妊娠中の体重管理

7か月20キロ増の妊婦は太り過ぎ?止まらない体重増加の体重管理は?

妊娠7か月・・・つわりが落ち着き、安定期に入ってしばらく経った頃。胎動も日々強く感じられ、妊婦さんであることに慣れてきた頃でしょうか。

もしかしたら、体の変化に、心が落ち着いていない方もあるかもしれません。妊婦になったことで、食べたいものが食べられないストレスを、ぶつけられなくて、しんどさを感じている方もあるかもしれませんよね。

この記事では、妊婦さんの体重増加についての考え方、BMIや体重増加の目安、太り過ぎのリスクや体重管理の方法について、ご案内を致します。

妊娠中の体重増加は、BMIによって異なるもの

全妊娠期間における体重増加量は、妊娠していないときのBMIの値によって異なります。

  • BMIが18.5未満の痩せ型の人は+9~12kg
  • BMIが18.5~25.0のふつう体型の人は+7~12 kg
  • BMIが25.0以上の肥満の人は+5~7 kgが目安

痩せ型に近い人は上限12Kgを目指し、肥満に近い人は下限5Kgを目指すイメージでよいでしょう。著しい肥満の場合には、かかりつけ医と一緒に、個別に目安の体重増加量を設定するとよいでしょう。

妊娠7ヶ月の体重増加は、1週間に平均300~500gが目安

体重測定は、ぜひ日課にしましょう。

例えば、朝起きてトイレに行った後、食事の前など毎日同じ時間に測ること。毎日測定することで「ちょっと増え過ぎたから今日は食事を控えめにしようかな」と微調整することが可能に。体重管理は、妊娠生活における食への意識を変えるきっかけにするとよいでしょう。

7か月20キロ増の妊婦さんがおられたとしたら、これは明らかに太り過ぎ。太り過ぎると、妊婦さんおよび赤ちゃんの双方に様々なリスクが生じる可能性があります。

7か月20キロ増の妊婦は太り過ぎ?太り過ぎるとどんなリスクが?

妊娠高血圧症候群

妊娠20週以降~分娩後12週の間に、高血圧、あるいは高血圧やたんぱく尿の症状がみられる場合を、妊娠高血圧症候群といいます。重症化すると妊婦さんはもちろん、お腹の赤ちゃんにも危険がおよびます。

妊娠糖尿病

妊娠中に糖尿病に近い状態になるのが、妊娠糖尿病。もともと肥満気味の人や妊娠中の体重増加が激しい人は妊娠糖尿病にかかりやすいといわれています。

妊娠糖尿病になると、早産や妊娠高血圧症候群、赤ちゃんの発育の遅れや奇形など、さまざまな合併症のリスクが。妊娠糖尿病の妊婦さん生まれた赤ちゃんは、将来的に肥満や糖尿病、高脂血症、高血圧などにリスクが高いと言われています。

微弱陣痛

陣痛が弱くなりすぎて分娩が進まない状態が“微弱陣痛”。肥満や妊娠中の過剰な体重増加は、微弱陣痛の原因のひとつであると考えられています。

微弱陣痛の場合、まずは待機して陣痛が強まるのを待ちます。それでも分娩が進まない場合には、子宮収縮薬を投与したり、場合によっては帝王切開を行ったりすることもあるようです。

7か月20キロ増の妊婦さん、止まらない体重増加、どう体重管理する?

妊娠後期に体重が増えすぎを予防するには、あるいはすでに増えてしまった体重を目安の体重値に戻すには、どのような対策が必要なのでしょうか。

体重増加対策の基本は、体重の記録と適度な運動、食事管理の3つ。では、個々に見ていきましょう。

体重の記録

妊娠中は体重を定期的に測り、記録と管理を続けることが大切。急激な体重増加や減少に早く気づけるよう、そして必要に応じてできるだけすみやかに体重増加量の調整を図れるよう、週ごとに、体重増加量を記録する習慣をつけておくと安心ですね。

適度な運動

妊娠後期はお腹が大きいため動きづらく、運動不足になる妊婦さんが多いかも。とくに臨月には、いつ陣痛や破水が起こってもおかしくない、と思って外出するのもためらう方もいるかもしれません。

しかし、一日中家の中でじっとしていては、体重が増えすぎてしまう可能性大。また妊娠中に日光浴が少なくなると、赤ちゃんの骨形成に異常が生じる場合があるとも言われています。

運動不足の人は、体調の良い日には、散歩やストレッチなど負荷の少ない有酸素運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。外出する場合には、母子手帳や保険証、診察券、携帯電話、服用中の薬などを忘れず持っていってくださいね。

食事管理

妊娠後期は赤ちゃんの成長スピードが速く、全身の器官が完成に近づき、身体がどんどん大きくなっていきます。

タンパク質やビタミン、葉酸、鉄分、カルシウムなどをバランス良く摂取しましょう。栄養素は、不足するのも過剰に摂取するのも良くありません。基本は食事から、適量をふまえて摂取するとよいでしょう。

赤ちゃんの成長が進むと、大きくなった子宮によって胃が圧迫されやすくなるため、1度の食事で食べられる量が減ることに。そのようなときは、食事の回数を増やして、分食するという方法もよいですよ。

妊娠後期の適切なエネルギー量は、妊娠していないときに必要なエネルギー量+450kcalであるとされています。心配な場合はかかりつけ医と相談し、各栄養素の必要量を守りつつ、適切な体重を維持したいですね。

妊婦さんの体重管理、頑張っているのに効果があがらないときは

妊婦さんの食事管理は、とかく気を付けることが多いもの。和食がいい、塩分控えめ、高タンパクで低カロリーなものを・・・そして食べたものを記録したり、食べる順序にまで注意をはらう・・・これが毎日3回訪れるのだから、ムズカシイ。

食事管理が大変。もっと簡単な方法がないかなぁとお困りのあなた。そんなときは、低カロリーながら栄養のある酵素ドリンクを、おやつ代わりに使うのはおすすめ

酵素ドリンクは、主に野菜や果物を発酵させたもので「発酵食品」とも言えるもの。そして酵素ドリンクそのものには、バランスの取れた栄養が。

妊婦さんが飲むことで、体に酵素が補給され、体内の酵素が増加するので、以下のような効果が発揮されることに。

  • 摂取カロリー抑制効果
  • 代謝向上の効果
  • デトックス効果
  • 健康の増進効果

酵素ドリンクの効果についての詳細は、妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

 

妊婦さんは、体重管理に頭を悩ますもの。もしあなたが、体重管理に悩んでおられるのなら、以下の記事を見てみてくださいね。

参考:妊婦のダイエット、酵素ドリンクは便秘に効果あり。その飲み方とは。

まとめ

いかがでしたか?出産まで、まだ妊娠後期という期間がまだあるのに、すでに体重が増えて困っている妊婦さん、きっとおられることと思います。

体重増加、取り組まなくてはならないけれど、どうしても難しい、ストレスがたまらないと感じるのなら、それは赤ちゃんが必要として割り切ってしまうのも一つの手。

毎日暴食するのではなく、一定期間は“断捨離”。そこに、ささやかなご褒美をはさむ、日ごろは、ほのかみ甘味があるものも口にする。

というように、食べる食べないどちらかに寄せず、少しだけ努力して、少しご褒美を、というのもいいかもしれませんよね 。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村