトイレに行った後、食事の前など毎日同じ時間に測ること。毎日測定することで「ちょっと増え過ぎたから今日は食事を控えめにしようかな」と微調整することが可能に。体重管理は、妊娠生活における食への意識を変えるきっかけにするとよいでしょう。

7か月20キロ増の妊婦さんがおられたとしたら、これは明らかに太り過ぎ。太り過ぎると、妊婦さんおよび赤ちゃんの双方に様々なリスクが生じる可能性があります。

参考:妊娠7ヶ月の体重増加、平均は?妊婦さんのダイエット対策は運動?

 

7か月20キロ増の妊婦は太り過ぎ?太り過ぎるとどんなリスクが?

妊娠7か月20キロ増の妊婦は太り過ぎ?太り過ぎるとどんなリスクが?

妊娠高血圧症候群

妊娠20週以降~分娩後12週の間に、浮腫み(むくみ)、あるいは高血圧やたんぱく尿の症状がみられる場合を、妊娠高血圧症候群といいます。重症化すると妊婦さんはもちろん、お腹の赤ちゃんにも危険がおよびます。

参考:妊婦の浮腫み、解消法は?体重増加防止と赤ちゃんのために必要なこと

 

妊婦健診前の秘策、これで体重キープ!?

妊婦さんは月を追うごとに、体重管理が厳しくなっていきますよね。特に妊婦健診前に体重が増えすぎて、慌ててしまったことはないでしょうか?

食事制限や運動に取り組んでいても、なかなか効果がないと悩んでいるアナタ。実は、妊婦健診前日に、あることをするだけで、体重を1kg以上減らす方法があるんです

 

それは、“むくみを解消する”こと!

むくみとは、水や老廃物が、身体にたまった状態で、顔や手足が腫れてしまうこと。その結果軽く1kg程度は、体重が無駄に増えてしまっていると言われています。

むくみを解消するには、食事や運動からのアプローチも、もちろん有効ですが、即効性がなかったり、継続が難しかったりするもの。その点、即効性があり、しかも無理なく続けられる、あなたの強い味方が手でほぐすように圧力をかけてくれる、着圧ソックス

 

 

 

 

 

 

 

履いた瞬間から、むくみ解消のマッサージが開始。履いたまま寝ると、就寝中にマッサージが施され、翌朝はスッキリ快適!。余計な水分が身体から排出され、体が軽くなっていることを実感。

 

足は第二の心臓と言われます。この着圧ソックスのアシストにより、血液を押し出すポンプがしっかり働くので、全身の血流が改善し、体の代謝がアップ。

そのため、お腹の赤ちゃんに、より一層“新鮮な酸素と栄養”を届けられる、嬉しい効果も♪

 

むくみがなくなり代謝が上がれば、自然と太りにくい体質に。履いて寝るのを習慣にすれば、もう体重増えすぎを心配しなくてすみますね。

 

着圧ソックスの中でも、【Angellir キュッとルームソックス】が一番おすすめ。というのも、他社にはない5つのすごいを実現しているから。

  • むくみに最も効果のある、手でほぐすような着圧
  • 美容成分による、すべすべの触り心地と履き心地
  • 累計で100万枚の販売実績。他社製品と圧倒的な差
  • 安心の日本製で、しっかりした編み構造
  • 多くの妊婦さんが愛用中。

だから、この着圧ソックスは、、大人気なんです!。

既にこのソックスを履いている方の”嬉しい声”はこちら。

  • 寝ている間も、履いていることが気にならない履き心地でした。
  • 着圧がキツいと痛くなりますが、これは”程よい締め付け感”なので楽。
  • 気づいたら足にすき間ができていたのが、嬉しかった!
  • 妊娠後期に、足がパンパンになりましたが、これですっきりして快適です。

     

 

着圧ソックスは他にもありますが、この【Angellir キュッとルームソックス】は、研究しつくされた着圧と安心の日本製。すぐに破れたりせず、産後のむくみ解消にも使えて、長持ち。だから、結局はお得なんです。

 

まだ持っていない方は、今度の健診までに必ずゲットして、ご自分を“健診行きたくない病”から解放してあげましょう。履いた翌日には、むくみと一緒に、体重管理のストレスまで消えていますよ♪。

そうそう、今から持っておくと、産後ダイエットは、あなたが一番乗り。あなたの産後太りを食い止められるのは、ほかでもない、”今の”あなたなんですよね!。

 

むくみを解消して、赤ちゃんにしっかり栄養を届ける秘密のアイテムはこちら↓
はくだけ-7cm着圧ソックス!【Angellir キュッとルームソックス】

 

妊娠糖尿病

妊娠中に糖尿病に近い状態になるのが、妊娠糖尿病。もともと肥満気味の人や妊娠中の体重増加が激しい人は妊娠糖尿病にかかりやすいといわれています。

妊娠糖尿病になると、早産や妊娠高血圧症候群、赤ちゃんの発育の遅れや奇形など、さまざまな合併症のリスクが。妊娠糖尿病の妊婦さん生まれた赤ちゃんは、将来的に肥満や糖尿病、高脂血症、高血圧などにリスクが高いと言われています。

 

電子レンジでチンするだけ!平日の夫婦の夕食は糖質制限食を!1食548円から。
糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH – ナッシュ」

 

微弱陣痛

陣痛が弱くなりすぎて分娩が進まない状態が“微弱陣痛”。肥満や妊娠中の過剰な体重増加は、微弱陣痛の原因のひとつであると考えられています。

微弱陣痛の場合、まずは待機して陣痛が強まるのを待ちます。それでも分娩が進まない場合には、子宮収縮薬を投与したり、場合によっては帝王切開を行ったりすることもあるようです。

参考:妊娠後期、体重減らすには?肥満妊婦は食事や運動でダイエット成功?

 

7か月20キロ増の妊婦さん、止まらない体重増加、どう体重管理する?

妊娠後期に体重が増えすぎを予防するには、あるいはすでに増えてしまった体重を目安の体重値に戻すには、どのような対策が必要なのでしょうか。

体重増加対策の基本は、体重の記録と適度な運動、食事管理の3つ。では、個々に見ていきましょう。

体重の記録

妊娠中は体重を定期的に測り、記録と管理を続けることが大切。急激な体重増加や減少に早く気づけるよう、そして必要に応じてできるだけすみやかに体重増加量の調整を図れるよう、週ごとに、体重増加量を記録する習慣をつけておくと安心ですね。

参考:妊娠中、夜ご飯を食べないとどうなる?食べて体重を減らすは可能?

 

適度な運動

妊娠後期はお腹が大きいため動きづらく、運動不足になる妊婦さんが多いかも。とくに臨月には、いつ陣痛や破水が起こってもおかしくない、と思って外出するのもためらう方もいるかもしれません。

しかし、一日中家の中でじっとしていては、体重が増えすぎてしまう可能性大。また妊娠中に日光浴が少なくなると、赤ちゃんの骨形成に異常が生じる場合があるとも言われています。

運動不足の人は、体調の良い日には、散歩やストレッチなど負荷の少ない有酸素運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。外出する場合には、母子手帳や保険証、診察券、携帯電話、服用中の薬などを忘れず持っていってくださいね。

参考:臨月の妊婦さんのダイエット、体重減らす方法はウォーキングにあり!

 

食事管理

妊娠後期は赤ちゃんの成長スピードが速く、全身の器官が完成に近づき、身体がどんどん大きくなっていきます。

タンパク質やビタミン、葉酸、鉄分、カルシウムなどをバランス良く摂取しましょう。栄養素は、不足するのも過剰に摂取するのも良くありません。基本は食事から、適量をふまえて摂取するとよいでしょう。

赤ちゃんの成長が進むと、大きくなった子宮によって胃が圧迫されやすくなるため、1度の食事で食べられる量が減ることに。そのようなときは、食事の回数を増やして、分食するという方法もよいですよ。

妊娠後期の適切なエネルギー量は、妊娠していないときに必要なエネルギー量+450kcalであるとされています。心配な場合はかかりつけ医と相談し、各栄養素の必要量を守りつつ、適切な体重を維持したいですね。

参考:妊婦さんの献立、栄養は一日でなく1週間の食事メニューで確認を。

 

妊婦さんの体重管理、頑張っているのに効果があがらないときは

妊婦さんの食事管理は、とかく気を付けることが多いもの。

  • できれば、和食
  • 塩分は控えめ
  • 栄養はあれど、低カロリーなものを
  • これらに、レコーディングダイエットや食べ順ダイエットを加えて・・・

1日3食、しかも毎日。はっきり言って、大変です・・・・。もっと簡単にできることはないかなぁと、お困りのあなたに、ぜひ試して欲しいことが。

 

糖質制限で、もう体重管理に悩まない!

食事から糖質だけを取り除く、だけど、たくさん食べてOK!、という”糖質制限ダイエット”は世界的にも大人気。でも、忙しい平日に、ご自分で糖質制限を行うのは、難しいもの。

なぜなら、慣れないうちは、糖質の少ない食材や調味料を選ぶのに、とても時間がかかるから。

実は、プロの管理栄養士と一流シェフによって作られた美味しい糖質制限食を、自宅まで届けてくれる“糖質90%オフの宅食サービス” があるんです。

あなたに必要なのは、“このお弁当を食べる”、たったこれだけ。それだけで、”5つの嬉しい”がかなうんです♪。

  • ご飯を作る時間が省略できて、その分、自由な時間を確保
  • 夢にまで見た、しっかり食べても太らないが実現。
  • もう、体重増えすぎの心配をしなくていい
  • ストレス解消に暴食、という”負のループ”から脱却
  • 安産を迎えることができる!

→糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH- ナッシュ」 

 

食事作りは、まるっとプロに任せ体重増えすぎのストレスから、ご自分を解放してあげましょう。そして、生まれる前にやっておきたいことを”存分に楽しむ”のが、時間とお金の”賢い”使い方

 

 

さて、妊婦が糖質制限しても大丈夫?と心配される方がちらほら。もちろん、いきなり3食すべてを糖質制限するのは、さすがに勇気がいるもの。

だから、妊婦さんは1日1回、食後の血糖値が下がりにくい夕食のみを”プチ糖質制限”するのがおすすめ。

 

ではここで、産婦人科医である宗田先生のインタビューのご紹介。すべての妊婦さんに必見の映像です。

いかがでしたか?先生は、以下のようにお話しされていましたよね。

糖質過多は太る原因。妊娠中の食生活を見直すことで、安産になる。また産後も、その食生活を継続することで、家族が幸せになる。」

 

ではもう1つ、病院の取り組みやご自身の被験データをもとに、糖質オフを提唱されている、京都の名医、江部康二先生が述べられている内容も、ご紹介しておきますね。

・「妊婦が糖質制限すると、赤ちゃんが将来生活習慣病になる」という論文は存在しない。

人間は体内で糖質を作る”糖新生”を行うもの。だから、糖質制限の結果、低血糖になるなど、心配する必要はない。

 

これまで、カロリーを気にして、食べる量を制限していたアナタ、食生活を”糖質過多”から”糖質オフ”へと改善を!。その代わり、食べる量はしっかりとって大丈夫

糖質量に気を付けるなら、外食だって、ステーキ食べ放題だって、ビュッフェまで解禁に!。これぞ、夢にまで見た、食べて痩せる!ですね。

 

最後に、産婦人科医宗田先生の、もう1つのインタビューをご紹介します。

いかがでしたか?先生は、以下のようにお話しされていましたよね。

赤ちゃんに必要なのは、肉、魚、卵等のたんぱく質。妊婦さんが好む、白米やパン、麺類、イモ類などは、赤ちゃんへの栄養が少なく、糖質ばかりが多い。

 

ですから、今日から、糖質が少なく、赤ちゃんに栄養のある、”肉、魚、卵”をたくさん食べましょう!

肉料理、魚料理はもちろん、ご自分で調理することができます。でも、自炊で気を付けなければいけないのは、塩分のとりすぎと、みりんなど調味料に入っている糖質の摂り過ぎ

和食はヘルシーと言われますが、糖質制限の観点からすると、みりんや砂糖を多く使うので、糖質過多に要注意の食事なんです。

 

糖質90%オフのNOSHには、肉料理、魚料理のメニューもたくさん砂糖不使用など、もちろん、調味料に至るまで糖質計算に配慮。新メニューも定期的に追加。だから、飽きることもありません。

 

糖質は妊婦さんの太る原因で、赤ちゃんに栄養がないもの。だから、今すぐプチ糖質制限を始めましょう!NOSHのメニューを食べることで、食べない我慢や、体重増えすぎの心配、ストレスからの暴食、そんな状況から、いち早く、ご自分を解放してあげましょう!

あなたが糖質制限を始めるのを、赤ちゃんは今か今かと待っていますよ!。

 

電子レンジでチンするだけ!平日の夫婦の夕食は糖質制限食を!1食548円から。
糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH- ナッシュ」 

 

 

まとめ

いかがでしたか?出産まで、まだ妊娠後期という期間がまだあるのに、すでに体重が増えて困っている妊婦さん、きっとおられることと思います。

体重増加、取り組まなくてはならないけれど、どうしても難しい、ストレスがたまらないと感じるのなら、それは赤ちゃんが必要として割り切ってしまうのも一つの手。

毎日暴食するのではなく、一定期間は“断捨離”。そこに、ささやかなご褒美をはさむ、日ごろは、ほのかみ甘味があるものも口にする。

というように、食べる食べないどちらかに寄せず、少しだけ努力して、少しご褒美を、というのもいいかもしれませんよね 。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村