妊婦のダイエット

妊娠後期の体重減らない悩み、ストレス解消や、生活習慣を改善して!

私が高校生の頃、朝起きてから寝るまでずーっと、頭にひっかかっていたのは、太っていること。さほど食べてないのに、身長155cmで50キロ越え。身長の割に体重が多く(と思っている)、どうしたもんだか、常に悩んでいました。

妊娠により体重が増えたものの、妊婦時代に体重キープを心がけたお陰か、なんと高校生の頃の体重を超えることはありませんでした。それほど、高校生のときに太っていたということなんですが(汗)。

 

私が20代の頃に話題になったのは、りんごダイエット。お腹がすいたらりんごを食べ、りんごしか食べないことで痩せるというもの!。でも、いつの間にか、聞かなくなりましたね。

妊婦さん
妊婦さん
ダイエット法にも流行り廃りがある? 

 

だからこそ、流行に左右されずに、自分が続けやすい型や、これは効果なし、これは効果ありというものを抑えておくと、ダイエットをしたいタイミングで、自分に効果のあるダイエットをすることができるというもの。

今回は、そんなわけで、食事から一歩離れたダイエット法について考えてみたいと思います。ストレス太りや睡眠についても触れますので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

体重をキープする”妊婦さんだけ”が知っている、ダイエット成功の秘密はこちら↓
これがあれば、赤ちゃんにもしっかり栄養が届く!そのアイテムはこちら!

 

妊娠後期の体重減らない悩み、ストレス解消が最も重要

妊娠後期の”体重が減らない悩み”においては、ストレスの解消が最も重要です。ストレスを溜めると食べたい衝動にかられ、食欲の抑制が効かないもの。ストレスと食欲と体重増加の関係をみていきましょう。

ストレスが食欲に向かうと、体重増加の原因に

セロトニンという神経物質は、「精神を安定させると共に、”満腹感”を感じさせ、食欲を抑制する作用も持っています。

ですが、脳は疲れやストレスを感じると、そのセロトニンが減少。そのため、満腹感が減り、食べることに気持ちがいきがち。

助産師さん
助産師さん
食べることでストレスを解消しようとするのは、脳がストレスを感じる証拠でもあるのです。

脳が「食べてお腹をいっぱいにして幸福感を得ようと」と勝手に判断し指令を出しているものの、本来のストレスは食べたぐらいで解消できるほど単純ではないことが多い。

 

だから、たくさん食べても、本質的なストレス解消ができないことから、再度食べることを繰り返すという負のスパイラルに。

ここで、ちょっと豆知識。ビタミンB6はセロトニンを作る栄養素であること。

助産師さん
助産師さん
食欲が止まらないと感じた時は、ビタミンB6を含むマグロやレバーなどを食べるのがおすすめ。

ビタミンB6を摂取すると、”ストレスを食べることに変換しようとする”脳の要求を満たすことができるので、無事体重増加から脱却できることでしょう。

参考:妊婦さんの暴食、食べ過ぎた翌日は、不足栄養素を食べてリセットを!

 

体重が減らないときは、イライラ解消で対策しよう

ダイエットに取り組んでいて、体重が減らないままでは、イライラが抑えきれなくなってしまいますよね。しかし、このイライラこそが、痩せにくい体を作り出してしまうもと。

もしあなたが十分に食べないていないのに、体重が減らないと感じているのなら、体は体で、体に足りない栄養素を何とか補おう・何とか蓄えようと必死になり、体内に入って来た”わずかな栄養素をかき集める形で”保管しようとするのです。

つまり、必要以上に体がエネルギーを溜め込んでしまうというわけ。体が必死になるのは、ストレスがそうさせているため。だから、ストレスの解消が大事になるんですね。

助産師さん
助産師さん
食べていないのに体重が減らない理由は、ストレスが原因。”また十分に食べていない”という、体から見てエネルギー不足であることも関係します。

これを解消するには、ストレスとなる原因を解消させることが一番の課題。妊婦さんが抱えているストレスの原因が何であるかが特定できると、まず心がふっと軽くなり、前に進めるような気がしますよね。

 

原因がすぐに見つからない場合は、ご自分がリラックスできることに時間を使って、気分転換をしてから再度チャレンジしてもいいでしょう。

参考:妊娠後期の体重減らない悩み、ダイエットは食事よりストレス対策を!

 

ストレス対策は、自分を癒す時間を

ストレス対策をしようにも、自分の意思だけでは難しいこともありますよね。特に、仕事や対人関係などであれば、思うようにいかず悩んでしまうことが多いことでしょう。

自分のことって案外分かっていないもの。少し時間をかけて、今イライラしているのは、今悩んでいるのは何故なのか、その原因は何なのか、見極めてみてはいかがでしょうか

疲れて帰宅した後に、自分と向き合う時間を持つのもいいでしょう。疲れを感じているときこそ、自分を労わってあげたいもの。

アロマやお香などを取り入れる、お気に入りの音楽を聞く、ゆっくり入浴する・・・などのんびり過ごすと疲れが解消する方もあれば、体を動かすと元気になるタイプの方も。

リラックスタイムを経て、明日からの毎日に向き合うことができたらいいですよね。

参考:妊婦、食べてないのに体重が増えるのはなぜ?むくみやストレスかも? 

 

妊娠後期の体重減らない悩み、口が寂しくなったら低カロリーのものを

ガムや飴など、口が寂しくなったら口にするものは、低カロリーのものにしたいもの。カロリーが高いものを常に口にしていると立派に太るもと。かといって、何も食べないで我慢することは、ストレス解消によろしくない。

口にするなら、カロリーの低いものを

口にするなら、カロリーの低いものにすると決めてしまい、なおかつ、食べる量をあらかじめ決めてしまうこと。

参考:妊娠中に小腹がすいたら!寒天など、ヘルシーで低カロリーなおやつを

 

パッケージに入っているお菓子

パッケージを開けてしまうと、そのすべてを食べきろうとしてしまい、食べきることで多少の達成感を味わってしまいがち。

ですから、ここは一計を講じることにしましょう。

パッケージに入っているお菓子を食べる流れ

以下は、パッケージに入っているお菓子を食べる流れです。

  1. お菓子のパッケージを開ける
  2. 食べる量を決め、お皿か器に盛る
  3. 着席するテーブルにはお皿を持ってこず、あえて台所や戸棚など自席から遠いところに、お皿を置いておく
  4. 食べたくなったら、お皿のところまで自分が出向き、少しつまんでは、お皿はそのままにして、自席にもどる

以降、繰り返し。面倒であっても、このような手順を踏んで食べることで、勢いに任せて食べる癖の軌道修正を。

 

パッケージに入ったお菓子類のおすすめ
  • 小魚
  • かぼちゃクッキー
  • おからクッキー
  • ドライフルーツ
  • ナッツ類

いずれも、カロリーが高くなく、かつ体に優しいものを選びたいですね。

カロリーが少ないもの

また、口にするものですが、カロリーが少ないものとしては、

  • ゼリーや無糖ヨーグルトなどが代表選手。
  • おでん(練り物以外はカロリー少なめ)
  • ところてんなどを加えるのもいいですね。

参考:妊娠中のおやつには、”にぼし”がおすすめ。食べる量にはご注意を!

 
 

妊娠後期の体重減らない悩み、生活習慣を見直して

妊娠後期の体重減らない悩みは、生活習慣を見直して改善というアプローチも有効。

毎日5分以上適度な運動を

セロトニンとは、おもに心の安定を図ったり、心のバランスをとったりする作用する「脳内物質(脳内ホルモン)のこと。最近では、「幸せホルモン」と呼ばれることもあるのだそう。

妊娠中はストレスなど持たずに、赤ちゃんを持った幸せをかみしめて過ごしたいもの。だから、幸せホルモンがたくさん出るような生活をしたいですよね。

セロトニンを増やすには、太陽の光を浴びて体を動かすことがよいとされています。運動は、5分以上継続できるものが望ましく、ウォーキングやストレッチ、屋内であれば日差しが入る陽だまりなどでの、足踏みやスクワットがおすすめ。

助産師さん
助産師さん
ちょっとした運動により体が温まれば、代謝が良くなって赤ちゃんにたっぷりの酸素と栄養を届けられますよ。

身体を動かすことで気分もすっきり。幸せホルモンもいっぱい分泌されることにより、ストレスも解消されることでしょう。

一方、寝不足であったり、疲れ気味の状態では、運動する気力・体力共に湧いてこないもの。睡眠は十分にとってから運動をするようにしたいですね。

参考:妊娠後期、体重減らすには?肥満妊婦は食事や運動でダイエット成功?

 

妊婦さんに愛される、マルチ抱き枕はこちらから!5つの使い方で、妊婦さんの眠りを強力にサポート。妊娠中から産後にと長く活躍するのに、他社製品の半額以下なのも嬉しいですよね。

 

睡眠は大事

実は、睡眠不足が太る原因になることは科学的にも立証済睡眠が不足すると、食欲が増えてしまったり、筋肉量が減ったり、血中インスリンの増加に伴い、脂肪が作られやすくなったりするのだそう。

太るだけでなく、生活習慣病のリスクも上昇がちな睡眠不足睡眠をとることは、とても手軽なダイエット法。ぜひ今日から十分な睡眠をとるようにしましょう。

 

妊婦さんに愛される、マルチ抱き枕はこちらから!5つの使い方で、妊婦さんの眠りを強力にサポート。妊娠中から産後にと長く活躍するのに、他社製品の半額以下なのも嬉しいですよね。

 

妊婦さんの体重管理、頑張っているのに効果があがらないときは

妊婦さんの食事管理は、とかく気を付けることが多いもの。

  • できれば、和食
  • 塩分は控えめ
  • 栄養はあれど、低カロリーなものを
  • これらに、レコーディングダイエットや食べ順ダイエットを加えて・・・

1日3食、しかも毎日。はっきり言って、大変です・・・・。もっと簡単にできることはないかなぁと、お困りのあなたに、ぜひ試して欲しいことが。

 

糖質制限で、もう体重管理に悩まない!

食事から糖質だけを取り除く、だけど、たくさん食べてOK!、という”糖質制限ダイエット”は世界的にも大人気。でも、忙しい平日に、ご自分で糖質制限を行うのは、難しいもの。

なぜなら、慣れないうちは、糖質の少ない食材や調味料を選ぶのに、とても時間がかかるから。

実は、プロの管理栄養士と一流シェフによって作られた美味しい糖質制限食を、自宅まで届けてくれる“糖質90%オフの宅食サービス” があるんです。

あなたに必要なのは、“このお弁当を食べる”、たったこれだけ。それだけで、”5つの嬉しい”がかなうんです♪。

  • ご飯を作る時間が省略できて、その分、自由な時間を確保
  • 夢にまで見た、しっかり食べても太らないが実現。
  • もう、体重増えすぎの心配をしなくていい
  • ストレス解消に暴食、という”負のループ”から脱却
  • 安産を迎えることができる!

→糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH- ナッシュ」 

 

食事作りは、まるっとプロに任せ体重増えすぎのストレスから、ご自分を解放してあげましょう。そして、生まれる前にやっておきたいことを”存分に楽しむ”のが、時間とお金の”賢い”使い方

 

 

さて、妊婦が糖質制限しても大丈夫?と心配される方がちらほら。もちろん、いきなり3食すべてを糖質制限するのは、さすがに勇気がいるもの。

だから、妊婦さんは1日1回、食後の血糖値が下がりにくい夕食のみを”プチ糖質制限”するのがおすすめ。

 

ではここで、産婦人科医である宗田先生のインタビューのご紹介。すべての妊婦さんに必見の映像です。

いかがでしたか?先生は、以下のようにお話しされていましたよね。

糖質過多は太る原因。妊娠中の食生活を見直すことで、安産になる。また産後も、その食生活を継続することで、家族が幸せになる。」

 

ではもう1つ、病院の取り組みやご自身の被験データをもとに、糖質オフを提唱されている、京都の名医、江部康二先生が述べられている内容も、ご紹介しておきますね。

・「妊婦が糖質制限すると、赤ちゃんが将来生活習慣病になる」という論文は存在しない。

人間は体内で糖質を作る”糖新生”を行うもの。だから、糖質制限の結果、低血糖になるなど、心配する必要はない。

 

これまで、カロリーを気にして、食べる量を制限していたアナタ、食生活を”糖質過多”から”糖質オフ”へと改善を!。その代わり、食べる量はしっかりとって大丈夫

糖質量に気を付けるなら、外食だって、ステーキ食べ放題だって、ビュッフェまで解禁に!。これぞ、夢にまで見た、食べて痩せる!ですね。

 

最後に、産婦人科医宗田先生の、もう1つのインタビューをご紹介します。

いかがでしたか?先生は、以下のようにお話しされていましたよね。

赤ちゃんに必要なのは、肉、魚、卵等のたんぱく質。妊婦さんが好む、白米やパン、麺類、イモ類などは、赤ちゃんへの栄養が少なく、糖質ばかりが多い。

 

ですから、今日から、糖質が少なく、赤ちゃんに栄養のある、”肉、魚、卵”をたくさん食べましょう!

肉料理、魚料理はもちろん、ご自分で調理することができます。でも、自炊で気を付けなければいけないのは、塩分のとりすぎと、みりんなど調味料に入っている糖質の摂り過ぎ

和食はヘルシーと言われますが、糖質制限の観点からすると、みりんや砂糖を多く使うので、糖質過多に要注意の食事なんです。

 

糖質90%オフのNOSHには、肉料理、魚料理のメニューもたくさん砂糖不使用など、もちろん、調味料に至るまで糖質計算に配慮。新メニューも定期的に追加。だから、飽きることもありません。

 

糖質は妊婦さんの太る原因で、赤ちゃんに栄養がないもの。だから、今すぐプチ糖質制限を始めましょう!NOSHのメニューを食べることで、食べない我慢や、体重増えすぎの心配、ストレスからの暴食、そんな状況から、いち早く、ご自分を解放してあげましょう!

あなたが糖質制限を始めるのを、赤ちゃんは今か今かと待っていますよ!。

 

電子レンジでチンするだけ!平日の夫婦の夕食は糖質制限食を!1食548円から。
糖質90%オフの食事やスイーツの宅食サービス「NOSH- ナッシュ」 

 

まとめ

いかがでしたか?。

妊娠後期における体重が減らない悩みに、ストレスが関わっていること。

  • ストレスが食欲に向かうことがないように、ストレス解消のために、自分を癒す時間をつくることが大切であること
  • 口寂しくなったら、どんなものを口にすれば体重が増えないのかといった内容
  • 生活習慣を見直すべきであること

をご紹介してまいりました。ストレスをぜひ溜めないようにしたいですね。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村