妊婦のダイエット

妊娠中にダイエットして痩せたい、エアロバイクに乗る時間の目安は?

妊婦さんは、赤ちゃんのためにもしっかり栄養を摂ることが大切

しかし運動ぎらいさんや、転ぶのが怖いがために極力外出を避けている妊婦さんは、ついつい食べる&出不精と自宅などにこもった生活を続けてしまいがち。そして気づいた時には太り過ぎ・・・なんて事態は、なんとも避けたいですよね。

ご自宅にエアロバイクがある方は、ダイエットのためにそれに乗ることが、妊婦さんの運動としておすすめ。どのくらいの時間漕ぐと効果があるのか?などなど、今回は、そんなエアロバイクについてご紹介をしていきます。

妊娠中に運動は必要?

太ってしまった妊婦さんにとって、体重を減らすことは急務。でも、これがなかなか難しいですよね~。なぜなら赤ちゃんの体重は妊娠中期以降、ぐんぐん増えるから。それに伴って、妊婦さんの体重も・・・。

こういう時期にダイエットをしようとしても、せっかくの減らす努力が、体重の増加に消されてしまい、結局のところ、体重の現状維持がいいところ。

助産師さん
助産師さん
だからこそ運動をして体重キープを目指してみて。助産師による健康教室でも、ウォーキングなど適度な運動はおすすめしているんですよ。

安産のためにも体力をつけることは大切

妊娠中に運動をした方が良い理由は、ずばり出産に体力を使うから。

正直いうと、運動をせずに太ってしまうと、妊婦さんにおこる病気とそのリスクも見逃せないのですが、ここでは体力をつけることに目を向けてみましょう。

そもそも出産は10時間以上かかる場合もあり、疲労感が半端ないのです。その時に体力がないと、出産に時間がかかり、産婦さんにも、胎児にも負担がかかってしまうことに。

助産師さん
助産師さん
安産を目指すのなら、運動をして体力アップを!

出産後のダイエットをスムーズにする

妊娠中は、女性ホルモンの働きで、骨盤は開きやすく、歪みやすくなっています。骨盤の歪みは血液の流れを滞らせ、代謝を悪化させると共に、脂肪が燃えにくい体質への引き金に。

出産後に骨盤矯正をしようとしても、体力(筋肉量)がないと、骨盤は元に戻りにくいそうです。

助産師さん
助産師さん
骨盤を元に戻すために、運動をして体力アップを!

ストレスを解消する

妊娠中は様々なストレスが。ストレスは妊婦さんや胎児によくない影響を起こす可能性があるため、なるべく溜めないようにしたいものです。

ここでは、ストレス解消法として運動をおすすめしています。適度な運動は、体力アップのみでなく、周囲の景色や環境が変わることによるストレス解消に役立ちますよ。

妊娠中にしてはいけない運動とは

妊婦さんはお腹の中に赤ちゃんがいるのですから、お腹に負担のかかる運動、激しい運動はNG。

妊婦さんに適している運動は、ウォーキング・マタニティスイミング・マタニティヨガなどがその代表選手。ジョギングも軽く走るのならOKですが、暮れぐれも転倒に注意しゆっくり走るよう心がけましょう。

そして、もう一つ。今回ご紹介するのがエアロバイク。

妊娠中のエアロバイク、取り組み方の目安(時間など)

エアロバイクは軽い負荷から始めることができ、自分のペースでゆっくりペダルを漕ぐことができるもの。 お腹に大きな負担もかからないので、妊婦さんも安心して運動をすることができます。

エアロバイクの利点

  • エアロバイクが自宅にあれば、気軽に取り組むことができる。
  • 天候に左右されず、自分の体調に合わせ、自分のペースで行うことも。
  • 周りの目を気にせず、起き抜けの恰好やすっぴんでもOK。
  • 自転車と異なり、転倒や衝突のリスクが少ない

エアロバイクの取り組み方

エアロバイクを始める時期の目安

安定期に入ってから始めるのがおすすめです。

※これまでの妊婦健診で特に異常がなければ、基本は取り組んでOKですが、念のため、かかりつけ医に相談し、ご自身が運動に取り組むことに問題がないかあらかじめご確認ください。

負荷(心拍数)の目安

最初は強度を低めに設定すること。そして徐々に強度をあげていき、“ややきつい”と思う少し手前におさえるとよいでしょう。心拍数の目安は150/分程度で30分~40分程度継続したら、その日はおしまいに。“もう少しできる”の1つ手前でおさえること。

妊婦さん
妊婦さん
妊娠前から漕いでいた人は、妊娠前の7割くらいの運動量にセーブすることをおすすめします!

体調の異常を感じたら、すぐに中断を

妊娠中はお腹が張りやすくなります。

ちょっとでも異変を感じたら、無理せずやめること。また、異変については、妊婦健診の際に、必ずかかりづけ医に相談しましょう。

運動後ゆっくりとクールダウンを

妊婦さんの心拍数が上がるに伴って、赤ちゃんの心拍数も上昇。

そして、赤ちゃんの方が元の心拍数に落ち着くのに時間がかかります。運動後30分位は安静に努め、胎動をチェックするようしましょう。

妊婦さん
妊婦さん
お腹の赤ちゃんが、通常呼吸になるまでゆっくり待ってあげてくださいね。

エアロバイクに、乗り降りする際の注意

転倒するリスクが少ないとされるエアロバイクですが、乗り降りする際、お腹が大きいのでバランスを崩したり、衣服の引っ掛かりなどで転倒する可能性はないとも限りません。

注意を払って乗り降りすると、転倒を防ぐことができるでしょう。転倒の結果お腹を打ったら一大事。くれぐれも十分注意するようにしましょう。

妊娠後期になって、乗り降りや漕ぐ体勢がきつくなってきたら、無理せず中止するようにしてくださいね

まとめ

妊娠中の太り過ぎを防止したり、出産への体力をつけたりするためにも、妊娠中に適度な運動をすることは大切です。

ある研究データには、生まれてから8~12日目が経過した新生児の脳の活動を機器を用いて計測したところ、運動をしていたグループの妊婦から生まれた子供のほうが、脳の活性(cerebral activation)が成熟していました。

このように、妊婦さんの運動は、生まれてくる赤ちゃんにもよい影響があることが分かっています。

ウォーキングやマタニティスイミングなどは妊婦さんに適した有酸素運動の定番とされていますが、エアロバイクもそんな運動の一つ。里帰り出産などで、実家にエアロバイクがあるのであれば、気軽に運動をすることができますね。転倒のリスク、物や人との衝突などの危険も少ないので、出不精の妊婦さんこそ、ぜひお試しあれ。

 

この記事はあなたのお悩みの参考になったでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。その際は、下記のボタンをクリックしてランキングにご協力をいただきますようお願いいたします。

 


妊娠後期ランキング

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村